チケット不正転売禁止法について

チケット不正転売禁止法がおととい施行されたようですね。果たして効果はいかほどでしょうか。もちろんここで書くのはマツダスタジアムでの入場券についてです。

文化庁のホームページとかで確認すると、「チケットの不正転売をしてはいけない」「不正転売を目的として購入してはいけない」とあります。そして不正転売というのが「業者による」「販売価格を超える値段での販売」となります。まあ昔からダ○屋行為として違法ではあったはずなんですが。

「個人的に」たまたま行けなくなったチケットを定価以上で売ることは罪に問われないようですが、あるホームページを読むと「2ヶ月間に2回」というのはアウトだった例があるようです。たくさん名義を持っていれば避けられるかもしれませんが、定価を超える額で出品されていれば警察が目をつける、かもしれません。

ヤフオクとかでは一度にチケットが複数枚、定価以上で出品されていたら問題視されるでしょうし、「チケットを入手できる権利」とかのテクニックを使っていたらさらに怪しくなります。

あとは興行主が不正転売をさせないように対応するように、入場の資格がある人(おおむねチケット購入者)と実際の入場者が同一であるかしっかり確認するように、国や地方公共団体も協力するように、と書いてあります。

今回はおそらくオリンピックがらみでこの法律が施行されたと思いますが、これでカープのチケットが入手しやすくなってくれればありがたいです。本筋としては売った人だけでなく定価以上で買った人も罰するようにしたらいいと思うのですが、大人の事情もあるんでしょうね。
スポンサーサイト

床田、薮田でホームランを7本打たれ5イニング11失点

昨日は床田が先発しましたが、先週の登板後に「100球が限界なのでは」と書きました。コンディションの問題、スタミナの問題(握力や下半身の1試合中の疲労)、などいろいろあるんでしょうけど、昨日の感じだとやはりコンディションが相当悪くなっているんでしょう。

球速も1球だけ143キロがありましたが、それを除くとマックス140キロといつもより10キロ遅いです。蓄積疲労でフォームを崩しているとか、どこかに故障もしくはそれに近いものがあるのか、です。

薮田も以前の状態にはほど遠いようで、ストレートの球速はマックス147キロ、ほとんどが140キロ台前半でした。コントロールも今ひとつで、さすがにこの状態ですときついです。

しかし打線が6安打で會澤の2ランの2点だけというのは、投手が相当頑張らないと勝てません。長野、菊池、バティスタがノーヒット、指名打者磯村がノーヒット、田中がノーヒット。今年はなぜか指名打者がほとんどヒットを打てていません。

まあ調子が悪いのは仕方ありません。交流戦は最下位でもいいので、今のうちに日本一になれる戦力を少しずつ発掘していってほしいです。遠藤と島内がいいリリーフをしたので、それは救いです。

先発山口で引き分けたのは勝ちに等しい(強引)

昨日は仕事で6回まで見られませんでした。せっかくの山口の5イニング1失点、そして中村恭平の1イニング無失点。見られなくて残念。リリーフ陣はよく頑張りました。一岡1イニング、レグナルト2イニング、フランスア2イニング、中崎1イニング。フランスアが10回裏1点リードで1点取られて引き分けになりましたが、仕方ないです。

打線が湿っているのは全体的に調子が落ちているのか、パリーグの投手が素晴らしいのか、よくわかりません。長野に当たりが出てきたのはいいですね。交流戦最下位ですが、なんとか5割付近まで戻していただきたいところです。

18歳吉田輝星を打ち崩せず

昨日はルーキー吉田輝星が初登板、去年まで高校生のルーキーがこの時期一軍初登板というだけでもなかなかないのに、カープ打線は5回まで3安打無得点。「見たことがないストレート」とのコメントがありましたが、去年も手元で失速しないストレートと話題になっていて、その通りだったのでしょう。幸か不幸か全く見られませんでしたが(汗)。

6回以降も日本ハムのリリーフ陣を打ち崩せず合計5安打1得点。長野が2安打と一人頑張りましたが、これでは無理です。大瀬良は8回を一人で投げ抜き113球2失点。おととい非勝ちパターン総動員でしたので助かりました。さすがエース。

今日は山口翔が先発。どうなるか全く読めませんね。

野村が1イニング投げて降板

昨日は先発野村が初回にヒット2本-四球-ヒット2本-三振-ゴロ-ヒット2本-サードタッチアウト、というあまり見たことがない内容でした。1イニングで被安打6四球1で5失点。9番中島にはファウルで散々粘られたあげくショートの頭を越すヒットを打たれ、ここで1塁ランナーが3塁でタッチアウトされなかったらもっと点が入っていたと思います。

ストレートも140キロ前後といつもとさほど変わらず、コース自体はよかったと思いますが、低めのボールになる球を平気でヒットにされているところを見ると球の切れが悪いということなんでしょう。この1週間でサイドスロー気味になっていたのをオーバースロー方向に修正、という記事を読みましたが、サイド気味だったように見えました。

打線の方は日本ハムのエースの上沢から初回2回といずれもヒット+2ベースで1点ずつ取りましたが、それ以外は7回まで点が取れませんでした。8回に交代したロドリゲスからバティスタの2ランがありましたが、1点及ばず敗戦。

しかし救援陣が頑張りました。島内が3イニングをノーヒット、しかし4イニング目に田中のエラーのあと四球を2つ出してしまい、限界だったのでしょうか。菊池保にスイッチしなんと0点でしのぎました。菊池はボール先行でカウントを悪くしても平気でフォークを投げますね。磯村のリードのおかげでしょうか。見切られることなく討ち取れました。そのあとも遠藤2イニング、中崎1イニングを無失点。素晴らしい。

日本ハムはやはり強そうです。今日明日どちらか勝てればOKです。

やっとソフトバンクに勝てた

今日は久々の先発の九里が4回までに2点失い、ああやはりいつもの彼の5回3失点もしくは6回4失点あたりか、なんて思っていましたが、5回にヒットとツーベースを打たれながらもバティスタのフェンスぎりぎりナイスキャッチでなんとかゼロで抑えました。5回を2失点、88球。これがぎりぎりです。

4回裏にソフトバンクの先発松本が乱れて四球3つのあと會澤のタイムリー、田中の犠牲フライ(浅かった)、安部ヒットで1アウト満塁、打席は九里。ここで九里に代打を出してもよかったんじゃないかと思いました。九里が凡退したらその次は得点圏打率1割6分の野間です。結果この4回と6回に2アウト満塁で野間に回り、いずれも凡退でした。

ヒット8本と四球7つで3得点(8イニング)というのはあまりにも効率が悪いです。リリーフ陣が頑張って無失点リレーになったので勝てましたが、今後これではいけません。1番野間と2番菊池の打率が急降下しています。6月の打率は野間が.189で菊池はなんと.103、これは心配。

なお中村恭平は昨日2イニング今日1イニング、レグナルトも一岡も連投でした。お疲れさまでした。フランスアの抑えは非常に安心して見ていられました。最速確か155キロ、チェンジアップも切れてました。

あさってからは札幌ドーム、そして楽天生命パークです。打順の組み替えは多分しないでしょうから、DHのところに會澤磯村のキャッチャーをしていない方を入れるのがよさそうです。

まあしかしこんな感じであれば日本一なんて無理ですね。短期決戦専用の采配をするのであれば交流戦の最中にやるべきです。普段通りの野球をやるのなら戦力が足りません。現在まだ戦力になっていない選手が2-3人出てきてくれないと難しそうです。

どうやってソフトバンクに勝つか

昨日の試合は仕事中で見られませんでした。先発ジョンソンが5回101球4失点(自責点2)、これがこの試合の失点の全てでした。5回に真砂のセーフティバントをジョンソンが悪送球、バント、内川2ベース、グラシアルヒット、松田犠牲フライ、という内容ですから結局自責点4に近い内容だったようです。

打線は先発高橋礼から7回で2点しかとれず、武田とモイネロからも点が取れませんでした。カープもリリーフ陣は中村恭平2イニング、一岡、レグナルトといずれも無失点。なんかビハインド時のリレーには見えませんね。

おとといの千賀と昨日の高橋礼、2人も苦手投手を作ってしまっては日本シリーズはとても勝てません。これから対策は練るんでしょうけども、どうやって今の戦力から上積みするか。やはり既存戦力はなるべく現状維持で、去年出てこなかった戦力が数人いないと厳しそうです。もちろん酷使して消耗させるなんてもっての外です。

打線も一時期の勢いがなくなってきたのか、相手投手がいいのかわかりませんが、厳しいですね。なんとか建て直してほしいです。

ただ田中が復調したのは大きいです。6月の打率が.346です。中国新聞に「わかっているけど体が反応しない」と書いてありましたが、それなら試合に出続けるのではなくて休むなりして調整してほしかったです。まあ結果的にチームが勝てていた時期なので大きなマイナスにはなりませんでしたが。

今日の先発は九里と松本(今季初先発、ファーム防御率1.72)。やはり楽じゃありません。ソフトバンクには他にもバンデンハーク、和田、大竹と先発投手の谷間はなさそうです。柳田が戻ってきたソフトバンクに勝つには相当な戦力の上積みが必要でしょう。

床田は100球までがよさそう

昨日は床田が5回まで101球1失点。5回も実はノーアウト1塁2塁になってバント失敗があって・・みたいで1点ですんでよかったなという場面だったようです。6回には1アウトのあとホームラン、ヒット、四球で合計120球投げて菊池保に交代し甲斐に2ベースを打たれこの回3失点。

床田は前々回の登板のあと100球が限界なのではと書きましたが、前回は7イニングで99球無失点。今回もやはり100球限界説、当たりました。故障明けでずっと中6日のローテーションを守るのはきついことでしょう。100球5-6イニングで勘弁してあげてください。

打線の方は千賀に7回無失点に抑えられ(しかも3安打)、8回モイネロから菊池バティスタヒットのあと誠也が3ラン、というのは唯一の見せ場でした。9回森にはノーヒットでしたから、9回中崎が2点失ってなかったとしても関係なしです。

昨日夜に出張からやっと帰れて、7回遠藤8回島内のピッチングが確認できませんでしたが、中国新聞ではいい感じのような記事でした。やっとリリーフが8人になりました。これからの楽しみが増えました。

カープ中継も中国新聞もない出張生活

現在出張中で、今日夜遅く帰ります。毎日当たり前のようにカープ中継があって、中国新聞で首脳陣のコメントが読めるという状況でないのが不思議です。

昨日の西武戦は結果のチェックしかできませんが、郭投手に6回3安打に抑えられ、リリーフ投手からも1点も取れませんでした。合計4安打で初回に2点取ったもののタイムリーヒットはゼロ。投手の方は先発山口翔が3回61球5失点、そのあとを受けたアドゥワが5回77球4失点。

もう少し山口を引っ張りたかったんでしょうけどもそれも無理だったのでしょうね。そしてリリーフ陣に負担がかかっていることもあり前日に1イニング(その3日前に先発で2イニング)投げたアドゥワが5イニング・・・これOKなんでしょうか。

西武戦は1勝2敗、十分です。

ところで出張先でたまたま試合がありましたので、急遽チケットをとって球場に行ってきました。マツダスタジアムにもここ2-3年行けていないのに、お初の楽天生命スタジアム。そうです仙台出張なのです。

仙台駅から地下鉄で2駅(5分くらい)、そこから15分ほど歩きました。マツダスタジアムでは沿道のにぎわいがすごいのですが、結構あっさりしていて、地図がなければわからない道です。1時間ちょっと遅れて行ったので誰もそれらしい人は歩いていませんでした。

なんかいい感じのスタジアムでした。旧広島市民球場をメジャー仕様に改造したような雰囲気ですね。イマドキのノリノリの曲がかかって盛り上がります。あんまりそういう曲は好きじゃないはずなんですが気持ちよかったです。客席からの応援はあまり熱烈ではないおとなしい感じでした。

三塁側の内野指定席で上の方でしたので、右バッターボックスの選手の背番号が普通に確認できるくらいです。顔はよく見えませんが巨人の坂本や丸はフォームで一発でわかりますね。しっかり楽天を応援してきましたが、岡本にホームランを打たれそれが決勝点になりました。8回に久々のマシソン登板。本調子ではないような感じでヒット2本打たれましたが無失点。まあでも楽しめました。

延長12回サヨナラ負けはリリーフ陣にダメージ

昨日は試合はほぼ見られていません。野村が2回に4点を失い(四球2つとファーストエラー、2本のタイムリーヒット、自責点は1)それでも何とか6回106球4失点。打線は4回に4点を取りますがその後1点も取れず、というか6回以降チャンスらしいチャンスもほとんどなかったようです。

野村の相棒はとうとう磯村になりましたね。そのあと一岡、レグナルト、フランスアとつなぎました。これが今後の勝ちパターン継投の基本路線となるのでしょうか。そして10回中崎、11回中村恭平と無失点で12回に菊池保が1アウトもとれずヒット2本と敬遠とサヨナラヒット。負けはしましたがよく頑張りました。

打撃陣は昨日は6番DH松山。正直微妙と思いましたが結果4打席凡退のあと5打席目に四球。7番磯村が2本の2ベースを打ってますので、松山が打っていたら、まあタラレバはやめます。

松山の復調なしには日本一にはなれない、と思っているからこそDHで5打席打たせたのだと思います。同時に結果が出ても不思議のない理由がちゃんとある、と。そういう確信のもとに起用するのなら文句は言いません。もちろん聖域にするつもりもないでしょう。

あとはリリーフを早く8人体制に戻しましょう。山口をベンチに入れている場合じゃありません。先発陣が盤石じゃありませんから、9人いてもいいです。普通に1日休みのあと総動員しただけじゃありません。その前の試合で中村恭平と菊池は2イニング投げていて、中1日での登板です。そうすると今日は彼らは使えません(たぶん使うんでしょうけども)。

6/3(月)時点での打撃成績

野間 .288 .342 .190 會澤 .279 .392 .333 
菊池 .289 .339 .444 磯村 .405 .463 .538
バティ.307 .370 .293 石原 .136 .200 .167
誠也 .343 .473 .283 小窪 .264 .338 .167
西川 .302 .328 .333 松山 .164 .263 .143
安部 .239 .294 .172 長野 .216 .272 .182
田中 .192 .283 .167 → 先週は.181 .281 .075

例によって現時点での打率、出塁率、得点圏打率です。先週の数字と比較すると、上昇しているのはバティスタ、田中、磯村、小窪で、ほぼ変わらないのは野間、菊池、安部、會澤、松山、長野で、若干下降しているのは誠也と石原。

バティスタは絶好調モードで、最近のチームの好調とリンクしています。西川も25試合連続ヒットで打率3割を維持、得点圏打率がちょっと上がりました。この2人の好調の割をくって誠也が最近苦しんでいますが、損な役割です。もう少し我慢したら普通に勝負してもらえるようになるでしょう。それまでは体調をケアしてフォームを崩さないでいてほしいです。

田中がこの1週間、ヤクルト阪神との6連戦で26打数7安打(ホームラン1本含む)9打点.269と復調してきました。昨日おとといに限ると8打数4安打で2日連続マルチヒット。今朝出た達川さんのコメントでは「詳しくは言えないが、怪我を抱えていた」とのことでした。治ったのでこれから打ち出すとのことですが、だったらちゃんと休ませて下さいよ、と言いたいです。

先発投手が若干の不安あり、ですが、今のチーム状況であれば明日からの交流戦は勝率5割いけそうな気がします。リリーフの登板過多に特に注意して、コンディション維持を最優先に無理せず戦ってほしいです。

そういう意味ではアドゥワを抹消せずにリリーフに回すようなら個人的にはちょっと微妙だと思います。九里の先発転向についても今までと違った上積みがあれば別ですが、リリーフの方が心強いでしょう。5回までがせいぜいで結局リリーフに負担をかけてしまうことになりませんように。

阪神戦を2勝1敗で乗り切る

昨日おとといは阪神に連勝。先発床田は7回無失点でしたが中崎が勝ちを消してしまい残念。昨日はジョンソンが6回1失点。お二人ともナイスピッチング。打線はバティスタが3割突破ホームラン15本。西川も今日を含めて25試合連続ヒット。

今日のアドゥワは2回だけ見ましたが、ボールが全体的に高めに行き、全体的にはそこまで悪くないと思いましたが、2回だけで7点とられました。阪神打線は実に気持ちよくスイングしていましたし、ボールの切れがいまひとつだったのでしょう。

3回から中村恭平に交代し2イニング21球、3イニング目行くかと思いきや打席回らないままに交代。次の九里2イニングは連投になるので予想外でしたが、22球と球数少なく助かりました。7回8回は菊池保が何とかしのぎ、9回は2点ビハインドで中崎。プチ配置転換みたいな感じですが、いつも通りランナーを2人出して無失点。

今日は6回に打線が爆発して先発ガルシアから5点取ってKO、そのせいで接戦になりましたが阪神のリリーフに抑えられました。誠也がいいところで3回凡退。四球上等の厳しい攻めが続いていて、バティスタと西川には追い風になりましたが彼自身はかなり損しています。今をしのぎきればそのうち勝負してもらえるようになるでしょう。

しかしリリーフ7人制だとこんなぎりぎりの戦いになります。来週からは交流戦で、半分の試合はDH制になります。今のカープですとDHがあればほとんど代打を出すことはありません。代打を1人削ってリリーフを1人入れるのはごく普通の作戦だと思います。アドゥワを1回抹消するなら賛成ですが、このままリリーフ7人体制で行きそうなのが怖いです。

中崎については配置転換してもいいですが、四連投で調子を崩したということはないでしょうか。ほかのリリーフ投手も含め、今厳しい起用をせずに日本シリーズにピークを持って行くような作戦で行ってほしいです。

山口 翔が初先発初勝利!

今日は13点取りましたが、何と言っても山口 翔ですね。ファームで先発調整をしていて今までビハインド要員でしたが、今日初先発で7回途中までノーヒットピッチング。ストレートがホップして見えたのは気のせいでしょうか。スライダーもコーナー一杯にビシバシ決まるというわけでないのですがタイミングが合わないのかことごとく打ち損じでした。

7回2アウトから村上にポテンヒットを打たれましたが、あれで交代する理由ができました。最後バレンティンを高めに浮き上がる?ストレートで空振り三振。素晴らしい。これでしばらく6人目の先発ですね。

明日からはマツダスタジアムに戻り(移動日なし)阪神との三連戦です。先発は明日は床田と西、あさって土曜日はジョンソンとメッセンジャー、日曜日はアドゥワとガルシアになりそうです。阪神の方はメッセンジャーがやや調子を落としているようですが西もガルシアも難敵です。1勝すればOKくらいの気持ちで楽にテレビを見ようと思います。

雨天中断をものともせず

昨日は途中で雨による中断がありましたが、大瀬良はそれをものともせず7回まで投げ、初回に村上に打たれた3ランのみで3失点。中断すると肩が冷えますのであまり長く引っ張ってほしくなかったですが、1回に32球も投げた割に7回終了時104球と球数少なく行けたのもよかったです。中断が30分ほどだったのもラッキーでした。

単純に球数だけで判断していたらもう1イニングとか行きそうでしたが、そこは首脳陣もちゃんと加味したのだと思います。

打線は相変わらず活発、とまでは言えませんが誠也が2ランとタイムリー2ベースで3打点。西川の内野安打で2点(誠也の激走も)取れて合計5点。フランスアと中崎が無失点でしたので5点で十分でした。素晴らしい。

中崎は昨日おとといと四球でランナーを出すことが多く、昨日は2四球で合計25球、おとといは2四球1死球で合計29球。コンディションがあまりよくないのにぎりぎりで投げているからだと思いますが、この連投はきついです。今日明日はお休みでいいです。

今日は山口が先発なので、できれば第二先発を用意して(ケムナでも遠藤でも誰でもいいです)、無理だったら非勝ちパターンリレーにしましょう。フランスア中崎三連投は禁止です。負けてもいいので週末にダメージを残さないことです。

楽勝ムードがいつの間にか

昨日は4回表の攻撃を終わって7-1とリード。今日はもらった、と思いきや4回裏に山田ホームラン、バレンティンヒット、村上ホームラン、雄平ショートフライ、奥村ヒット、井野ヒット、代打宮本ヒット、と先発野村が6本のヒットを浴びて3点取られたあと1アウト1塁3塁。

ここで九里に交代、川端三振、そこまではよかったのですが大引に四球を与えてしまい青木に回してしまいました。タイムリーヒットでプラス2点。山田は打ち取れたのでよかったのですが、逆転されても不思議でなかったです。まあ大引への四球は絶対避けないと、とは思っていたはずですし、仕方ない範疇です。

これで4回を終了して7-5と2点のリード。しかしリリーフ陣が踏ん張りました。フランスアが1点取られましたがレグナルトが2回を無失点、一岡1イニング無失点、中崎が死球と2四球で満塁までしますが何とか抑えて1点差の逃げ切り。

昨日の試合は1/3くらいしか見られませんでしたが、野村の投球は不安たっぷりというのだけわかりました。きわどいコースはボール判定が多く、甘い球を打たれたような印象です。先週の登板は7回無失点と結果を出しましたが、5月に限ると5試合で23イニングで20失点、自責点17、防御率6.65とさえません。

投球回数も5回、4回、3回2/3、7回、3回1/3、せめて全試合5回までもてばまだいいのですが・・・ファームの投手にチャンスをあげてもいいと思います。

打線は4回までに原樹里を打ち込み7点とりました。5回以降はランナーは出すもののタイムリーが出ず會澤の2本目のホームランの1点のみ。まあ勝ちパターン継投で来られたので仕方ないですね。しかし野間が3安打、會澤がホームラン2本と2ベース、菊池と西川が2安打。西川はとうとう規定打席に乗って.304と9位につけました。誠也は.354と打率打点でトップ。素晴らしい。

巨人に2勝1敗、よくやりました

昨日も今日もほとんど見られませんでした。昨日はジョンソンが7回まで3安打1失点(ソロホームラン)と非常によかったのですが、8回にやられました。7回終了時交代していれば、というのは結果論ですが仕方ないです。8回裏に4失点しましたが9回中崎が2点差で登板しゲレーロの2ベース1本のヒットに抑えました。

今日はアドゥワが初回に岡本に3ランを打たれ、それが響きました。まあこういう日もあるよ、ですが、7回表に3点取って4-4の同点に追いつきアドゥワの負けが消え、山口の勝ちも消えました。フランスアが打たれて1点を失い4-5で敗戦ですが、いいです。こういう日もあります。同点で9回裏を迎えたら中崎3連投でした。それはダメ。ダメージのない負けはOKです。

この3連戦はなかなか打線が活発でした。合計19得点、バティスタが9安打(ホームラン3本含む)、誠也が6安打(ホームラン1本含む)、西川が6安打(ホームラン1本含む)とクリーンナップ大爆発。

東京ドームで巨人に2勝1敗で現在2ゲーム差で首位とはなんと素晴らしい。順調すぎて怖いです。11連勝しましたが今日の負けで止まりましたからもう忘れることにします。

床田5勝目で10連勝、そしてクリーンアップの打率が上がってきた

昨日の床田は4回までは毎回ヒットを打たれますがホームラン含むヒット4本で1失点、合計60球と球数もいい感じ。5回はホームラン2本とヒット1本を打たれ合計3失点、5回を投げ終え74球で交代となりましたが結果は十分です。

ただし疲れがたまっていると考えていいんでしょうか。前回登板も6回途中で交代(94球)、その前も5回を投げ終え交代(101球)、その前は7回途中で交代(124球)、というふうに徐々に限界の球数が減ってきています。1回抹消して10日間とか2週間開けるといいんじゃないでしょうか。なんせ故障明け、しかもまとまった期間登板した経験のない投手です。無理は禁物。

リリーフ陣はレグナルトが無難に1回無失点、一岡が1アウトをとったあと代打中島に頭部死球(一回肩に当たってから頭部へ)で危険球退場、その直後に九里が登板し1球で1アウト、残る1アウトと次の1イニングをフランスアが抑えました。中﨑は5点差で登板しましたがいつもの通りランナーを出して無失点。

今朝の中国新聞には九里のコメントとして、「マウンドで投げながら肩が作れる」とありました。初めて知りましたが昨日の陰のMVPです。先発にしとくのはもったいないです。先発ののらりくらりと打って変わってリリーフではビシバシ決まっているように見えるのは気のせいでしょうか。

あと中島への頭部死球、145キロストレートがコントロールミスで右打者の頭部に向かいましたが、直後にすごい形相でマウンドの方に向かってきました。危険な球なので申し訳ないとは思いますが、何の伏線もないコントロールミスに対してこの態度は残念。一岡も申し訳なさそうな顔で帽子をとって謝意を表していました。両軍入り乱れて警告試合。ただ無事なようでほっとしました。

打線の方ですが地味にバティスタと西川の打率が上がってきています。バティスタは打率.268出塁率.343得点圏打率.326、西川は打率.286出塁率.316得点圏打率.282。直近6試合で見るとバティスタは24打数11安打.458ホームラン3本、西川は24打数10安打.417ホームラン1本。見事な復調です。打順の妙もあるんでしょうね。

そして誠也は相変わらずの打率.340出塁率.459得点圏打率.303。いいクリーンナップです。

大瀬良完投勝利で9連勝

昨日は先発大瀬良が9回3安打1失点91球と、球数少なく無理なく完投勝利。中日打線が早打ち傾向だったのかもしれませんが、打たざるを得ないところに投げたから少ない球数だったのかもしれません。

球自体はいつもと同じ感じに見えましたがそれは見る目がないのかもしれません。今朝の新聞にはキレッキレだったと佐々岡コーチのコメントが書いてありました。7連続三振とか無四球とか、6回途中までノーヒットノーランだったとか、とにかく圧巻でした。7回にヒットと2ベースで1点取られましたがそのくらいいいです。

打線の方は難敵のロメロから4回まででヒット6本とエラー出塁と四球1個、その割に1点しか取れず残塁が多かったです。5回に會澤の2ランが出ていける、と思いました。ロメロには球数を投げさせ5回で降板、そのあとの田島、谷元、福から1点もとれなかったので大瀬良の1失点完投は貴重です。やはり7回2アウト満塁で田中の打席で代打を送ってほしかったですが・・・

さて今週末は巨人3連戦です。床田、ジョンソン、アドゥワが先発ですが、床田の蓄積疲労が気になります。今の週5試合のうちに1回抹消しておいてもいいかなと思いますがそれはないようです。この3連戦を1勝2敗で乗り切れれば十分ですが、勝ち越しなんてしたらだいぶ盛り上がりますね。巨人の先発はヤングマン、メルセデス、山口。菅野が抹消されている今、一番きつい3人ですが、なんとか攻略してほしいです。

8連勝で単独首位、しかし中崎が不安

今日は野村が7回91球無失点とナイスピッチング。コースを突きすぎての四球がなかった(なんと無四球)のは、きわどいコースをストライクと判定してくれたせいかどうかは不明。球自体はいつもと同じように見えました。

打線は前回完封された中日大野から5回に何とか2点もぎとりました。會澤、安部、田中の連続ヒットでノーアウト満塁、野村と野間が凡退したあと菊池が粘り三遊間を破る2点タイムリー。さすが得点圏打率4割オーバーは違います。あとは8回に岡田から代打松山が押し出し四球を選んで1点追加。

そして8回フランスアが危なげなく抑えましたが、9回に3点差で登板した中崎がいまひとつでしたね。ストレートの球速表示は138キロとかで、なんか抑えられそうになかったです。福田のホームラン、大島2塁打、ビシエド死球、高橋周平2塁打、と2点取られ2アウト満塁になりましたが、なんとか同点に追いつかれずにすみました。

今日試合が雨天中止となった巨人を抜いて単独首位に立ちましたが、中崎がかなり不安です。少し休みが必要なのか、勤続疲労がたまってぎりぎりなのか、わかりませんがまあ何とかなるんじゃないかと思います。

7連勝で首位巨人とゲーム差0

今日はアドゥワが7回4安打2四球無失点、6回あたりからコントロールがばらつくようになり、その後は何とか抑えた感じです。7回終了時で111球。よく頑張りました。打線は初回に1アウト1塁2塁で誠也が2点タイムリー2ベース、菊池が4安打でうち2本がタイムリー、バティスタ2安打で1本がタイムリー、と上位打線で全打点を挙げました。8番田中が2本ヒットを打ったのは今後につながるのでしょうか。

ということで5-1で勝利。ちなみに8回フランスア(三連投)9回一岡(連投、1点とられた)という、5点リードなのに、という継投でした。8回中村恭平9回九里くらいで行ってほしかったです。

昨日は記事を上げませんでしたがジョンソン6回6安打1四球で無失点105球。デイゲームは強いらしいですね。そのあとは一岡フランスア中﨑と無失点リレー。打線は1回に2アウト1塁3塁から西川の3ラン、6回にバティスタのソロホームラン、で4-0で勝利。

これで貯金が6つ、今日負けた巨人が依然首位ですが、ゲーム差なしになりました。なんか順調すぎて怖いですね。投手陣は野村に結果が出ていないのとリリーフ起用の偏りだけ気になるくらいです。打線は2番から5番がかなりいい感じになってきてます。それに會澤を加えると結構な破壊力です。サードショート付近が・・・ですが。

疲労蓄積と故障だけが気がかりです。今日サードに上本をスタメンで起用したように(4打数ノーヒットでしたが)、菊池と田中もある程度休ませながら使っていただきたいです。もちろんリリーフも。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR