スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年のカープは期待できる?

栗原と廣瀬の残留表明、そして栗原のゴールデングラブ賞とベストナイン(1塁手でのベストナインはすごい!)、とめでたいニュースが続いています。今年は例年に比べて期待が持てるシーズンでしたが、来年はどんなものでしょうか。

投手力についてはルーキーの野村が10勝くらい期待できそうな前評判ですので、先発陣はかなりよさそうです。バリントン、まえけん、福井、篠田、野村と十分5本柱です。大竹と斉藤の復活があればすごいことになります。

もちろん中継ぎが最大の課題であることは間違いありません。ホールドポイントのトップ30の顔ぶれを見てみますと、防御率3点以内でないと厳しいです。ちなみに今村4.69、上野5.53、豊田3.08、青木高3.27、岸本4.17と散々です。

そんなに中継ぎがいいとは思えない(失礼)横浜だと江尻2.06、牛田3.69、篠原1.84、藤江1.58、大原3.05と完全に負けています。その他防御率3点以内で20投球回以上投げている中継ぎは中日4人(3人が1.5点以内!)、ヤクルト2人(3点台が2人いる)、巨人3人、阪神3人と、カープはダントツセリーグ最下位の中継ぎ陣となります。

せめて防御率2点以内が1人、2-3点が2人くらいいないと上位進出は難しいということでしょう。最高成績の豊田が引退してしまいましたので、現有戦力の底上げで半分(今村頑張れ)、新戦力(ミコライオ?)で半分と期待したいです。

打者の方は数字だけみるとそれほど悪いわけではなく、チーム打率は.245と何とセリーグ2位です。ホームラン数は52とダントツ最下位、そのせいで得点数がセリーグ4位になっています。しかし1試合あたりの得点はトップのヤクルトが3.36点でカープは3.05点であまり差がないように思えます。パリーグ最高の西武でも3.97点です。

今年データを詳しく見た感じでは、チャンスに打てていないのが明白でした。以前「真の得点圏打率」と書きましたが、接戦の試合の4-8回で得点圏にランナーがいる時の打率はかなり悲惨でした。得点圏打率全体よりはるかに落ちるわけで、これは確実にメンタルの問題でしょう。

攻撃陣での新戦力はおそらく外国人一人になるでしょうから(今頃やっと確実性より長打と言うようになった、しかも外野手)、うまく当たればいいのですが。あとは岩本、松山のさらなるレベルアップと、それから早く堂林が出てきてほしいです。開幕からサードで起用して経験を積んでもらいたいです。フェニックスリーグで3割8分打ちましたので期待しています。

それから盗塁数を増やさないと話になりません。安部に期待したいです。東出は丸より少ない盗塁数を反省しないといけません。梵と天谷も同じ8盗塁です。守備と走塁は水ものではありませんから、カープはここを磨くしかないはずです。

結局のところ、新しい力が出てこないと期待薄のようです(大汗)。
スポンサーサイト

うちのPING EYE2 ベリリウムカッパーのスペック

PING EYE2ベリリウムカッパーですが、ヘッド重量にかなりばらつきがあります。

うちの実測値ですが、3番241g、4番247g、5番251g、6番260g、7番264g、8番273g、9番278g、PW288g、SW299gです。通常1番手につき7g、0.5インチの差がつくことが多いですが、6番と7番の間が4gだったり7番と8番の間が9gだったりとばらばらです。

5番に4g、7番に4g、8番に2g、9番に4g、PWに2-3gくらい足すとまあまあいい感じのフローになります。すると5番が255gとなります。

ジオテックのスイングウエイト計算プログラムで、ヘッド重量254gの5番ヘッド+NS950GH-R+ツアーベルベットラバーで38インチ仕上げにした場合、D1.1と計算されました。ですのでこのEYE2BCもD1.5くらいになるはずです。

今日の練習の具合では、やさしさと打感はマックテックNVGの方が上でした。もっともアイアンらしい打感のEYE2と、UTみたいな打感のNVG、好みが別れます。私はUTみたいな打感も嫌いではありません。

現状では次のラウンドにはNVGを持って行った方がいいような気がします。両方ハーフセットで持って行って、インとアウトでそれぞれ使うのもいいかもしれません。ドライバーはインプレスX4.6D+ALDILA NVS65Rで決まりです。いい感じで打てて200y前後飛びそうです。

PING EYE2ベリリウムカッパー

そしてもう一つはおまけの?ピンアイ2ベリリウムカッパー青ドットです。

このアイアンはゴルフを始めたばかりで、クラブ選びが面白くなってくる前に単品で8番だけ売っていたのを買ったのがはじまりです。デザインがものすごく好きで、世界中の数あるアイアンの中のベスト10には確実に入ると思っています。

以前もアイ2プラスベリリウム緑ドットを買ったことがあったのですが、その時はなぜかリシャフトもせず倉庫に眠っていてそのうち売ってしまいました。なぜ売ってしまったのかは覚えていませんが、その時はアップライトなライ角にはまっていた頃で、i3+緑ドットを使っていた頃でした。

その後もちょくちょく中古クラブのサイトをチェックしていました。特にベリリウムカッパーは今後入手できる可能性がどんどん低くなりますし、一時期より中古が明らかに少なくなっていましたので、早く見つけないとまずいと勝手に思っていて、今回ちょうどいいのが見つかりラッキーでした。

青ドットは普通のライ角である黒ドットのものより1度アップライトで、5番アイアンが62度(37.75インチ)になります。今としては普通のライ角です。ちなみにロフトは28.5度と、いまどきのアイアンより1番手寝ています。

昔からそうですが、このEYE2はなぜか接着力が超強力で、普通の倍の時間ヒートガンを当てても抜けません。今回も結構苦労して抜きましたし、接着剤のカスもなかなか取れなくて普通にシャフトが入るまで掃除するのにかなり苦労しました。20年以上経っているはずなのに驚異的です。

これに今のアイアンからNS950WFを拝借して、3番、5番、7番、9番に入れて打ってみました。すると妙に気持ちよく打てました。例えばEYE2の7番とNVGの8番はほぼ同じロフトですが、飛距離はほぼ同じ。弾道も高すぎず私の好みです。3番アイアン(21.5度)でさえまずまず打てます。コレクションのつもりでしたが、こいつをエースにしたくなってしまいました。

一つ問題があるのがルールの問題です。アメリカPGAツアーでも二度ほどもめています。1回目はEYE2の発売当初で、ラフから打ってもスピンがかかりすぎるとクレームが付き、結局EYE2+が出るまで違反クラブになってしまいました。その次はつい最近の話で、2010年溝規制に反発したツアープロの数人がEYE2ウエッジ(その時は適合とみなされた)を使って抗議したということもありました。

今までルール変更については私は「悪法も法なり」という立場でいましたが、この2010年規制は審査を受けないクラブはすべて不適合という感じのようで、メーカーがなくなっていたり、提出しないような昔のクラブとか、オーダーメイドのクラブとかはおそらく適合になることは稀でしょう。

EYE2+を探して買っても、あと11年したら違反クラブになってしまいます。そんなに長く持っているとは思えませんが、とんでもない悪法には従えません。明らかに性能がいいクラブというわけではありませんから、私は「公正の理念」に従いEYE2でもEYE2+でもどちらでも同じという結論に至りました。

ヤマハインプレスX4.6Dドライバー+アルディラNVS65R

久々に?いろいろ悪だくらみが始まりました(大汗)。

まずドライバーがどうにも飛ばないので、そろそろカーボンを、と思っていたのですが、しろうとさんのブログでALDILA NVSがめちゃくちゃほめてあったので、しかもあまり癖がなさそうな素直なシャフトっぽいということで、ちょうど私の希望に合致、そんなわけで買ってしまいました。

もっとも今のまま、ヤマハインプレスX445D+NS850FW-Rを使って、飛距離アップはスイング改造で、というのが基本路線であったのですが、あまり振っていて気持ちがよくなかったのもありましたし、例のぐにゃぐにゃシャフトのタバタ弾道一直線のイメージはカーボンの方がいいかなと思いました。

倉庫にしばらく前に買ったヤマハインプレスX4.6Dがありまして、これにそのアルディラNVS65Rを入れました。ヘッド重量が200gなので以前の思い出から44.5インチくらいになるかと想像したのですが、長めに切ったつもりが45インチでD3というぎりぎりのバランスになりました。危ない危ない。総重量は313gとまずまずです。

手元の太さが一般的な.600より太く.620でしたので、愛用のゴルフプライドツアーベルベットの.620サイズを買って装着しました。こいつが45gといつもの.600サイズより5gほど軽く、そのためD3というバランスになったようです。

打った感じはまずまず、飛距離は10-20y増という具合です。おそらくシャフトで10y、打ち方で5-10yくらいでしょうか。方向性もいつもとさほど変わらず満足です。ただやはり少し軽く感じることと、なぜかグリップが細く感じました。そのうち.600のに入れ替えると思います。そうすればおそらくD2かD1になるでしょうけども、もう少し軽く感じてしまうかもしれません。

まだ1回打っただけですので、今後に期待です。たまにヘッドスピードテスターでの飛距離で200Y超えが出るようになりました。

シトロエンC3試乗

今日フィアット500ツインエアを3000km点検に持っていって、エンジンオイル、オイルフィルター、ミッションオイルを交換していただきました。その待ち時間でシトロエンC3がたまたま試乗車であったので試乗させていただきました。

シトロエンは、というかフランス車は今まで乗ったことが一度もありません。助手席にさえ乗ったことがありません。運転の楽しさで選べばおそらくイタリア車になるでしょうし、安定感はドイツ車、というように、積極的にフランス車を選ぶ場面がありませんでした。

このシトロエンC3は全長3955mm全幅1730mmと、デミオやポロと同じくBセグメントのサイズになります。エンジンは1600ccで4速の普通のオートマです。フロントウインドウが屋根の前半分まで回りこんでいて、開放感がとんでもなくすごいです。

乗ってみると、すごく幅が広く感じました。500より10cmほど幅広なだけですが、50cmくらいでかいような印象でした。着座位置のせいなのでしょうか。狭い道ではかなり不安に感じました。エンジンはシュイーンという感じでスムーズでまずまずいい感じです。

このエンジンはプジョーシトロエンとBMWの共同開発のようで、MINIと同じもののようです。加速はややアクセルが過敏と思いましたが、それを除いても十分速いと思いました。比較対象がツインエアのエコモードですが・・・。4000-5000回転まで回すのはすっかり忘れていました。

ツインエア乗りからすると高級車でした。乗り心地は不満なく気持ちよく走れました。ENGINEでは各評論家がかなりほめていたようで、いい車なのでしょうけども、強くは惹かれませんでした。帰りの500は非常にほっとしました。

もう少しフランス車ならではの味があったらいいのですが、今時そんなものは求めてはいけないのかもしれません。

妻のポロが今年5年経過して車検を受けましたので、おそらく4年後に買い替えになるはずです。今のうちに候補車選びと称して試乗しないといけません。ただ何となく今のポロになりそうな気がしますが・・・

TTP参加表明

やってもうたという感じです。アメリカの方はあまり期待していなかったのではという見方もあったようですし、実際に危機感を表明している議員たちもいるようです。

ということはアメリカの意見を聞かないといけないという義務感ではなく、本気で日本がよくなると考えて参加表明したのかもしれません。

ただやはりこれはギャンブルです。得をする人もいるでしょうけども、当然損をする人も出てきます。農業で言えば世界中の人が欲しがる、高いけれども特別おいしい米とか果物、野菜を作る人は得をします。逆に庶民の食べるごく普通のものであれば、海外で売るわけにもいかず、逆に海外の安いものに駆逐されるでしょう。

食の安全なんて言葉は過去のものになることでしょうし、貧富の差はますます拡大することでしょう。まあ努力しない人が損をするのなら納得もできますが、いくら頑張っても報われない人が出るはずです。戸別補償を拡大でもするのでしょうか。これはこれで働かない農家を保護しているという批判もあるようですが。

もちろん現状の農業政策の問題を解消する能力があるのなら全否定はしませんけど、少しくらい方法論を示してほしいものです。JAを分解して組み立てるくらいの大作業が必要になるはずです。

経団連が賛成しているのが相当胡散臭いです。現状で苦戦している輸出産業が、TTPで自由化されれば自分たちは相当潤うと考えているようですが、そんなに簡単にいくでしょうか。現状で売れていないのは理由があるはずです。

車なんか相当関税がかかっていると思っていましたが、アメリカに輸出する際には2.5%、EUでは10%かかっているようです。このたったの2.5%が撤廃されたら車が売れるものでしょうか。

また従来は日米の貿易のバランスを取るため、車と医療機器、農産物などには特別な配慮がされていたはずです。それが撤廃されるとしたら、医療機器はひょっとしたら安く買えるかもしれませんが、車は現状維持、農産物は入ってき放題になるのは成り行き上当然に思えます。

そしてもう一つの要因、超円高です。ものを海外に売るのはかなり難しい状況です。円高を放置してTTPを始めるのはそれだけでも危険です。円をたくさん印刷して円安誘導、インフレ誘導をするのが必須条件であるはずです。

その辺りの作戦が全く見えてきませんし、討論番組を見ても賛成派はごまかすような論法で、全く説得力がありません。民主党の福山さんとみんなの党の江田さんが賛成派として出ているのを見ましたが、ああまたいつものやり方ですねと思ってしまいました。

シャフトがしなる

今日例のぐにゃぐにゃシャフトのタバタ弾道一直線を持って練習場に行きました。

まず普通にアイアンを打ち、いつもと同じスイングと飛距離であることを確認し、弾道一直線を連続素振りして、またアイアンを打つというようにやってみました。

弾道一直線は私は結構普通に振れます。動画を見ると普通ではないのかもしれませんが(汗)。軌道がぶれてすごく違和感のあるヘッドの動きになることは半分以上ありますが、少なくともヘッドが体には当たりません。バックスイングでもたまに当たりますがほとんど大丈夫です。途中からくハードに素振りしましたが、それでも体には当たりません。

いつものスイングと比べて間ができているというか、上空で止まっているヘッドを引き寄せるような不思議なフィーリングです。

しかしながら、シャフトがものすごくしなるのを感じ取れました。ぐにゃぐにゃシャフトではなく、いつもしなりを感じられなかったNS950WF-Rです。しなったシャフトを元に戻しながら・・・というように考えてタイミングをとるようにダウンスイングしました。気持ち悪いほどしなります。でもいいボールが出ます。飛距離は5-10y延びたかもしれませんが、しっかり振っているだけで根本的には変わりないような気もします。

これだけでもこの弾道一直線の意義が十分あります。しろうとさんありがとうございます。

そしてもう一つ、不思議なことを発見しました。5番アイアンでヘッドスピードが36-37くらいなのですが、同じ力感で振ったときの4番UTだと34-35です。シャフトが1インチ長く、シャフト重量も軽く、総重量も軽いはずのUTがなぜ、と思いました。ドライバーも38-39ですので、長さを考えるともっと出てよさそうです。1インチでHSが1上がるなら、5番アイアン36、4番UT37、ドライバー41となっているはずです。

これはクラブが悪いか(ニヤリ)。6番アイアンとほとんど同じ飛距離の4番UTのなぞがとけました。

PS.動画を載せてみました。http://www.youtube.com/results?search_query=suiryu08&aq=f

混合診療と特定看護師

混合診療の全面解禁がTTPで取り上げられる可能性を政府が初めて認めたようです。

さて、混合診療と言われても一般の方にはなじみがないと思いますが、医師の間でも賛否両論があり難しい問題なのです。何と何を混合するのかというと、保険診療と自費診療です。

現状では原則として保険が効く範囲内で治療するようにしていますが、必要に迫られて保険が効かない治療(海外では効果が認められているが国内にない治療法や薬など)を併用しようとしてもこれは認められず、もし行った場合は保険診療の部分までも削られてしまいます。

例えばがんの手術をして、健康保険で認められている抗がん剤Aを使ったが効果がなく、海外で実績のある抗がん剤Bを1度でも使ったとしたら、抗がん剤BだけでなくAも、そして手術代、入院費用まで健康保険からは出さないというのです。

どう考えても理不尽ですよね。保険が効かない部分は自己負担でというのはごくごく普通の考え方と思うのですが。これさえ認めれば問題はほぼ解決するはずです。今でも一部の抗がん剤とかは特定療養費という名目で実質混合診療並みの扱いをしていますし、それを少し拡大すれば済むことです。

ただ混合診療賛成派の人々の多くはこの部分に言及せず、混合診療にすればお望みの医療が受けられますよとだけ言います。

混合診療の推進派の顔ぶれを見てみると思惑がよくわかります。保険会社だったり、医療福祉分野に進出している企業だったりします。保険適用外の治療を増やして、民間保険に加入してほしいのでしょう。国としては医療費は少しでも削りたいでしょうから、混合診療解禁には大賛成のはずです。

もちろん保険適用外の治療は増えます。薬局で売っている薬は保険適用から外したいという思惑は今でもあります。漢方薬も外されかかりました。風邪薬、湿布、解熱剤、漢方薬は完全にアウトでしょう。

医療費の自己負担は増え、民間保険の支出額も増え、高い代償を払った見返りは果たしてどんなものでしょうか。アメリカの医療を見れば何となく想像はできますが、ここは日本ですのでそこまではいかないでしょうか。

TTPの縮図がここにあります。

そういえば特定看護師の話題も最近ありました。今でも従来医師がしていた業務を看護師さんや検査技師さんにやってもらうことはありますし、大きい変革ではないのですが、これを法制化すると大問題になりかねません。

事務仕事は大いに事務の方にひき受けていただきたいのですが、たいていの医師は医療行為は自分でやりたいと思っていることでしょう。責任問題にもなりますし、忙しさに負けて仕方なく業務委譲しているはずです。

特定看護師は医師の仕事のどの部分までやるのでしょうか。かなりのことが委譲できてしまいます。産科医や麻酔科医の不足の特効薬として大いに期待されているのでしょうけども、やり方によっては医師のモチベーションが下がります。

まあTTPといい混合診療といい特定看護師といい、ちゃんとした指導者のもとでしっかりとした方針のもとに動かないと大変なことになります。アメリカの劣化コピーになるでしょうから、今のうちに光と影の両面から検証しておいた方がいいでしょう。

野田内閣2ヶ月経過

今朝の新聞で世論調査が載っていました。

内閣支持率は低下し47%、不支持37%、支持政党は民主25%自民21%
TTPに関しては賛成39%反対36%、説明不足という声が多い
消費税の引き上げは賛成50%反対48%
解散総選挙は2013年夏の衆参ダブル選挙を希望が45%、来年前半までが25%

野田さんは民主党の中ではまともな人のようですが、財務大臣時代の仕事ぶりを考えると今の事態は簡単に想像できますから、「何もしないのがいい」と考える人にとっては支持できる内閣なのかもしれません。

しかし本当に何もしていないのかというと、通貨スワップという名目で韓国に5兆円の援助をしたり(タイヤトルコへはいくら援助したか)、円高を容認したり(これは何もしないとは言えないし、介入1回だけでは何の役にも立たない)、TTP参加と消費税10%を強行しようとしたり、と結構いろんなことをやっています。しかも全部日本の国力を落とす方向ばかり・・・

通貨スワップというのは初めて聞いた言葉です。数件ニュースを見ましたがうまく解説されたものがありませんでした。こいつわからずに書いてるかも、と思いました。掲示板の書き込みが一番参考になったという有様です。メディアが書かないということは、何か隠そうという気が満々ということです。

これだけ材料があっても、野田内閣を支持しますか?

永遠のテーマ「ヘッドを走らせる」

スイングを語る上で必須のテーマの一つが「ヘッドを走らせる」です。しかしこの言葉はどう解釈すればいいのか、どう練習したらヘッドが走るのか、わからないことだらけです。

今のところ、グリップはゆるゆるで、タメを作ってダウンスイングをして、リリースの時に手元を動かさずにヘッドだけ動かす、とヘッドが走りそうな気がするのですが、具体的な方法論がわかりません。

ヘッドが走れば、いつもと違う感覚があるのでしょうか。それとも単にスイングの音がいつもより大きくなるのでしょうか。左耳付近で音が聞こえるように振れ、という教えもありますが、全然わかりません。

スイングの途中に手元を止めるなんて不可能?ですから、飛球線方向に動いていた手元を空に向かって動きを変えるような感じかなと思っているのですが、そうするとヘッドが急に地面から離れてしまいそうで、チョロしそうです。

そんなことを考えながら、ついさっき素振りをしてみました。というか実は何も考えずに倉庫で眠っていたPRGR ZOOM040iの3番ユーティリティアイアン+NS950WFを振ってみて、妙に重く感じたのと妙に気持ちよく振れたので、ヘッドスピードテスターを持ち出していろいろ試してみました。

私の希望としては、ドライバーは200y前後(220y以上は不要)、その代わり体にやさしいスイングで軽く振って曲がらないというものです。ヘッドスピード40くらいで達成できそうな値です。おそらく今のスイングでは練習で37-38、本番で36くらいでしょうから、180Yが限界で、当たりが悪ければすぐ160-170yになります。

本番では大事に行こうとしてヘッドスピードが落ちます。普通の人は力んで飛距離が出るようですが私は逆です。腕を使わない意識でスイングしていまして、時々腕を使ってしまって引っ掛けたりスライスしたりしています。

で、例のスチールシャフトのドライバー(ヤマハインプレスX445D+NS850FWの43.5インチ)を持ち出して、ヘッドが走るイメージで素振りをしてみました。途中からヘッドが急上昇するイメージなのですが、ヘッドスピードを上げることができました。40前後が多く、最高42.7まで出ました。ただ結構しんどいですね。30スイングくらいで大汗をかきました。

そのあと練習場に行ってみましたが、ボールを前にすると難しかったです。しっかり体を使うスイングにしかならず、ドライバー180-190y、6番アイアン145yくらいでした。これではラウンドではやはり10y以上落ちるでしょう。先は長そうです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。