民主党代表選挙

昨日民主党代表選挙があり、野田財務大臣が代表(次期首相)になることが決まりました。

この選挙は小沢さんの支持をどうとりつけるかが最大の焦点になっていたようです。世論調査で一番首相にふさわしいとなっていた前原さんは得票が伸びませんでした。まあ今回はサポーター投票もなかったようですし、国会議員だけで決めるとこうなりますね。

結局1回目の投票で小沢さんの支持を取り付けた海江田さんが過半数をとれず、2回目の投票で反小沢で結束した人々が野田さんに投票して、野田さんに決まりました。

小沢さんも自らの推した候補が3連敗とのことで、このまま権力を失っていくのか、党を割って飛びだしていくのか、動向が気になります。

日本にとってみれば、野田さんが首相になってよかったのではと思います。市場の動きを注視する財務大臣と揶揄されていますが、外国人参政権反対派でもあり(!)、あまり悪いことはしそうにありません。中国・韓国・北朝鮮とも(他の民主党の人に比べて?)距離を置いているようで、早くも海外メディアから警戒されているようでよかったです。

そのどさくさにまぎれ、管首相は朝鮮学校の無償化を進めるよう指示したようです。最後までこんなですから・・・

ともかく、人権擁護法案(人権救済法案)とか外国人参政権とか、そのあたりのやばい法案を通さないまま、あと2年が過ぎ去ってくれることを願います。とにかく日本の国力を落とさないこと(何もしなくていいから)、これを最重要課題としてやっていただきたいです。

震災復興を進めることももちろん必要ですが、邪魔をしなければ普通に進むはずです。

野田さんと言えば増税路線がクローズアップされますが、ぜひとも無駄遣いを整理した上で増税していただきたいと思います。支出が増えても有効に使っていただけるなら文句は言いません。それがマニュフェストを守ることにもつながります。何もしないで増税するなら解散ですね。
スポンサーサイト

何かが起こらなければいいのですが

今日の新聞を見てびっくりしました。島田紳助さんが暴力団関係者との付き合いにより引退に追い込まれたというニュースです。

詳しくは知りませんが、今までも芸能人が暴力団関係者のパーティーに出席したとかで問題になったことはあったと思うのですが、引退というのは一体何があったのだろうかと思います。

まあそれはそれで、Yahooのコメント欄を読んでいて気になったことが一つあります。連日メディアをにぎわせるような大ニュースがあった時は、その裏で何か国民に知られてはいけない動きがないか警戒せよ、というようなことをある方が言われていたとのことです。

フジテレビ(紳助さんのメインの仕事場?)に対する反韓流の動きを封じるという見方もあるようですが、そのくらいだったらいいのですが。

一番やばいことを想像すると、人権擁護法案がとうとう審議入りするということでしょうか。

韓流押しつけ反対デモとそれを報じないメディア

高岡蒼甫さん、ふかわりょうさんの勇気ある発言に続き、8月21日にフジテレビのお膝元である東京のお台場で大規模な反韓流デモがありました。こんなに大規模なデモはいつ以来だろうというようなものです。日本人も変わりました。変わらざるを得なくなったのでしょうけども。

それを報じた国内メディアは2社のみのようです。J-CASTとスポーツ報知。いずれもYahooでコメント欄がついていてかなり激しく書き込みがあります。投稿規制がかかったという書き込みもありました。

その反面、その前の日にあった新潟での復興支援K-POP特別講演については複数の国内メディアは取り上げているようでした。「43000人が熱狂」という記事もありました。他の記事では「反韓流デモよりひと桁多いファンが熱狂」とありました。

ところで反韓流デモの人数はスポーツ報知で4000人と報じられていました。スポーツ報知は同時にK-POPライブも報じていて、こちらの方が文字数ははるかに多かったので、大いに配慮していることが伺えます。J-CASTの方はどうだったかと検索していますが、Yahooではコメント欄付きの記事が引っかかりませんので、どうしたのでしょうか。

そのニュースだけを見ると何もわかりませんが、コメント欄を注意深く読むと、実際はお台場のデモは38000人、新潟のK-POPは5000人までいないのではというのが真相かもしれません。これが本当だとすると、ひどい捏造です。

ちなみに某テレビ局はK-POPのライブを中継していたようですが、観客席全体が見えるようには映さなかったとのことです。お台場のデモに参加した人からの書き込みでは、「どうみても1万人以上はいた」とありました。もしニュースの数字が本当であるなら、ちょっと見るだけでわかるようなものです。どちらかが嘘をついているのです。

少なくともK-POPチケットは多数売れ残りがあり、4万人も来たら大渋滞するはずの新潟が平穏だったようですから、43000人はあり得ないという見方が大勢のようです。

まあこれだけ見ても、メディア各社のゆがんだ報道姿勢が透けて見えます。「事実を正確に伝える」どころか、「捏造も辞さない」ということです。捏造発覚については過去にいろんな放送局が処分をしていましたが、今回はどうなることでしょうか。

多くの国民は、韓国文化が日本に入ってくることは拒絶しない姿勢だと思います。しかし韓国の人や文化、食べ物を必要以上にプッシュしたり(笑っていいともで話題になりましたね)、数字をごまかして実際以上に人気があるようにアピールすることを拒絶するのは当然とも言えます。

高岡さんやふかわさんはそういうごく当たり前のことをブログとかツイッターで書きましたが、激しい批判を受け、今後の芸能活動に支障が出るとも言われています。私には伝聞でしかわかりませんが、本当であれば悲しいことです。何でも言い合える日本であってほしいですが、マスメディアがこんな感じのようですので、当分は無理かもしれません。

私の中でのテレビの重要性はどんどん薄れています。野球とサッカーとゴルフと歌番組と旅番組でもあればもう他にはいらないという感じです。録画して後で見るのがほとんどですからCMはほとんど見ません。バラエティは面白くないのでほとんど見なくなりました。ニュースも新聞とネットで見ています。こういう人は結構いるのではないかと思います。

カープ中日に2敗1分け

せっかく阪神に3連勝したのに中日に2敗1分けでは意味がありません。水物と再三言っている打線が打てなければ、盗塁もない、機動力もない、と、投手陣が0点に抑えるか、相手のエラーがなければ勝てません。相変わらず学習能力がないと言わざるをえません。

前にも書きましたが中日との試合は1点か2点の勝負です。2点取られたら結構な確率で負けますし、1点でも五分五分です。投手陣が0点に抑えるのは期待してはいけませんから、どうやって2点を取るか考えないといけません。考えているはずなんですけども。

この3連戦では1-1、0-1、1-2と、投手陣は何と3試合で4点しかとられていません。これは相手が貧打の中日打線とはいえ誉めるべきです。しかし打線は3試合で2点しかとれていません。では相手が素晴らしい中日投手陣だから相手を誉めるのでしょうか。違いますよね。

今のカープは長打がめったに出ませんから、戦略としてはノーアウトの走者が出たらバントして1アウト2塁にして、その次と次の次の打者が運よくヒットを打ってくれることを願うだけです。運よくといっても得点圏打率が1割3分の嶋がそんなに打てるわけはありませんし、得点圏打率が2割5分ある打者でもいい投手に対しては2割以下しか打てないでしょう。

すると1アウト2塁のケースがいくつあると1点入るでしょうか。多分5回くらいでしょう。中日相手だと1試合に5回もそんなチャンスはないでしょうし、実際この3試合で1アウト2塁もしくはノーアウト1塁があったのは11回、そのうち点が入ったのは何と1回だけでした(バントできる選手はまず間違いなくバントしている)。

結局先頭打者が出塁した場合、バントをするというのはあまり点に結びつかないのかもしれません。またバントできない(させない)選手が打ってもヒットになる確率は(つまり2本続けてヒットが出る確率)ものすごく低いです。

先頭打者が出塁して盗塁する場合はどうでしょうか。10回先頭打者出塁の機会があって、半分盗塁を試みてそのうち6割が成功するとすれば、ノーアウト2塁のチャンスが3回できます。残りは1アウトランナーなしが2回、0アウト1塁が5回ですから、確率を考えるとノーアウト2塁をたくさん作った方がいいような気がします。バントすれば1アウト3塁で、内野ゴロでも1点入る場面ができますし。

あとは選球眼です。3ボール2ストライクから無理に打ちにいくのではなく、逆方向狙い一本やりで最後までボールを見る、難しいボールはファウル、これで出塁率がかなり違うはずです。

今のカープの戦力で点を多くとるには、こういう地道な作戦が必要です。嶋とバーデンを二人ともスタメンにするなんてもったいないことはやめましょう。そして盗塁成功率8割以上の赤松をスタメンで使いましょう。

2割5分打てて全部盗塁を試みれば、20打数5安打ですから20打数で4回ノーアウト2塁の場面が作れます。足の速い選手をたくさん起用して、1試合につき2回くらいノーアウト2塁があれば、1点くらいは取れるでしょう。もちろん2アウトから出塁して盗塁しても一気に2アウト2塁になりますし。

ツインエア鳥取までドライブして高燃費(560km)

一泊二日で鳥取まで行ってきました。往復で435km、結構疲れました。

燃費はかなり上がりました。行きの津山までの高速が20.1、津山から智頭までの国道53号線が22.8、智頭から鳥取までの高速が何と26.7です。帰りは鳥取から智頭までの高速が18.2、智頭から津山を過ぎて岡山までの一般道が20.0、岡山からの高速が20.8というデータでした。

一般道でも流れがよければ20くらい出るというのは結構すごいです。今回は中国山地越えですから行きと帰りで燃費の差が出ています。智頭から鳥取の高速26.7というのは下りが多い区間です。津山から智頭の22.8も同じでしょう。平地では一般道も高速も20くらいと思っておけば間違いないでしょう。

ちなみに岡山からの高速では途中まで19.8くらいでしたが、最後の10kmで雨が上がっているのに意味不明な50キロ規制があったので、仕方なくいつもなら追い越している80km/h強のトラックについて走ったところ、20.8まで燃費が伸びました。つまりその区間だけだと25くらい出ていたかもしれません。おそらく一番燃費が出る速度は80-90km/hくらいなのでしょう。

デミオよりは明らかにいいです。ニューパンダさんと比較すると、一般道長距離は2割くらいよさそうですが、高速での通常走行時は同じくらい、ゆっくり走ると2割くらいよさそうです。

高速をおりてすぐに燃料警告灯が付いて、すぐにガソリンを入れたら30.0L入りました。タンク容量が35Lで、燃料警告灯が付くと5L残りとマニュアルに書いてありましたがぴったりです。

今後の燃費計測が楽しみになりました。

肝心の乗り味ですが、2000回転強までは鼓動感があり、ハンドルに振動が伝わってくるくらいですが(手のしびれは少しであまり気になりません)、2500回転以上で巡行すると嘘のように振動が収まりスムーズになります。

山道ではオートマモードだと結構低いギアで走りたがります。下りで40km/h強の時、勝手に2速に下げられて3500回転くらい回っていた時もありましたが(T_T)、タコメーターを見るまでそうとは気付かなかったくらいスムーズでした。登りではもっともっと回したくなりました。山道楽しかったです。

しかし足元が窮屈で、特にアクセルペダルをわずかに踏みっぱなしのとき(つまり普通の速度での巡行時)、足首の曲がりがちょっときついです。頑張れば2時間くらい持ちましたし、慣れれば何ともなくなるかもしませんが。ポジションはシートを目一杯上に上げて、結構前に出して背中は直立に近いという感じです。

カープ3連勝ではありますが

思いもよらぬ3タテで、何とAクラスにまた戻ってきました。しかし投手陣の頑張りで勝てたようなもので、打線と采配についてはまだまだ疑問だらけです。

昨日はジオの乱調がありましたが、相手のエラーで勝てたようなものです。相変わらず足の使えない攻撃で、唯一赤松がひとつ盗塁しただけです。

おとといは12安打とかなりよく打ちました。これだけ打てれば勝てますが、水ものですから。嶋が4安打と当たりまくったのですが、嶋がこれだけ打てば勝てるということなのかもしれません。でも当分こんなことはありません。12番コンビで合計4安打2四死球ですが盗塁は全体でゼロです。天谷と丸は4打数ノーヒット。

その前の日はまえけん8回1失点と好投、打線は8回までやっと1点でまえけん降板、しかし藤川の乱調で奇跡的に9回に2点入りまえけん勝利投手の権利、という危ない試合でした。盗塁は中東、丸、赤松で1つずつ。12番コンビはノーヒット。まあ能見がよかったので仕方ないでしょうか。

こんな具合で、よく3つ勝てたなという試合でした。勝てたからいいというのでなく、修正はやはり必要です。

バーデンは上向きですが、得点圏打率はよくないですから、7番か8番がいいでしょう。

12番コンビの両方左打者というのは、ピッチャーの代打に左打者が出てきて、左投手をぶつけられると、ほとんど何もできません。それ以外でも、左打者のこの6試合での対左投手の成績は散々です。数字だけみると3割打っている選手もいますが(木村とか)、いつ誰から打ったんだろうと思うくらいです。

今日からの中日戦、先発は右の吉見、伊藤、山内でしょう。しかし左のリリーフはたくさんいますので、左投手対策は重要です。中日は8月に入り、3点以上とられた試合は3つだけです。1-2点勝負ですので、カープの先発がこけるとまず負けます。先発はバリントン、篠田、大島でしょうか。うーむ1勝2敗で行ければいいくらいか。サファテは3連投なので今日はお休みでしょうし。

で、とにかく機動力。盗塁とヒットエンドラン、セーフティバント、積極走塁。

FIAT500ツインエア慣らしドライブ

慣らし第一弾として瀬戸内海の海岸沿いを走り、岡山の玉島から北上して、矢掛で西に、という具合のドライブをしてきました。昨日よりかなりツインエアの味がわかるようになりました。

発進時にはぶるぶる、とまるで馬のように、モトグッチネバダ750やBreva750で感じた時の半分くらいの鼓動感が味わえました。向こうは二気筒750cc、こちらは同じく二気筒の875ccですから、同じような味であっても不思議ではないでしょう。

速度一定で流している時はそれ程感じませんが、やはりドロドロ、トコトコというような味わいがあります。ノッキングしているのではと思うこともありますが、その時でも1500回転とか2000回転とかですからノッキングではありません。2000回転以下から少しアクセルを開けるとこれまたいい感じです。

ただ普通の人が運転すると、ボロいと感じるか壊れそうと思うかもしれません。スタイリングに惚れて間違って?ツインエアを買ってしまったような人だったら、返品しようと思うことでしょう。旧型フィアット500の再現という意見もありますが、残念ながら昔のは乗ったことがありません。

旧車とかチューニングカーとか表現されることが多いですが、私は旧車に近いと感じました。カーグラTVで松任谷正隆さんが「トラックのような・・・」と言われていたのも一理あると思います。

振動が多い、ボロいというのは現代の普通の車には致命的な現象ですが、フィアット500と組み合わせると最強になります。逆に壊れないのが物足りなくなるはずです(それはないか)。VWビートルやローバーミニでも同じでしょうけども、冒険できなかったようでそうはなりませんでした。

しかもアイドリングストップ(スタート&ストップと言う)まであります。これは旧車オーナーでしか味わえない、現代の車では起きようのないエンストという自虐的な楽しみを、見事に「エコ」というキーワードと結び付けて再現してしまいました(違う違う)。

今回80km余りのドライブでしたが、休憩をほとんどしませんでしたがもっともっと走ってもいいと思いました。振動や大きめのエンジン音(デミオより500回転以上高いところを使って走る)で疲れるのではとも思っていましたが、大丈夫でした。

ちなみに燃費ですが、最初の数キロはすごく悪くて、デミオでは15km/Lくらい行ってるかなという状況で10から12という寂しい値が続きました。しかししばらく走っているとだんだん上がって行き、15まで上がり、その後最後の20kmくらいだけ単独でデータを取った値では17まで行きました。もちろん信号が少ない流れのいい道でのデータですが、道路状況だけでなくエンジンが馴染んだせいもあるのではないかという感触でした。

昨日から今朝にかけての混んだ道ですと6とか7でしたから、ひょっとして不良品?と思ってしまいましたが、多分大丈夫です。このあたりはこれから念入りにデータを取ります。ちなみにどうせ10%くらいいい値が表示されているはずで、実際はたいしたことがないという可能性は大です。

昨日はこれからこいつとうまく付き合えるかとかなり不安でしたが、今日はかなりいい相棒になるのではという感触を得られました。

フィアット500ツインエアPOP納車

待ちに待ったフィアット500が納車されました。

第一印象はなぜか今まで乗った2台のツインエアとは違います。走行6kmの新車とある程度ならしの終わった車とでは違うのかもしれませんが、渋滞のある帰り道では低いボロボロというような音で淡々と走っていました。もちろん楽しい楽しいというような感覚ではありません。

こんな感じで、加速時ゆっくりアクセルを踏んだつもりでも2500回転くらい回っていて、ちょっと踏んだら軽く慣らしの一応の上限である3000回転は軽くオーバーしそうです。そしてこの位の回転数では静かです。乗り心地もニューパンダさんよりよさそうで、デミオと同じくらいかもしれません。小回りもデミオと同じかそれ以上かも。

一つ困ったのは、足元の狭さはいいとしても、太ももに挟まれた@@@がかわいそうなのです。ポールポジションというやつを厳密にポジショニングしないといけないというと大げさでしょうか。こんな心配をするのは私くらいでしょうし、それは@@@のサイズのせいではなく太ももが太すぎるせいなのでしょう。

まだまだおっかなびっくりで、おそらく1週間くらい乗ると普通の人が感じる感覚になって行くのではと思います。いつもそんな感じです。

右打者をもっと使いましょう

野村謙二郎監督の采配に対して「左右病」と称されることがあります。右投手には左打者、左投手には右打者、というのに異常にこだわるということでしょう。

私のようないい加減なアマチュア評論家でも語れるのが、ある打者の対右投手と対左投手での比較です。例えば東出は対右で.270、対左で.321と、左投手の方が打てていることになっています。木村は対右で.289、対左で.276とほぼ同じです。丸はと言うと対右.272、対左で.205と明らかに左投手を苦にしています。嶋は右投手でしか出てきませんが、.226と全く使えるレベルではありません。天谷は対右.260ですからまだましですが、対左になると.071と散々です。

では東出と木村は対左投手でも打つのかと言うと、少なくとも8月に入って相手チームの左投手の先発が2回ありました。8/4横浜リーチ、8/9ヤクルト石川、あと巨人沢村先発で早々に交代し、金刃や高木が中継ぎになったしあいもありました。この3試合では2人は打てていません。どうでもいい左腕は打てても、いい左腕では素直に右打者を並べた方がいいのではと私なんかは思ってしまいます。

何でこんなことを書くかと言うと、能見相手では東出と木村は手も足も出ないのかなあと今日の試合経過をみて思ったのです。今7回の攻撃ですが、ヒットを打ったのは丸1本、石原2本、広瀬1本ですから。やっぱりって感じです。

左右病と言われる割に、東出と木村は不動の12番になっていて、案の定打てていないというのは不思議なものです。中途半端な左右病です。

で、対左投手に右打者はある程度有効というのは何となくわかりました。では対右投手ではどうでしょうか。

ずらっと左打者を並べるのも一つの方法です。しかし左打者はランナー1塁の時ヒットエンドランがやりにくいですし、球の速い投手の場合特にライト方向への進塁打が打ちにくいです。

ちなみに広瀬は対右.310対左で.276、栗原は対右.283対左.282と同じくらいです。石原とバーデンは極端に右投手が打てませんし小窪も対右.236と悪いですが。ちなみに井生は対右.400対左.283となぜ二軍?って感じですし、同じく二軍の山本は対右.500対左.350という凄まじさです。東出や木村とデータの使い方が明らかに違います。

中日の荒木井端コンビが全盛期の時はかなり苦労したはずです。徹底した右方向のバッティングです。今のカープにもそういう存在があるといいと思います。機動力野球には右方向への打球は欠かせないと思います。足の速い右打者、赤松と小窪でもいいです。井生でもいいです。この辺りで12番というのを見てみたいです。

私の考えでは右打者中心で打線を組んで、左打者はそれを補完する存在とします。右打者はあまり右投手を極端に苦にしないというのもあります。今までの推奨スタメンでは現有戦力をもとに考えてみたのでちょっとその考え方とは違うことを書きましたが、今のカープではもっと右打者を使うべきと提言したいです。

医療はもっと適正化できる?

病院を受診して、そこで支払う医療費、高いと思われることもあるでしょう。Yahooニュースのコメント欄でも「医療費が高すぎる」という書き込みはたくさんあります。で、本当に高いのか、皆さんご存知でしょうか。

実は日本の総医療費は先進国の中では一番安い(GDPに対する医療費の割合)ようです。よく盲腸(虫垂炎)の手術と入院費が例に使われていますが、日本より安い国というと東南アジア諸国くらいという感じです。香港、台湾、北京は日本より高いですし、これは2000年の資料ですので中国での医療費は上がっていると思います。

さらに日本では健康保険がありますし、高額医療費は申請すれば戻ってくるという仕組みがあります。

ちなみに身近な例ですが、月に1度病院にかかっているうちの祖母が、風邪をひいて同じ病院をその予約日以外に受診して、風邪薬を処方されました。これっていくらだと思いますか?病院に支払ったのが250円弱、薬局に支払ったのが250円弱、合わせて確か480円でした。どうでしょうこれって。

そして勘のいい方でしたら、診察料と薬剤費がほとんど同じかと思われるでしょう。そういう問題も結構あります。実は再診料(2回目以降受診の患者さんの診察費用)より調剤薬局に支払う技術料の方が高くなるケースが多いのです。医師の技術料が600円、それより薬局の技術料の方が高いとは・・・トホホ。もちろん診察を受けずに一般の薬屋さんで風邪薬を買う気にはなりませんよね。

その反対として高い医療費の代表です。まず透析料金、つまり腎臓が悪くて人工透析をする場合、一人につき年間500万円くらいかかると言われています。この場合基本的に全額公費負担。ちなみに透析患者さんは日本全国に30万人いらっしゃって、年間に総額として1.5兆円・・・。ちなみにこの中には透析を受けながら仕事をされている方もいらっしゃれば、透析以外は寝てばっかりという80台後半の認知症の方もいらっしゃいます。

その次に高い医療費として、寝たきりで自分では食事ができず、栄養剤を管から流し込んで生きている方が典型的です。会話ができて生きる喜びがあればいいのですが、ほとんどコミュニケーションがとれないのにこの状態であれば、逆にかわいそうになります。療養病棟入院費用は1日につき1万円以上ですから、年間300万円以上にはなりますね。こういう方が30-40万人いらっしゃると言われています。年間総額で1兆円以上・・・

国はこの療養病床は廃止するつもりでしたが、受け入れ先の確保が進まず(自分で数を規制しているので当然ですね)、廃止は延期になったようです。今では痰の吸引やインスリンの注射は看護師しかできず、介護施設にはこのままでは入れません。将来的には介護士でもこれらが可能になるでしょう。これで特別擁護老人ホーム(生活全介助の場合1日1万円程度、介護保険利用可能)に入ることができますが、非常に数が少なく常時入所待ちです。

今の日本には認知症の透析患者さんとか、食事がとれない高齢者を長生きさせる余裕はないと思うのですが、その他の医療を激安にすることでどうにか成り立っている面があると思います。

医療ではありませんが、生活保護の支出が年間3兆円、パチ○コ業界の純利益数兆円(らしい)、このあたりも考えるところです。日本にはこんなところに支出する余裕はないはずですが・・・

私の住んでいる地域では、診療所(医院、クリニックと呼ばれているところ)が廃止になったり、病院が無床診療所に格下げとなったりと、本当に必要な診療すら削られているのではないかと不安でたまりません。新規開業なんて事実上無理でしょう。よほど頑張って休みなく働くか(病気で入院したら終了)、自由診療をとりいれるかしないと難しいです。

30年前の医療レベルと今とを比較して、果たして何がよくなったでしょうか。もちろんよくなった面もたくさんありますが、医療を通して幸せになったかというと明らかにそうだとは言えないでしょう。困ったものです。本当に必要な部分にもう少しお金をかけないと。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR