スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ昨日の負けから見えること

おとといの10-3の勝ちの直後ですから点が取れないジンクスはあるのですが、昨日のヤクルト戦は先発野村が4回持たずヨレヨレ3失点、中継ぎも2点失い、打線は残塁の山を築き1点しか取れないと散々でした。しかしいろんなことを気づかされる負けであることも事実でした。

まず、野村の疲労です。一時期体の張りを訴えローテーションを一度くらい飛ばして復帰したことがありまして、その後はローテを守り中5日から6日でコンスタントに成績を残してきました。そろそろ疲れを取らないとCSに出てもどうにもならなくなるでしょう。

次に打線の組み方です。以前から三振の多い打者は多くて2人、それも打順を離すべきと書きました。エルドレッド4番、堂林5番というのは最悪だと思います。

そもそも打順を考える上で、4番打者は4番打者らしい働きが求められますが、3番打者を活かす働きもまたそうでしょう。5番打者もそうです。5番打者にある程度打率のいい選手を入れれば4番打者と勝負せざるをえない状況になり、甘い球が増えます。四球でもいいやという勝負を半分諦める方法だと5番打者にガツンとやられるわけですから。

打率イマイチの一発屋を2人並べたら相手の思う壷です。以前ベイスターズ戦でノーアウトか1アウト23塁、次の打者がラミレスとルイーズということがありましたが、これはラッキーと思いました。四球覚悟の攻めができるわけで、案の定その回は点が入りませんでした。昨日のノーアウト23塁でのエルさん、堂林の連続三振はその時の再現でした。その次の打者は迎、当然悪い流れを受けて凡退です。それも外野フライ。

そもそも今朝の新聞でエルさんの肘が悪そうなことを書いてあったので、打てないのに無理して使う意味はありません。途中までは3割打っていましたが、最近は急降下です。休みましょう。

堂林はまだまだチャンスに弱く6番以下がいいと思います。監督に「おまえのせいで落とした試合がいくつもある。逆におまえで勝てたと言える試合を作れ」と言われてプレッシャーがかかっているのかもしれません。

あとは中継ぎと抑え、例えば今村は同点でも時には1点ビハインドでも使われ登板過多です。もう少し考えて使わないとCSまで持ちません。他の中継ぎ陣も同様で、先発が長い回を投げる人がほとんどいないわけですから、2軍と定期的に入れ替えて誰かに3-4回投げさせる役割をさせたりしないと疲労でコンディションが落ちます。
スポンサーサイト

インパクト時の手元をかなり後方に

今日練習してきました。3-4日前の練習で例の左足体重でのアイアンショットにかなり手ごたえを感じていて、今日もまずまずよかったです。飛距離も8番アイアン(マックテックNVGなのでストロングロフト)で125y、6番アイアンで145yくらいとまずまず満足です。ただ今までと比べるとナイスショットの確率は低めです。

UTに持ち替えたあたりでかなり怪しくなりました。それではとドライバーに持ち替えるとまあひどいひどい・・・

ボールを前にするとスイングが窮屈になり、フィニッシュが小さいという問題点は以前から感じていましたが、今日もうひとつ気づきました。インパクト付近で手元がかなり飛球線方向に出てしまっていて、左太ももからはみ出そうな所でシャフトが地面と垂直になっているようでした。

これではボールを左足かかと付近に置いてもうまく打てないはずですし、実際のボール位置はもう少し右です。なぜかアイアンだと違和感なく打てるのですが、長くなればなるほど手加減して当てに行かないとまっすぐ打ち出すことはできないはずです。

ということで、手元をスタンス中央あたりに固定してインパクトするイメージで、早めにリリースするというような感じでやってみました。ものすごい違和感がありましたが、なかなかいい感じで打てることもありました。一番よかったのがヘッドスピード38.9で飛距離196y、球筋は軽いスライスで、まっすぐ出て5yくらい曲がったものでした。これが本番で出れば最高です。

ちなみに今回のドライバーは懐かしのミズノ300S(10度)+NS950DR43.5インチです。球を捕まえる練習のために作ってみましたが、いまどきのドライバーと比べるとフェースが厚いのか打感がかなりいい感じです。本番ではもちろんヤマハインプレスX445Dを使いたいですが。

再現性はまだまだ低く、変な感じでリリースしてしまうことも多かったですが、それでもヘッドスピードは37以上は出ていました。もちろんボールは大きく右に出るとかスライスとかが多く、本番で使える球はほんの1割程度でしたが・・・

この感覚を忘れないようにしないと。あとミズノJPX E600(45.5インチカーボン)でも試してみよう。こっちの方がかなり打ち方を変えないと打ちにくいはずです。

人*権#擁%護&法 何と本日提出?

今朝のラジオで何となく聞いたような気がしましたが、聞き流しそうになっていたので詳しいところまで聞けていませんでした。Yahooで検索をかけてもそれ関係の最近のニュースは全く出てきません。コメント欄ランキングとか新着コメントとかにも全くそのニュースが出てきません。

で、しつこく検索していったら、read2chというところでこの法案復活というニュースが出ていました。ニュースを出させないとか、検索にひっかからないようにとか、何か裏で動いている雰囲気満載です。

韓国とのバトルに国民が気をとられているうちにこの法案を通すということなのでしょう。ひどいものです。

前にも書きましたがこの法案は非常に問題が多く、人権人権と呪文のように繰り返す人にとって非常に有利な法案ですが、そのせいでそうでない人の言論の自由とか脅かされる可能性が大きいものです。

さて、この法案は成立するのか、成立したら誰が得をするのか、その後何が起こるのか、考えたくないです・・・

FIAT500ツインエア12ヶ月点検(8030km)

購入して1年経ちましたので、12ヶ月点検に出してきました。運転していて特に問題があるわけでもなかったですし、結果は特に異常なし、エアコンポーレンフィルターを交換したのとタイヤ空気圧調整くらいでした。

エアコンフィルターはたった1年で交換しないといけないのかと思っていたら、メンテナンスノートブックにはちゃんと1年もしくは3万キロと書いてありました。

その他メンテナンスノートブックに書いてあるのは、
ブレーキ液 6万キロもしくは2年ごと
トランスミッションオイル マニュアル車は初回1500km点検時、ECVT車は(おや?)1500km時と4万キロごと
スパークプラグ 3万キロごと
エアークリーナーエレメント 6万キロごと(取扱説明書では3万キロごと)
エンジンオイル交換 3万キロ(シビアコンディション時は1万キロ)もしくは1年ごと
オイルエレメント交換 エンジンオイルと同じ間隔
不凍液交換 初回3年、以後2年ごと
エアコンポーレンフィルター 3万キロもしくは1年ごと

ちなみにシビアコンディションとは未舗装路走行が多い、氷点下の気温で1回あたり7-8km以下の短距離走行が多い、渋滞路・低速度での走行が多い、月に1-2回しか乗らない、市街地走行が多い、トレーラーを牽引することが多い、とあります。うちの500は当然ながらシビアコンディションです。

トランスミッションオイル(もともと構造はマニュアル車ですから)については1500kmで交換すればあとは無交換なのかと読めますし、実際取扱説明書の方を見ても9万キロと18万キロで量をチェックするようにとだけ記載があります。大丈夫なのでしょうか。私は3000kmあたりで交換しているはずなので、次は車検の時かなと思っています。

デュアロジックはマニュアルトランスミッションを機械でコントロールしている構造ですので、ギアが入りにくい状態にさせるのは禁物です。機械で強引に押し込んでさらにトランスミッションを痛めてしまうはずですし、デュアロジックにも負担がかかって壊れやすくなるのではと想像します。

デュアロジックオイルについてはメンテナンスノートブックには記載がなく、取扱説明書には3万キロもしくは1年ごとにオイル量の点検をするようにと書いてあります。ただ早いうちの交換を推奨するショップがあったりそうでない場合もあったりしてショップレベルでは統一見解はないようです。ちなみに私が購入したところは交換しないでいいというスタンスのようです。

不凍液(クーラント)とブレーキフルードは実は私は交換を依頼したことがありません。買い替えサイクルが早いのが原因ではありますが(汗)。ただ両方とも2年ごとに交換したほうがよさそうです。

結局のところ3年しか乗らず手放してしまうならあまりこれらの気遣いは不要なのですが(汗)、まあ次のオーナーのことも考えるということにして、ある程度まめにメンテしてやろうと考えています。今のところまだまだ気に入っていますし、今事故で廃車になってしまうと仮定しても次の車が見当たらない状態です。

従軍慰安なんとか問題と橋下市長

昨日従軍慰安なんとか問題に対して橋下市長がコメントしたことで波紋を呼んでいます。

Yahooの時○通○の記事なんですが、最初はかなりK国寄りのコメントだったようでかなりコメント欄で批判があったようですが、その後その記事は削除され、全く違う意味合い(そういう事実はない、証拠を示せというのに近い内容)の記事に差し替えられていました。

その記事を読むとその問題に対する見解が膨大に書いてあり、どう考えても証拠は出そうにありません。

未だにこの問題は歴史教科書で間違って教えられてきたのでしょうか。中学校だか高校だか忘れましたが(おそらく高校)、私の場合は授業の進行が遅くて間に合わないとのことで現代史まで辿り着かなかったことだけ覚えています。これはその先生の配慮なのか、学校としての配慮なのか、今としてはよかったです。

しかしながらいろんなメディアでまだまだ明らかな間違いを教えられていることは変わっていません。

この記事とコメントによりわかったこと、思ったこと
(1)文字だけの記事は信用できない部分があり、Youtubeなどで実際のコメントを確認すべき
(2)橋下さんのK国に対するスタンスはいまだにわからない(維新が政権運営をしてはじめてわかる)
(3)この機会に誤解を受ける事例全てについて世界に向けて説得力のあるコメントを配信すべきである
(4)時○通○は電○の意向を反映した記事配信をしている

(2)についてはもともと橋下さんは外国人参政権賛成、人権擁護法には反対していないという立場のようですが、個人としてはそうでも維新全体としてはそういう方向で活動できない可能性があるという意味です。ましてや自民党の安倍晋三さんと連携したとしたらますます無理でしょう。

「優勝に王手」とは?

最近オリンピックがあったせいか、「○○に王手」という表現が目に付きました。ゴルフトーナメントでも最終日を残して単独首位に立っていると、「××選手、優勝に王手」という見出しになります。

私としてはどうも変な表現に思えます。王手というのは少なくともかけたら結構な確率で勝てるはず、でも単独首位の選手が最終的に優勝できる確率はそんなに高くないし・・・。ちなみに私は将棋についてはある程度ルールを知っていますが初心者レベルです。

しかしどうやら将棋の世界では一度王手をしたからといってあまり勝ち負けには関係ないらしいし(たまたま検索に引っかかった記事にそう書いてあっただけですが)、では王手と書いてあったら優勝するかどうかはわからないという意味なのか、そんなはずはないですよね。ますます意図がわかりません。

ちなみに今年のトーナメント結果をざっと見たところ、単独首位で最終日に臨んだ選手の優勝確率は30%ほどでした。それもそのはず、最終日最終組はスコアが伸びにくいこと、2日続けてビッグスコアを出す可能性は低いこと、最終ホールはスコア差がつきやすいことが多くプレッシャーを考えると最終組は不利、など考えられます。大差をつけてリードしていれば別ですが。

そういう意味で、昨日「宮里美香選手が初優勝に王手」という記事を読んで複雑な思いでした。今日仕事前に速報を見て、3打差があったのが韓国勢に追い上げられ1打差になっていて、ああもうだめだと思っていたのですが、見事に優勝されました。嬉しかったです。

結局のところ、王手という表現は何となくいい感じの見出しになるからではないか、と思いました。

K国との関係はそろそろ・・・

とうとうK国大統領がやってはいけないことをやってしまいました。かつて自ら天皇陛下の訪韓を希望しておきながら、ひざまづいて(現地報道ではこうだったようです)謝罪するのでなければ来なくていいと言ったようです。

第二次世界大戦の賠償についてはサンフランシスコ平和条約ですでに定められていて、とっくに終了しているはずです。その後も自発的に多額の経済援助を続けており(K国の国家予算の10年分との話も!)感謝の言葉すらなく謝罪を要求されるのはどうなのかなという状況です。

日本もだらだらと援助するばかりで、それを外交カードとして使ってこなかったからこそ今の状況があるわけです。でも天皇陛下を愚弄されたわけですから、もう遠慮はいらないでしょう。

今日野田首相が靖国参拝をしないのは情けないものです。こういう部分に一番期待していたのですが、とんだ腰抜けです。朱に交われば、ってことなんでしょう。

メディアがこういうことを連日報道しないのにも腹が立ちます。竹島上陸を含め、国家の主権を揺るがす大事件だと思うのですが。デモをやるという書き込みがありましたが、これまた報道されないのでしょうか。

K国としては永久に経済支援と謝罪をしてほしいように見えるのですが、それはさすがにおかしいと思う人がK国の若い人を中心に出てこないものかと思います。若者は大きな不自由なく育ち、日本から不利益を受けたことはないはずです。インターネットがあれば行きすぎた反日教育のおかしな面も見えてくるでしょう。

一日でも早く政権交代をしてほしいですが、自民党にも当然ながらK国にいい顔をしようという勢力が含まれているので、強硬姿勢がとられるとは思えません。ここで政策にしっかり書けば支持されると思うのですが・・・

やはり個人レベルでの不買運動が一番か。GALAXYのスマホなんて下手をするとドコモ製と間違えられそうなので要注意です。

韓国にやられっぱなしでいいのか

昨日は竹島へ韓国大統領が前代未聞の上陸(日本の総理の靖国参拝とは次元が違う)、そしてサッカー韓国戦に完敗と、悲しすぎるニュースばかりでした。

いくら近隣諸国と仲良くしようという勢力が強いとはいえ、今回の対応いかんによっては日本が大きく傾く序章になってしまうかもしれません。とりあえず韓国にいる大使を引き揚げさせたようですが、「遺憾」の表明だけで終わらせるわけにはいかないはずです。

竹島は現在韓国軍が占拠しています。もしこれが実効支配とみなされれば(大統領の訪問もそういう実績作りの意図があるのでしょう)、国際司法裁判所に提訴しても日本の領土と認められないという結末もあるのかもしれません。

竹島問題はこのままにしておかずに、抗議だけでは何もならないので経済制裁(5兆円スワップなんてとんでもない)、不買運動(国内の韓国寄りスポンサーも含めて)、このあたりをやるべきでしょう。民主党政権には到底無理でしょうけども、国民レベルで不買運動なら簡単にできます。

そして尖閣諸島の問題も早めに動くべきです。今のうちに自衛隊を常駐するなどしないと竹島の二の舞になってしまいますから。地固めをした上で国際司法裁判所に提訴がいいでしょう。

消費税増税案の付帯条項

以前ちょっと耳にしたことはあったのですが、どこも報道しないためすっかり忘れていました。

この付帯条項は文章通りに解釈すると、「消費税増税は経済状況をよくするために実施するもので、名目成長率3%、実質成長率2%という経済成長を目標として策を講じ、経済状況を見ながら消費税を増税する」というものです。

もっとも勝手に解釈して、目標にはほど遠いが経済は回復しつつあるので増税する、と強引に増税をすることもあるでしょう。それはその時の政権が判断することになっているので、変な政権を作られてしまうとひどい目に遭うことでしょう。

ともかく、「経済成長するための消費税増税」であることはしっかり書いてありますので、あとは国民全体でこれを知っておき、増税を表明したならしっかりと批判するということが必要です。

内需拡大も困難、輸出も頭打ちであれば、もうデフレ解消しか経済成長の手段はないような気がしますが(私が思いつかないだけかも)、どうするんでしょうね。ぜひとも次の政権は国民に希望を与えられる人にやっていただきたいものです。

希望だけ与えられても3年前と同じではいけませんので、ある程度結果を出すことは当然ですが。

自民党がわからない

自民党は何を考えているのかどうもわかりません。

選挙で勝つためには支持者へもいい顔をしないといけない、このあたりまではわかります。また選挙があるからと今までのやり方を変えても反発を招く、これも確かにそうです。

しかしながら国民に対してアピールするためには民主党との違いを鮮明にしないといけないと思うのですが、今のままでは「自民党野田派」と言われているのを肯定するようなものです。

増税については自民党が以前から言っていたことですから進めたいのはわかります。しかし「過去に消費税を上げて税収が上がったことがない」という事実を踏まえると、「誰かのために」動いているとしか考えられないのです。

今回自民党以外の野党連合が提出した内閣不信任案、自民党が賛成すれば可決の可能性があるのですが、公明党が反対しているのか、民主党からの造反者がかなり少ないからいずれにしろ否決されると予想したのか、今回は自民党は採決に欠席して否決を待つようです。

消費税増税案の可決後に速やかに解散するという確約を得たとのことですが、時期が明確になっておらず、下手をすると前の首相に続いてだまされることになるかもしれません。

自民党の谷垣総裁からすると、9月の総裁選の勝ち目はまだまだあると考え、自民党内の声を聞いておくのが得策と判断したのでしょうか。しかし民主党と談合してゆるい妥協をするというのは国民目線で見れば頼りがいのない党だなという印象がますます強くなるのは間違いありません。

自民党はおそらく次の衆議院選挙では現状維持かそれ以下と見られていて、政権を得るには公明党だけでは不十分で他の党との連立を組まないといけません。その時に果たして自民党主導で連立を組めるのか、今のままでは微妙です。民主党が割れて維新やみんなの党とくっついて政権をとるかもしれません。

実は200議席以上取れるという予想をしているのかもしれません。そううまくいきますかな?

某週刊誌では維新が200議席以上と予想しています。前回の衆議院選挙でメディアの誘導により民主党に強い風が吹いたことを考えるとありえない話ではありません。しかし民主に入れたことを反省しつつ、自民にも入れたくないという極めてまっとうな人の受け皿が維新やみんなの党しかないのは厳しいです。

国民の生活なんたらという新党もありますが、要は昔の民主党の精神に戻るという考えですから、今もし3年前の選挙に戻ることができたらどこに投票するかと考えると・・・やはり受け皿になるのは厳しそうです。

維新の会も政策に危うさがありますし、スキャンダルで女性票が減る(女性はそういうものらしい)ことを考えると意外と議席数は伸びない可能性があります。最近野田総理を持ち上げる発言をしたのもマイナスポイントですね。ある程度議席は取ったほうがいいとは思いますが、200もとると調子こいてえらいことになる可能性が大きいです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。