スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛ばない人の100切り作戦(6)パット

 パッティングについては、まず自分が確実に2パットで行ける距離を想定しておきます。私の場合は上りだと8y、下りだと5y、左右だと3yくらいでしょうか。イメージとして左右6ヤード、上下13yのだ円ができて、だ円の中央よりやや上あたりにカップがくる感じです。そのだ円から外れた位置にボールがあればそれは3パットでも仕方ないと思いましょう。

 そのかわり2パット圏内のパットは確実に2パットにしましょう。大オーバーが最悪です。私の場合は上りも下りもカップ寸前でぎりぎり止まるイメージで打つとちょうどいいです。上り4y、下り1y以内ならオーバー目に打ってもいいです。

 強さのイメージがわかない場合は、下りは残り距離の半分から2/3を打つイメージで、上りは逆に残り距離の1.5倍くらいのイメージで打ちましょう。

 3パットで行きたい時は、最初のパットを例のだ円の中に入れるように打ちます。20y以上のパットだと3パットで行ければガッツポーズをしましょう。時々間違って3パット狙いのパットがカップに寄ることもありますがうれしいものです。これも成功体験の積み重ねになります。

 ラインの読み方ですが、グリーン手前(ティグラウンド側)が低く、奥が高くなっていることが多いです。それを踏まえて、まずまっすぐなラインがどこなのかを把握して、そのラインより右にあるか左にあるか、上りなのか下りなのかを頭の中で整理して、どのくらい曲がるか判断します。なるべくキャディさんには聞かない方が勉強になります。

 1y前後のパットが残ると入れごろ外しごろですが、マークして他の人がホールアウトして打つと最初のパットのイメージも薄れてプレッシャーばかり強くなりますので、ひと思いに「先に入れます」と打ってしまいましょう。時間短縮にもなりますし、プレッシャーがない分案外入ります。

 あと、70cmより短い、確実に入れないといけないパットですが、何も考えず真中を狙うと外れることがあります。必ずラインを考えて、必要があればカップの左右を狙うべきです。
スポンサーサイト

飛ばない人の100切り作戦(5)アプローチ

 アプローチはシンプルにすべきです。転がせるところは転がすのが鉄則です。欧州ツアーの選手は多少のラフからでもパターでピタッと距離を合わせてきます。8番アイアンパター打ちなんていらないかもしれませんが、私はまだ勇気がなくできません。

 20-30yくらいのラフを越える転がしは私は8番アイアンのパター打ちを使います。距離感はパターよりちょい弱め、つまりパターで2割くらいショートするイメージで打ちます。

 パターや8番アイアンで転がせないところは上げないといけません。私は両かかとをくっつけてかなりオープンスタンスにして、左足にぐっと体重をかけてSWで出来る限りゆっくりとバックスイングして打つようにしています。これで40yが打てます。バックスイングが速いと手でブレーキをかけて手打ちのミスが出ることを学習しました。

 50yはもう少しバックスイングを速くしますが、時に60yくらいになることがあります。このくらいは許容範囲としないといけません。それ以上の距離は普通のスタンスで振り幅を小さくして打っています。

 いずれにしてもSWの上げるアプローチ(ピッチエンドラン)は、ダフりショートもトップオーバーも何でもありの危険な打ち方です。しかし使用頻度は多いので練習しましょう。

 時々あるのがSWで20y打たないといけない場面です。これはSWのパター打ちしかありません。ソール幅の広いSWだとうまくできますが、それがない場合はオーバーを覚悟してPWで打っていました。どちらの場合も8番アイアンのパター打ちよりボールを左足寄りに置いてやっています。

 50y以内のアプローチはできれば2パット圏内に、特に30y以内の転がしはぜひとも2パット圏内に寄せたいものです。パッティングのところで説明するだ円をイメージしてその中に入れてみましょう。

 バンカーショットは・・・誰か教えてください(涙)。たまに30yのSWのパター打ちで逃げています。助けて。

飛ばない人の100切り作戦(4)基本戦術

ラウンドの際に考える戦術です。2002年初稿、2007年加筆した前回の原稿を原形をとどめないくらい改変しました。

 まずは「ボギーをとりたい、あわよくばパー」というホールと「ダボで御の字。大叩きしないように」というホールを区別します。おおまかには前者はPAR5全部、短いPAR3、短いPAR4となりますが、スライサーなのに右が池だとか、難しいホールとかはもちろん後者になります。これを無視して後者のホールで2オン狙いにこだわると大叩きの可能性があります。

 たいてい「ダボ狙いホール」は多くて半分くらいでしょうから、それらを確実にダボにして(たまにはボギーもあるでしょうけどもトリもあるはず)、残り9ホールを平均ボギーにすれば99になります。こう書くと厳しいですね(笑)。

 そうするとパーをいくつとれるかでハードルが下がるのがわかります。100切りを目指す者としては実はパーは偶然でしかないので、狙って取れるものではありません。調子のよかった時に偶然パーが数個出てそのラウンドは100が切れ、調子が普通か悪い時は100が切れないということになるでしょうか。

 アベレージ90台への道が遠くなっていく(泣)。

 ですので大叩きホールを作らないことを前提に、「ダボ狙いホール」を6つくらいにして、残り12ホールでボギー狙いというくらいが、安定して90台を出すためには現実的な目標になります。

<難しいホールでどうやって「悪くてダボ」で収めるか>

 ティショットは基本的に180-200y飛ぶクラブで打つべきです。そのためにミスの少ないクラブ選びをする必要があります。飛ぶけれど曲がるクラブというのも1本入れといてもいいですが、曲がってもいいホール限定にして、そこそこ飛んで確率のいいクラブを多く使いましょう。

 まず何も考えずにティショットして、残り距離からプランを考えましょう。次も何も考えずに7Wあたりのウッドを使うと決めておけば楽です。その他のプランもありですが、3打目で80y以上残るプランはやめといた方がいいです。多分100y以上残って3打目も乗らなくなりトリを叩きます。

 やばいのはティショットか2打目のどちらかをチョロにして、3打目で130yとか残る場合です。これはピンチです。多分乗るだろうというのは50y以内がせいぜいでしょうから。チョロの防ぎ方は残念ながらわかりません。ただこの場合はトリでいいやと切り替えた方が無難でしょう。

 実際に最近のラウンド記録を見て、チョロがスコアを崩す(ボギー狙いホールでダボを叩くなど)最大の原因になっているようです。スイングの問題はここでは割愛します。

 結局練習してチョロをなくすということかい。

<ボギー狙いホールでダボを叩かないようにするには>

 ボギー狙いホールというのはティショットを少しくらい失敗しても2オンかそれに近いことができるホールのはずです。3打目があるとすればパターか8番アイアンの転がしでいけるくらいでないとボギー狙いにはなりません。とにかく2オンのプランを立てることです。

 330yPAR4とかで2打目に160y残るプランを立ててティショットをしても、失敗して190yとか残ったら2オン逃し+転がしアプローチすら難しくなります。できる限り180-200yのティショットをすべきです。

 結局ほぼ全てのPAR4で180-200yのティショットをしないといけないってことです。PAR5なら3回全部7Wで打つってこともやっていいかもしれませんけども。また、180-200y打つクラブと7Wなどのウッドを同じフィーリングで打てるように調整すべきです。

<グリーンの狙い方>

 まず自分のクラブの傾向を把握します。ショートアイアンは引っ掛けに注意、オーバーもあるぞとか、7Wはオーバーはまずないからグリーン奥狙いが安全だが右に曲がるからちょい左を狙うとか、そんな感じです。だいたいPWより短い番手ではオーバー対策が必要です。70ySWフルショットは結構危険です。50yくらいだとトップしてもグリーン奥くらいで止まることが多いですし。

 3パットでもいいからとにかく乗せるか(40y以上)、2パット圏内に寄せたいから上りのラインを残すようにとか(20y前後)、意識をしっかり持てば、多少の失敗も許容でき落ち込まずにすみます。100切りには成功体験の積み重ねが重要だと思います。

 バンカーはワンペナ扱いとして基本的に避けましょう。例えば右手前にバンカーがある場合は左奥狙いとかですね。3パットでもいいやと思ったり、グリーンのそばからパターで打てばいいやと思うと許容範囲が広がります。つまりよほどのミスがない限りバンカーに入らないように打つべきということですが、バンカーと同じくらいひどい場所がないかの確認も必要です。

飛ばない人の100切り作戦(3)欲しいけどないクラブ

飛ばない人にとって、既存のクラブは使いにくいです。女性用クラブを見渡しても、最適な設定をしているとは言い難いです。

一つの回答になるのが、私が去年購入した全番手ユーティリティのAcer XDSです。ウッド形状でシャンクが出ないのが最高です。ただこれも1番(16度)からSWまで11本設定があるのは評価できるとしても、まだまだ改善したいところがあります。

http://www.hirekogolf.com/hireko/orderportal/catalog_presentation/by_group/0/148/0/0/0/0/0

私が本当に欲しいクラブは、ドライバーからSWまで完全にフローしたヘッド形状で、以下のようなスペックです。全番手ウッド形状でも、下の番手はアイアン形状になってもどちらでもいいと思います。

1番: ロフト14度 シャフト44インチ 350-400ccくらい
2番: ロフト18度 シャフト43インチ 一昔前の1W形状でややシャロー
3番: ロフト22度 シャフト42インチ シャロー
4番: ロフト26度 シャフト41インチ 3番よりディープで
5番: ロフト30度 シャフト40インチ
6番: ロフト34度 シャフト39インチ
7番: ロフト38度 シャフト38インチ
8番: ロフト42度 シャフト37インチ
9番: ロフト46度 シャフト36.5インチ 
PW: ロフト50度 シャフト36インチ
SW: ロフト54度 シャフト35.5インチ

シャフトの長さやロフトの刻み方は適当です。ヘッドの大きさや形は少しずつ変えていって、隣り合うクラブがほぼ同じ形になるようにしたいです。3番以下が地面から打つことを想定され、2番も頑張れば打てるくらいだったらいいです。

また現状ではこのようにフローしたシャフトが存在しません。現状ではウッド用とアイアン用に分かれていて、ウッド用は39インチ以下には使いにくく、アイアン用は41インチ以上のものが少なくしかも長いクラブはかなり硬く感じてしまいます。もう少し硬さを変化させないといけません。カーボンだったらうまくいっているものでしょうか。作ろうと思えば作れるわけですし。

こんな感じのクラブセットができれば、ウッドは打ててもアイアンは苦手とかその逆は存在しないはずです。長ければ長いほどミスが増えるという傾向はあるでしょうけども、それは宿命ですから仕方ありません。

飛ばない人の100切り作戦(2)クラブ選択

この裏技については、もうお気づきでしょうけどもスイング論とか練習法とかの技術的な部分は省いて、下手っぴや飛ばない人がいかに考えて効率的に100が切れるかという方法論になります。はっきり言って邪道ですから、よい子は参考にしないで下さいね(爆)。

飛ばない人が100を切るにはクラブ選択が非常に重要になります。ミスヒットすると簡単に20yくらい距離が落ちていたのではどうにもなりませんから。

まずティショットで180-200y打てるクラブですが、おそらくドライバーで200y、3番前後のウッドで180yくらいになると思います。で、3番ウッドって、打てます?

とにかくドライバーより少しだけ短いのに、大いに体積が少なくなって、しかもフェースは薄いしで、私は打てるイメージがあまりありません。いや、得意な人はいいんですよ。

私が自由にクラブが作れるなら、ロフトが15-17度で、ヘッドが350ccくらいの一昔前のドライバーのようなやつを作ります。シャフトは43-44インチくらいの長さで。マルマンメガシャトルがちょっと近いですかね。

こんなクラブはどこにもありませんので、仕方なくドライバーでなるべくロフトの大きいやつを選んで(実質13-14度?)、43-44インチになるようにシャフトをカットして、その分ヘッドに鉛を貼るというやり方しかないでしょうね。もう1本同じようにロフトをなるべく小さくして作ってもいいですね。こちらはアゲインスト対策で。

ちなみに350-400ccというのは高反発時代のサイズでしたから、SLEルール適合のものがほとんどありません。非常に残念です。

45インチのドライバーでうまく打てればそれに越したことはありませんが、うまく打てない場合はお試しあれ。私は45インチで200yも飛べばいいやと軽く振っていたら飛距離が落ちたので、重くて短いドライバーの方がよかったかなと反省しています。

次に地面から150-160yのクラブです。これは市販の7W(21度)とか9W(24度)でいいでしょう。ただ市販のクラブはシャフトが軽すぎるかもしれません。カーボンシャフトのアイアンを使っている人だけ合う重量です。スチールシャフトのアイアンを使っている人でしたらリシャフトをお勧めします。NS950GHをお使いでしたらウッドも同じNS950FWでいいでしょうし、DynamicGoldでしたら同じようにウッド用シャフトがありますので。

このクラブはアイアンと同じく距離を合わせて打つクラブですから、カーボンシャフトにして距離を稼ぐ必要はないはずです。

その次に、150y以下のクラブですが、25度くらいのUTを1本(できれば手持ちのアイアンの4番アイアン用シャフト)、あとはロフト30度(今時のは6番)以下のアイアンで十分です。このUTもアイアンと同じ感覚で打てないといけませんから、できればあまり形が違わない(グースネックのアイアンに出っ歯のUTを合わせると混乱する)方がいいです。できればロフト30度もUTがいいのですが、そんなUTは世の中になかなかありません。

ドライバーを2-3本、FWを1-2本、UTを1-2本、アイアン6-7本、こんなセッティングでいかがでしょうか。

飛ばない人の100切り作戦(1)ショット

本来ゴルフのホールというのは普通の人がパーオン(PAR4では2打目でグリーンオンするとか)するように作ってあるはずです。しかしヘッドスピードが出ないとか、ドライバーが当たらなくて2打目に長い距離が残ってしまうとか、そういう人が100を切るためにはどうすればよいか、自分に向けて(汗)もう一度書き直してみます。

まずPAR4のコース設定(もちろんレギュラーティ)から考えます。ハーフの9ホールでPAR4は5ホールありますが、そのうち2ホールは370y以上でパーオンは厳しく、3ホールが350y以下であまり無理しなくても2オンが狙える可能性があるホールになるでしょうか。私のラウンド記録を見るとほぼこの傾向に当てはまります。

380yくらいですとドライバー200y、5番ウッド180yくらい最低限打てないとパーオンしません。現実的にはドライバー220y、6番アイアン160yでやっとです。2オンは無理ですから捨てましょう。

ドライバーが苦にならない人であれば、160yも飛べばいいやと思って気楽に打ちます。220y残りますから、7番ウッドで150-160y、3打目は60-70yですからSWで打ちます。こんな感じでしょうからダボかトリになると思います。できればダボで収めたいところです。

いや待てよ、ドライバーで160なら7番ウッドでもいいのでは、と思った方、正解です。7番ウッドを2回続けて打つ方が調子はよくなるはずです。でもドライバーが思いがけずうまく当たって200yも飛んでしまったということがたまにあるならば、ドライバーの方がいいかもしれません。統計をとって確率さえよければ、ですが。

またフォローの風であれば7番ウッドの高弾道は非常に魅力的ですが、アゲインストならば少しでも低弾道になるクラブで打つべきです。

一方340y以下のホールですが、ティショットで180y打っても実は160yも残ってしまいます。でも短いホールで2オンを狙ってボギーを取らなければ、100を切ることは絶望的です。2オン逃しのアプローチを乗せて2パットか、ぎりぎり2オンして納得の3パット

もうおわかりかと思いますが、飛ばない人が100を切るには、150-160y残った時にウッドを使って乗せることが必然となります。そのためには練習ももちろんですが、アイアンと同じ振り心地のウッドが必要です。またアイアンとの球筋の違い(スライス傾向とか、オーバーのミスがあるかどうか)を把握しておかなければいけません。

おそらく7番ウッドはオーバーのミスはないはずです。2打目で狙う時はグリーンセンターかやや奥に狙いをつけ、ミスっても手前になるようにします。グリーン手前を狙って手前にミスしたらバンカーかもしれませんし。奥に乗ったらうまく打てたわけですから、喜んで3パットしましょう。

ちなみに短いPAR4はグリーン回りが難しいと思った方がいいです。打ってはいけないエリアだけ注意して、自分のミスの傾向からそこには行かない攻め方が必要です。ただし攻め方を決めたらそのエリアのことは忘れましょう。無意識にそこに打ってしまいますから。

<課題>ティショットで180-200yくらい打てるクラブ(1-3本)と地面から150-160y打てるクラブ(1本でいい)を見つけること
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。