スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の練習、MP-37はやっぱりハード

まずMP-37の7番から打ち始めました。最初のうちは飛距離が出ません。ショットマーカーを見ると結構先っぽです。飛距離は8番モードで120y弱。最終的には120y強、一番飛んだのが126yでした。球筋はまっすぐかやや右に打ち出してまっすぐ飛ぶ感じで、スライスはほぼなし、引っ掛けもなし。ダフりやトップのミスが目立ちました。

5番を打つとこちらも出球はほぼ同じ傾向です。飛距離は6番モードで140y前後、最長147y。

3番もほぼ同じ傾向ですが、やはりミスに対しては飛距離がめちゃくちゃ落ちます。ほどほど当たった時の飛距離は4番モードで160y前後、最長167y、ヘッドスピード36前後です。これは変な打ち方をしたとか当たりが悪いなと思った時は平気で20-30y落ちます。方向性はというとほぼまっすぐなので大怪我はしなさそうです。

ここで前回と比較します。DGS200のままの時はヘッドスピード38くらい(最高39が出ましたが本当かどうか)、しかし飛距離は最大がほぼ同じです。効率が悪いのは確かですが、実はこちらの方は今日と違ってスイングがおかしいなと思ったことは皆無でした。ミスショットで飛距離20-30y落ちとかは変わらず。とにかく思いっきり振りたくなるスペックでした。NS950だとそんなに振る気になりません。

3番は気持ちよくて結構打ちました。打ち急ぎせずにゆったり振るとか、そういうことを意識したらうまくいったような気がします。

その後7番に戻して、インプレスX VforgedとLynx SSと比較をしてみました。飛距離はやはりLynx SSが一番です。ミス救済機能ゆえか、ロフト差以上に飛んでました。前回のような振るのが気持ち悪いという違和感は感じませんでした。ただやはりライ角の関係で、Lynx SSは明らかにボールとの間合いが近くなります(2番手分くらい?)。それでも球筋には特に影響ありませんでした。

MP-37の7番、ショットマーカーでは当初トウ寄りにだけマークが付いていたのですが、次第に真ん中寄りの跡が付くようになりました。最後の方でシャンク1回。その次に打ったボールは特に問題なかったのですが、無意識のうちに打点をずらす調整が入ったということなのか、他の7番を打っていて何かが変わったのか、わかりません。

とはいえMP-37をしばらく打って他の7番アイアンに持ち替えた時、もしくはその逆のケースで、全く違和感なく打て出球の傾向もほぼ同じだったのは興味深いところです。ショットマーカーで確認するべきでしたが残念。ちなみに今日打ったクラブは全てMOIをプラマイ2以内に調整しています。

ではMP-37は実戦で使えるかというと、使わない方がいいと思います。まあトップしてコロコロ転がって方向性は悪くなさそうなので、100切りを目指すレベルではあまりスコアには影響しないのかもしれません。プライベートラウンドで前半MP-37の奇数番手、後半Lynx SSの奇数番手ということは一度はやりたいと思います。

練習で使うとすると、スイングにごまかしがきかなくなることでいいかもしれませんが、こればかりはやってみないとわかりません。たまに気持ちいい感触が味わえる(まだ最高という当たりは皆無)ので、Lynx SSよりは練習意欲が上がるような気はします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クラブのせいにしちゃあいかんよ

No title

コメントありがとうございます。

ある意味クラブのせいにしているとも言えますね。そのクラブの特性をわかった上で自分の打ちやすいように調整して、それでも厳しければ自分には使いにくいクラブだったという結論にしています。

ミスしたらすべて腕のせいにできることを目指してクラブ調整をしていくつもりです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。