雨の中、試合が成立、いい勝ちでした

今日はひたちなか球場はずっと雨で、4回あたりは中止になるんじゃないかと思って見てました。岡田もこの状況ではさすがに、と思いましたが5イニングを95球2失点で投げきり試合成立。よく頑張りました。雨の中なので普段の2-3割増しくらいで疲れているだろうから交代かなと思っていたら続投。6回は長野にホームランを打たれましたが合計113球で終了。さすがにもう・・・と思ったらなんと7回まで投げきり合計125球。最後の打者ゲレーロには153キロストレートで併殺とは恐るべし。

足場の悪い中の投球ですから下半身にも相当負担がかかるでしょうし、その中こんなに投げられるとは素晴らしいです。疲れを次の登板に持ち越さなければ、ですが。

8回9回は一岡とアドゥワが無失点で乗り切り9-3で勝ちました。今村は投球練習はしていましたが出番がなく、19日に投げたのが最後で明日が休みであさって25日まで結構間が開いてしまいます。今日投げてほしかったです。ジャクソンも同じだけ間が開いてしまいますね。

もう一つ意外だったのはエルドレッドの出番がないことです。5/6にスタメンで4打席出たのが最後で、その後はずっと代打の1打席のみです。そして19日の代打を最後にこの3試合は代打の出番すらありません。どこか調子が悪いのでしょうか。

まあともかく巨人戦の北関東シリーズを1勝1敗で乗り切りました。2敗してたら結構いやーな感じになったでしょうから、今日の勝ちは大きいです。
スポンサーサイト

予想外のことが次々に

昨日は野間の満塁ホームラン、今日は九里の8回無失点、と予想外のことが立て続けに起こっています。どちらも多分たまたまとかではなくて、今後につながる活躍じゃないでしょうか。

九里が8回を投げきり、8回裏に代打バティスタが送られました。この場面は結構微妙でして1-0と1点リード、1アウト1塁2塁の場面で現在不調の安部に代打を送らず、2アウト1塁2塁の場面で九里に代打でした。右投手の近藤相手ですが、左打者は庄司と坂倉がいました。エルドレッドも残っていました。

完封がかかっているのでてっきり九里続投とばかり思っていたのですが、8回112球とおそらく過去最高レベルに投げているということ、さすがに9回は中﨑を出した方がはるかに勝利の確率は上がるだろう、このあたりから交代となりました。九里の打席までにもう1点か2点入っていたら9回も投げさせたかもしれませんね。

私は完投とか完封とかはよほど球数が少ない場合以外は狙わない方がいいと思いますが、投手心理のことを考えると勝ち負けは二の次で挑戦させるのもありなんでしょう。そういう意味で、中﨑が1アプト満塁のピンチを迎えましたがちゃんと抑えてくれてほっとしました。

鈴木誠也決勝ホームラン

鬼門のナゴヤドームで連敗していましたが、今日は鈴木誠也の9回決勝ホームランとは!なんか久しぶりに勝ったような気がします。12日土曜の阪神戦に勝ってから日曜中止、月曜試合なし、火曜水曜連敗ですから。久々の勝利は格別です。

試合はほとんど見られませんでしたがジョンソンは6回を5安打4四球で2失点ですから、ジョンソンとしてはもう少しかもしれませんが十分です。ただ球数が116球と多かったのがらしくないですね。もしかして奥様の出産にそろそろ行かれるのでしょうか。

明日からはヤクルト戦、先発投手は先週の順番で言うとブキャナン、由規、小川となるようですが、カープ戦後に抹消された石川がどこかに入るのかもしれません。こちらの先発は明日が九里、あさって大瀬良、日曜日はそろそろ野村が帰ってくるんでしょうか。

打線の方は松山が復調傾向でよかったのですが、サード争いが熾烈ですね。安部がもう一つ調子が上がらないのですが今日の庄司もいまひとつ、美間はどこで起用されるのか期待です。あと田中の打率が微妙に落ちているのが気がかりですね。

丸の復帰は交流戦開幕あたりのようですが

今日のネット記事ですが、丸の復帰が29日からの交流戦あたりの予定とのことです。緒方監督のコメントとして「今すぐでも代打で使いたい。ゆっくり調整させる時間は与えない。下(ファーム)で走れたら上げる」というのが載ってました。

このコメント、おそらくですが回復が不十分なのに一軍に上げることは想定していないと思います。「走れたら」という解釈によるのでしょうけど、全力疾走に支障がないことが確認できたら他のプレイにも故障の影響はほぼないだろうから、打撃が調整不足だとしても一軍で使う、という意味ととらえるのが妥当です。

あともう一つ引っかかったのが、代打ってそこそこ足りていると思うのです。調整不足なのに代打で使うメリットと、結果が出ないとか一軍枠が一つ代打枠で埋まってしまうデメリットとか考え合わせるとあまりいい策ではないような気がします。

個人的には復帰は6月末とかで十分と思います。スタメンでそこそこ出られて(3試合に1回くらい休んでいいので)、打撃の調子もいいことを前提にしていただきたいです。5月末復帰でそこから全試合スタメン出場というのは怖いです。

菊池はもしかしてホームランバッター?

昨日はよく打ちました。菊池とバティスタの連続ホームラン2回というのはめったにない記録のようですね。バティスタはかなりの低めをものともしないバッティングで、あればさぞかし能見に精神的ダメージを与えたんじゃないかと思いました。

バティスタはともかく、菊池はなんなんでしょうか。数日前に緒方監督が「最強の2番バッター」と評していたそのまんまですね。クリーンナップに置いて(以前は6番とか7番とか言ってましたが)フリーに打たせたら30本くらい打てそうな感じに思えます。メジャーリーグとかで2番にホームランバッターを置く作戦がありますが、今の菊池はそういう意味でもめちゃくちゃはまっています。

そして昨日は新井の復活と石原の1000本安打。いい日でした。

完封逃し

岡田はナイスピッチングでした。しかしまさかの9回続投。もちろん完封が狙える場面では続投させるような風習?があると思ったので驚きはしませんでしたが、果たして方法論的にどうなんだろうと思ったのもまた事実です。

ナイスピッチングの時はあまり消耗しないから球数を投げられる、という前提であればまだOKなのですが、去年かおととしか忘れましたが長い回を投げるという方針でしっかり投げた結果後日に響いたということもあったので、心配ではあります。

また先発投手よりリリーフ投手の方が全体的に防御率が低く、9回は中﨑に任せた方が勝つ確率が高いというのは誰も疑わないと思います。つまり勝利より大事なものがあったということなんでしょう。このあたりは投手心理もありますし、批判するつもりはありませんが、なんかもやもやしています。

最近見たことがない負け方

昨日は九里が好投して7回を1失点、球数も100球と少なかったです。7回裏終了時点で2-1とカープリードですが、この点差だと逃げ切り濃厚・・・とまでは言えない状況でした。結果は8回ジャクソン無失点、9回中﨑1失点で同点、10回今村8球連続ボールで一岡にスイッチし1失点、11回一岡続投で1失点でサヨナラ負け。カープも10回表に1点入れたので想定内としてもいいです。

昨日はテレビ中継がなく7回以降はラジオで聞いていたのですが、中﨑のマウンドの時くらいは風が強くてコントロールに影響を与えたようなことを言われていました。いつもの中﨑のコントロールでなかったのは確かなようです。今村の8連続ボールもそういう影響かもしれません。一岡もボールの判定は多かったのでそうかもしれません。

もしくはnext42さんの記事のように一時期の登板過多がまだ影響しているのかもしれません。今村と一岡は中4日、中﨑は中2日なのでほどほどに休めても影響があるならリリーフの登板過多については考え直さないといけません。

ひとまずは地獄の9連戦が雨天中止で4連戦-休み-4連戦になってくれてありがたかったです。そしてヤクルトには負け越しましたがトータルでは5勝3敗と十分すぎる結果でした。野村も薮田も丸も新井もいなくて松山安部絶不調という状況でよくぞここまで、です。明日からの試合に影響がなければ神宮のマウンドのせいだと思うことにします。

大瀬良完投とは!

今日の大瀬良は安心して見ていられました。フォーム改造がうまくいっているようで何よりです。左手を高く上げるとか、二段モーション解禁とか、そのあたりがいいんでしょうか。7回まで投げてくれれば十分と思っていたら123球完投。頑張りすぎて次に影響しなければよいのですが・・・

打線も10点取って昨日の0-8負けをチャラにする10-1の勝ちとなりました。野間がまた2安打ですね。ショートゴロの内野安打は見てましたがテレビ中継の終わったあとも1本打ったのですね。しかも左投手から(!)。素晴らしい。

今日は褒める要素が満載なのですが、青木に当ててしまい途中交代というのがどうにも気分が晴れないところです。さっそくニュースに出ていたのですが、病院では骨に異常はなく打撲と診断されたとのことでちょっとだけ安心。明日以降の試合に影響ないことを願っております。

一方で右打者へのインコースのまっすぐは非常にコントロールがよかったのが印象的でした。あれが投げられれば打たれにくいでしょう。よく頑張りました。

やはり丸がいないのは大きい

昨日は今年初めての完封負けでしたね。ブキャナンに対して早打ちを仕掛けたようで、5回終了時に49球と超省エネピッチングをさせてしまいました。結果は5回まで3安打(誠也、野間、菊池)で、野間のヒット+ジョンソンのバントで1回だけ2塁に進めただけ。その後も6回に18球(合計67球)、7回に14球(81球)、という風に完投ペースでした。

まあこんな日もあるよということです。ただ松山、安部、石原と3人も調子の悪い打者がいると辛いですね。バティスタもチームバッティングができる感じでないので可能であれば3番でない方がいいような気がするとか、それも含めて松山5番安部6番ではなかなか・・・です。

出場した直近の6試合の成績を見ると、松山は15打数1安打2四球の.067、安部は23打数3安打0四球の.130、石原は12打数1安打0四球の.083です。昨日は右投手のブキャナンでしたから松山も安部も両方出さざるを得なかったのですが、3人ともノーヒット。

特に松山は安部より打数がかなり少なくなっていて、左投手との対戦を避けている感じですがそれでもこんな感じです。今年全体の成績でも対右投手に.283と微妙な数字です。ホームランは1本(60打数なので年間9-10本ペース)。

試合に出続けるうちに調子を上げるのが最善であれば仕方ないです。しかしそうなると勝ち星など結果はあまり求めてはいけないんでしょうね。しばらくは対右投手限定の起用になるんでしょうか。安部については現状ライバル不在ですが、対左投手限定で上本を使えないでしょうか。

投手陣に目を向けるとこちらはいい感じです。薮田がすでにファーム調整になり、中田廉もおそらく今週中にそうなるでしょう。一岡、今村、ジャクソン、中﨑の4人は酷使さえしなければすっごくいい感じで、それを支える若い面々も魅力十分です。長井にはぜひこの機会に経験を積んでほしいですね。先発陣もまあまあ数は足りているので、特に心配はしていません。

そうなるとやはり野手陣です。菊池がいいので現状タナキクの並びは文句なし、特にクリーンナップが問題です。バティスタは流れをぶった切る一打が打てるのですが確実性が今ひとつなので、可能であれば5番か6番がいいです。そうなると3番を打つ選手がいません。野間を3番にすると調子を崩しそうですし、以前から誠也を3番にしてほしいと書いてきましたが、今それほど調子がいいとは言えないのでそれも難しいです。そうなるとバティスタが3番に入るしかないんでしょうね。

あとキャッチャーとしての石原って今どうなんでしょうか。リードとキャッチングは走られまくりで打撃低調。ジョンソンの契約最終年である来年までに建て直せないと厳しいはずです。首脳陣もそろそろ組み合わせを替えてみようと考えているかもしれません。

ヤクルトの今日の先発は梅野(今年初先発の右腕)、明日は左腕の石川か、中5日の館山でしょうか。今日は昨日とほぼ同じスタメンになりそうですが、明日石川が登板したらどうでしょうか。サード要員に美間、外野手として堂林、このあたりが昇格可能ですが、外野については高橋大樹と下水流がいるので昇格はないかもしれません(タマスタ筑後にいるので移動も大変?)。

まああまりジタバタせずに見守るしかありませんね。とにかく選手一人一人は頑張っているわけで、首脳陣もぼんやりしているはずはありません。入れ替えるべき選手の入れ替えは必要ですが、あとは選手が頑張ってくれることを期待し、結果が出ないことは批判しない(上記のことも批判する意図は全くありません)。最近こんな考えでいるのですが以前のようなストレスがありません。負けたらしょうがない、勝ったらめちゃうれしい、といい感じです。

岡田が8回2失点のナイスピッチング

岡田が6回まで投げたところで、よしよしナイス、と言っていました。92球ですので去年のことを思うと十分投げたよって褒めてあげたいくらいでした。

しかしカープが6回裏に同点に追いつき、逆転までできなかったからかもしれません。7回も続投、そして8回も。おいおい大丈夫かいなと思っていたら7回に長野にピッチャー強襲ヒットを打たれただけでその他ヒットも四球もなし。合計3安打で2四球(2回に2四球でその回に2点取られた)。何と素晴らしい。

途中からうまく修正できたのか、球数を投げても消耗しなかったんでしょうか。7回終了時で108球、しかも足に打球を受けたものですから絶対交代だと思ってました。結果8回裏に逆転して岡田に勝ちがついたのですから言うことなしです。

昨日の試合が雨で流れて本当によかったです。9回に登板した中﨑も3連投のあと2試合休めました。明日もまた登板機会があるかもしれませんがぎりぎり大丈夫かもしれません。

打つ方も誠也のホームラン、高橋大樹の2塁打と四球、菊池の見事なバスターでのタイムリー、など見所多かったですね。リリーフへとへとの時期に2勝0敗で消耗も避けられて言うことなしです。

明日からの神宮でのヤクルト戦も期待できそうです。明日が中5日でジョンソンなんですね。あさっては中5日で大瀬良にするのか、高橋昂也が上がってくるのか、はたまた九里なのか。楽しみです。

おとといの痛い負けはほとんど帳消しか

昨日は頑張りましたね。中村祐太は1回2回あたりでどうなるかと思った、というか打ち込まれて早々と今まで投げてこなかった投手が見られるのかなと思っていたのですが、うまく修正しましたね。気づかなかったのですが途中からランナーなしでもセットポジションで投げていたとのこと。結果6回3失点と十分のピッチングでした。

打線は山口俊が荒れていたのを攻略しましたね。ストレートは全部極端なシュート回転。あそこまで曲がったら逆に武器になるんじゃないかと思いましたがそうはいきませんでした。

會澤に2回も当てたのはさすがに怒って当たり前ですね。当たりどころが悪くなくてラッキーでした。

あそこで今村のことを思い出しました。長野への頭部死球でしばらく抹消ということになり、その後彼に対しては内角の厳しいところには投げられていませんでしたし、よく打たれていました。今はどうかわかりませんが。

山口俊投手は一部で豆腐メンタルとか呼ばれているようですが、今回の件で全然豆腐じゃないことがわかりました。何かあるとしたら空気が読めないタイプなんでしょうか。まあ個人的にはあんまり好きになれん投手ですね。

野間が昨日も猛打賞(!!)。ヒーローインタビューでスタメンの3試合で連続猛打賞と言われて「たまたまです」と答えられていましたが、誰かにそう言えと言われたような感じの顔に見えました。右投手限定としてもこれは今までと全く違いますね。素晴らしい。

とにかくこれで昨日の痛い負けがほとんどチャラになったような気がします。3点差あったおかげでアドゥワ、ジャクソン、一岡の順番で、好調巨人打線に対して3人で1失点はいい感じです。

今日は中﨑も今村も投げさせるような気がしますが、ぎりぎりですね。本当はもう1日開けたいくらいです。岡田と吉川の対戦は全くどうなるか見当がつきませんね。それにしても中田廉、中村恭平、長井と同じような役割の投手が3人もいるのが気になります。

ダメージの大きい敗戦

一岡 25日、28日登板
今村 25日、26日、28日、29日登板
ジャクソン 26日、28日登板 その前は21日
中﨑 24日、26日、28日、29日登板

この状況で今日は勝ちパターンのリリーフを3人ともつぎ込むとは思いませんでした。今日で今村と中﨑は3連投、そしてただの3連投だけではなくて週5日登板になってしまいました。特に今村は連投のあと1日おいて3連投とはさすがに投げすぎです。

週3回登板ペースですと年間70試合くらいになります。年間70試合は1年だけならOKで、特に年間60試合登板を何年も続けている投手は70試合は投げすぎとされています。もちろん過去に故障歴のある投手は登板過多は避けるべきでしょう。

ここからは私の勝手な推測なのですが(過去記事に考察はあります)、一時的な登板過多をなるべく避けた上での年間70試合はぎりぎりOKと考えています。連投は避けるわけにはいきませんが三連投はなるべく避け、四連投以上は禁止(去年は中田廉が1回四連投)、三連投をしても前後は登板を少なくする、ということになります。

そしてクライマックスシリーズとか日本シリーズのことを考えると、年間70試合+CSで数試合というのは相当きついと思います。去年の登板数は今村が68試合、ジャクソンが60試合、中﨑が59試合です。今村はおととしも67試合投げていますし数カ所の故障歴もありますし心配です。

そういうことを考えると週5回登板は多すぎます。そして今日が日曜日で明日が休みだったら許容してもいいかもしれませんが、明日からもう3試合続きます。明日はさすがに勝ちパターンはジャクソンしか使えないでしょう。あとは一岡くらい。あさってはどうでしょうか。明日休ませたからと今村、中﨑を使うには相当厳しいです。

せっかく勝ち越した阪神相手に勝ちパターンを3枚投入して、たとえ勝ったとしても巨人に負け越してしまえば意味がありません。結局今日か明日どちらかの試合は最善でない手を使わないといけないわけで、だったらより調子のよい巨人相手に温存しておく方がいいと私は思います。今日も明日からもマツダスタジアムなので無理することはありません。

私はアドゥワを8回とか9回まで投げさせてもよかったんじゃないかと思いました。四球が激しく多い薮田を5回2アウトで交代させた判断は賛成ですが、6回終了時の1点リードを守り切れるかというと微妙です。阪神のリリーフ陣も強力ですし、休養十分。点が入りにくいのはわかっていたでしょう。

もっとも首脳陣は私が考えるはるか上のレベルで作戦を練っていたはずです。こんなことはとっくに考えていたはずですが、今日の継投策はハイリスクローリターンのように思えました。

丸まで離脱(泣)

丸がダイビングキャッチの際にハムストリングを痛めて今日抹消されました。最近の不調のことを考えると、昨日だけじゃなくて今まで軽く問題を抱えていたのかもしれませんね。とにかく残念です。復帰まで2ヶ月くらいかかると思っておいた方がいいでしょう。

今日は松山が3番に入りましたが結果が出ませんでした。左の能見なので仕方ないんでしょう。本当はもう少し足の使える選手が入ればいいのですが、安部だと右投手前提になってしまいますし、難しいですね。それなら誠也が3番でお願いします。

センターの第一候補はやはり野間ということになるんでしょうけど、対右投手に絞りそうですね。対左だと今日のように下水流、しかし彼も今そんなに調子がいいわけでもないし、かといって高橋大樹も今ひとつのようで。もう少ししたら堂林を上げるんでしょうか。

今日は大瀬良が球数少なく7回までで93球2失点。もうこのへんでいいんじゃないかと思いましたが続投。結果8回の投球は結構危なっかしくて、いい当たりをされまくっても何とかホームランにならず、ボロボロになりながら2アウト1塁2塁で今村にバトンタッチ。せめて原口に四球を出して1アウト1塁2塁の時に替えてほしかったのですが、結果的に糸井をアウトにできてよかった・・・しかし心臓に悪いです。

攻撃陣の方も2アウト満塁から菊池の2点タイムリーが出たり、バティスタのホームラン(直前にロサリオがファウルフライを落球、痛すぎる)、大瀬良四球の直後田中のホームラン、とよく点を取りました。

ところで最近当たり前のようにバティスタがファーストを守っているのですが、今のところ恐ろしいことは起きていないようです。岩本が今日昇格したので、右投手相手だと彼がスタメンになるかもしれません。明日は岩貞(左)か・・・

そうそう、明日先発は薮田なんですね。ということは先発起用にめどが立ったということなんでしょう。九里も上げられる状況ですが、彼より上という判断であればいい知らせです。久々の先発ですし、途中から九里を送ってもいいので、5回まで投げれば御の字ということにしてください。アドゥワは先発してほしいのでできれば温存で。

野村抹消

DeNA相手に3連勝と望外の結果です。昨日も野村が4回3失点(自責点2)で降板したもののアドゥワ、今村、ジャクソン、中﨑と0点に抑えてエルドレッドのホームランで勝ったのはでかいです。

野村は背中の張りで降板したとのことでしたが、今日抹消されてしまいました。next42さんは肩じゃないかと書かれていましたし、この3試合は彼らしくない結果だったと考えると、当初から肩の調子が悪くだましだましやってきたけれど、というのが真相かもしれません。背中の張りであれば1回ローテを飛ばしたくらいで復帰できるでしょうけど、肩だとどうなんでしょうか。

来週は30(月)九里 1(火)中村祐 2(水)岡田 3(木)野村 4(金)?? 5(土)ジョンソン 6(日)大瀬良、と予想していました。ジョンソンと大瀬良が中5日で金曜土曜に登板したとしても日曜日が空いてしまいますし、2人ほど新しい投手が必要です。ということは・・・高橋昂也とあと1人。塹江もありでしょうけど、まさかのフランスワとか。

個人的にはアドゥワを・・・とも思うのですが、どうでしょうか。先発調整の時間がほとんど取れないので厳しいかもしれませんね。

久々に打ちまくりました

今日は打ちまくりましたね。前回やられた京山を2回途中でKOというのは予想外でした。菊池と松山と野間が3安打。野間が何かつかんだということだったら素晴らしいですがどうでしょう。砂田は打てる気が全くしなかったのですがまあそれはそれで。右投手だけでも打てたら全く違います。

岡田はアウトローにびしっと決まるストレートがよかったです。序盤に大量リードをしたこともあり、多少点はとられてもいいので球数少なめで行く作戦にしたのでしょうか。ボール球が少なくて7イニングで87球。5点は取られましたがこういう大味な試合は勝っているチームの投手もよく点を取られることが多いイメージなのでこんなもんでしょう。7イニング投げられたのは大成功です。

一つ気になったのは11-5と6点リードがあったのに8回今村、9回一岡という継投だったことです。薮田(中2日)とか中田廉(中4日)はこういう場面で投げないといけないと思ったのですが、それもできないくらい状態が上がっていなかったのでしょうか。心配です。

ともかく敵地でDeNAに2連勝しました。これで明日の試合は安心して見られます。ちなみに3タテを食らった中日は巨人に2連敗。カープとの戦いで力を使い切ってしまったんでしょうか。わからんもんです。

中村祐太の8回1/3

今日は仕事でほとんど見られませんでしたが、気がつくと7点入っていて中村祐太が素晴らしいピッチングでした。7回を投げ終えたところで81球。普通ならもう1イニングというところですが、中5日で雨の中のピッチングであることを考えて7回で終了でいいんじゃないかと思っていました。

しかし8回も登板。ヒットと三振と四球で1アウト1塁2塁。大和への四球で次が筒香です。こういうケースの四球ってバッテリーとしては絶対避けたいと思うはずですが、それでも出してしまったということは限界でしょう。ここで交代かなと思ったら続投で筒香とロペスを何とか抑えました。いやーよく頑張りました。解説の野村謙二郎さんも球が上ずってきたというようなことを言われていましたし。

しかし9回も登板。宮﨑は打ち取ったものの戸柱にヒットで梶谷と中川に連続四球で1アウト満塁。抜けたボールも多く明らかに限界でこの時点で123球。さすがに無理と判断して交代となりました。中﨑が2人をアウトにして1点を失ったもののゲームセット。

野村謙二郎さんも言われていましたが、限界を超えると故障につながるフォームで投げることがあるのでそれは怖いとのことです。この点だけクリアすれば今回の首脳陣の判断は常識的なものです。中村祐太も非常に悔しそうにしていたので、投手ってそういうメンタリティなんでしょう。

いやあしかしよく頑張りました。もしかして今のカープの投手陣で一番安心して見ていられるピッチャーかもしれません。今後の活躍を期待します。

ところで今日は衣笠祥雄さんが亡くなられました。言わずと知れたカープのレジェンドであり永久欠番の背番号3であり連続試合出場記録の鉄人です。大腸癌と闘っていたようですが、最後の最後まで解説されていたようです。71歳とは早すぎます。合掌。

アドゥワ!!!

中日に3連敗、タナキクマル不発ということで(初戦だけ菊池が3安打でしたが)どうにもなりませんね。先発陣は試合を作ってくれた、とは言うものの実は6回自責点4の野村は防御率6のピッチングをしたことになります。7回自責点3のジョンソンも防御率3.9のピッチング。これが普通では困るってことです。大瀬良は6回自責点2ですから防御率3と普通でした。

この3連戦のMVPを決めるとすると、文句なしアドゥワです。この4日間で3試合登板、合計イニングは4回1/3と登板過多なのが気になりますが、まだ自責点ゼロとは恐るべし。19歳なのに大ベテランのようなピッチングでした。140キロに満たないストレートのような球、チェンジアップのような球、これでほとんど全てのようです。今日はノーアウト満塁から3つアウト、次の回も3つアウトと絶妙。

196センチの体と長い腕、そしてのらりくらり、もしくは飄々と投げるスタイル、この組み合わせがいいんでしょうか。いかにもすごい球を投げそうな腕の振りでそんなに速くない球を投げられたら打者はうまく対応できないらしいのですが、そんなに腕の振りがすごいわけじゃないように見えました。

本人は一生懸命投げているのかもしれませんが、なんなんでしょうねこの脱力ピッチングは。もうおじさんのハートわしづかみです。

こういうスタイルだと先発の方が合うかもしれません。登板過多で故障しないうちに先発転向をさせてください。敗戦処理枠だったら他の若い投手でもできますので、彼以外の複数の投手で経験させてあげてください。お願いします。

そしてこれから数年で体がでかくなってストレートがプラス10キロとか出るようになったら無敵じゃないでしょうか(ちなみに今日はマックス142キロ、3/27のウエスタンではマックス144キロ)。もうメジャーがほっとかないでしょう。

今後のカープの日程

なんとなく全部お見通しというようなコメントを書いてしまったのですが、4月から5月にかけて9連戦になるというのはついさっき気付きました(汗)。

私の先発予想を書いてみますと、
23(月)休み 24(火)中村祐 25(水)岡田 26(木)野村 27(金)休み 28(土)ジョンソン 29(日)大瀬良
30(月)九里 1(火)中村祐 2(水)岡田  3(木)野村 4(金)??   5(土)ジョンソン 6(日)大瀬良
7(月)休み 8(火)中村祐 9(水)野村 10(木)休み 11(金)ジョンソン 12(土)大瀬良 13(日)岡田
14(月)休み 15(火)九里 16(水)野村 17(木)?? 18(金)ジョンソン 19(土)大瀬良 20(日)中村祐
21(月)休み 22(火)野村 23(水)岡田 24(木)休み 25(金)ジョンソン 26(土)大瀬良 27(日)中村祐
28(月)休み 29(火)野村 30(水)岡田 31(木)九里 1(金)ジョンソン 2(土)大瀬良 3(日)中村祐

野村には2回ほど中5日をしていただいて、岡田と九里には2回ほど抹消してもらって、というようなことになりますが、これでそこそこローテーションが回ると思います。4日と17日の??には高橋昂也とか加藤とか中村恭平とかもしかして福井とかが入るといいです。

これでカードの頭は野村とジョンソンになります。失点が少なく一番長い回を投げてくれそうなジョンソンが金曜日に来るとリリーフもちょっと楽だと思います。まあとにかくこの日程であれば、少なくともゴールデンウイーク終了してもう少しの間くらいまではリリーフ投手は8人くらいいた方がいいと思います。

リリーフ8人体制を希望

昨日は野村が6回4失点、コーナーピッチングに終始し5回終了時に92球とかなり多い球数でした。6回は行けるとは思いましたがこの回は12球投げて合計104球と想定内。もう1回行くかな、とも思いましたが代打の関係で終了。もう少し球数をセーブしていれば代打を出すことなく続投だったかもしれませんね。ただ代打を出したおかげで大量点につながり逆転できたので、作戦は大成功でした。

残る3回ですが中田廉、一岡、今村、アドゥワが何とか登板できる状況でした。結果中田廉が6連打をくらって1イニング持たず3点差あったのに逆転され、アドゥワが回またぎというはめになりました。

昨日の試合の継投は全く文句なしです。中国新聞の記者のコラムで批判されていましたが、中田廉が打ち込まれるのをただ見ているだけだった、というのはどうなんでしょう。2アウトランナー2塁から6連打されるというのは相当に想定外だと思います。どこかで打ち損じくらいあるでしょう。結局アドゥワを回の途中で送ることにはなり結果的には3連打くらいで替えるべきだったということにはなりますが、もうこれは仕方ないですませましょうよ。

今日もまたリリーフ陣の起用は難しくなります。中﨑もジャクソンも3連投のあと中1日で登板させていいとは思えませんし、中田廉も連投かつ昨日38球、アドゥワもおととい27球のあと昨日回またぎで32球です。薮田も17日回またぎ19日回またぎなので今日は休ませてほしいです。残るのは今村、一岡、この2人だけです。

今日はジョンソンなので7回くらい投げてくれそうではありますが、早い回で降板することもあるでしょうし(危険球など)、もう1人上げないとどうにもならないと思います。特に勝ちが多かったり逆転が多かったりするとリリーフの負担は増えます。もう8人制でいいんじゃないでしょうか。

ちなみにリリーフ8人制はDeNA、阪神、巨人がすでにやっています。中日もヤクルトも7人制です。6人制はどこもありません。DeNAはちなみに捕手3人いるのに登録枠28人いっぱいではなくて27人です。リリーフ8人制はセリーグでも無理なくできると思います。ピッチャーには必ず代打を出さなくてもいいわけですから、4回代打を出す場面があったら3回に制限したらすぐ1枠空きます。

執念の延長12回サヨナラ勝ち、そしてリリーフ酷使

昨日は9回にヤクルトのクローザーのカラシティーを打ち同点、その後12回裏に風張に2アウトまで取られますが安部が2ベース、そのあと下水流がサヨナラヒットとは。実のところ次の打者が野間なので敬遠されるかなと思っていましたが、勝負してもらってよかったです。

それ以外にも11回裏に2アウト満塁まで行きながら堂林が凡退とか(2アウト1塁2塁で丸は敬遠されるのですね)、エキサイティングな試合だったと思います。よく粘って勝ちました。

投手陣は疲労困憊でしょう。ちなみにこの2週間の登板を見てみますと、

中﨑   12日、14日、15日、17日、18日、19日
ジャクソン12日、15日、17日、18日、19日
今村   12日、15日、17日、19日
一岡   6日、8日、10日、17日、19日
中田廉  8日、10日、11日、19日
薮田   10日(5回)、13日(2回)、17日(1回2/3)、19日(2回)
アドゥワ 7日(2回)、8日、10日、11日、13日、19日

中﨑、ジャクソン、今村は6日から11日までは登板機会がなかったのでまだましではありますが、特に中﨑がこの8日間で連投と三連投を含む6回登板とかなり過酷です。ジャクソンも三連投を含む8日で5回登板ですから十分きついです。薮田もきついでしょう。まあこれは首脳陣を責めるわけにはいきません。

ただ昨日に限ってはもう1人投手を入れていればなあと思ったのは事実です。私は以前からリリーフ8人制を希望していますし、ここを読まれる方には耳タコでしょうけど、代打要員に鈴木誠也と西川の2人を入れておくより1人にして投手を1人入れてほしいと思っています。リリーフ投手が厳しい時限定でもいいので8人制にしてほしいです。

ファームでも投手の頭数に余裕がないということであれば、他球団でくすぶっている投手を獲得してもいいと思います。一軍で戦力になればもうけもの、そうでなくても他の投手の消耗を抑える役割をしていただけたら十分です。

今日からの3連戦はそのあたりを踏まえてどのように登板させるのか注目していきたいです。野村にはコーナーを突かずストライク先行ピッチングで7回まで投げてほしいですね。リードしていればぎりぎり今村と一岡が使えます。あとは中田廉とアドゥワ。この4人で乗り切ってほしいです。延長になったらどうしよう(汗)。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR