スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪体罰事件その後

大阪の某高校での体罰事件のその後ですが、どうやらその学科の入試の中止が決定になったようです。そうは言っても抜け道があり、その定員分を普通科に振り替え、体育に特化した入試制度をほぼ継続するようですが。

保護者の一部とか、マスメディアの方から批判があったようですが、どうも違和感があります。そもそもその高校を目指していた学生や保護者は、今回の事件をどう考えているのかということです。よくあること、と考えているのなら入試の中止を批判するかもしれませんが、そんな高校には入りたくないと敬遠するのが一般的でしょう。

もしくは、実際に進路変更を余儀なくされるということよりも、市長命令で制度が変更されることへの抵抗とか、橋下市長のやることには賛同できないというような拒否感が原因でしょうか。それだったら気分的にはどうしようもありませんが、説得力のある主張は無理です。

中でも小倉なんとかさんと橋下市長とのバトルは興味深いです。実際テレビを見たわけでもありませんが、「市長が知らないことでマスメディアが知っていることもある」と豪語したようです。もしそれが入試の中止を翻されられるような内容だったら報道すればいいのにと思うのですが、どういう類のネタなのでしょうか。

テレビで小倉さんが批判し、それに対して橋下市長がツイッターで批判するという繰り返しのようですが、どうせなら直接生中継でバトルすればいいのにと思います。勝負は見えているのでつまらないかもしれませんが。

橋下さんの「受け入れ不可能な状況」というコメントや、いろんな場所での関係者のコメントを見ると、どうやら某高校は想像を絶する闇があるとのことです。当然生徒だけでなく職員、保護者、そのあたりまで闇があると考えるべきでしょう。ひょっとしたら体罰があるからかろうじて成り立っているような恐ろしいところなのかもしれません。

まあそうでなくても、教育現場で体罰を全否定して、何が起こったかというと学級崩壊であることは事実でしょう。体罰に頼りすぎるのはダメですが、最後の手段としては残すべきだと思います。一方で常習的に体罰をしている学校は退学処分など効果的に使うとか代替手段はあるはずです。教育現場を知らない私のような人間のたわごとかもしれませんが。

埼玉県で退職金が近い将来減額になるということで、予想外の早期退職者が出たというニュースもありました。どういう年齢層が退職したのかにもよりますが、ただ金勘定しただけのことと捉えないでほしいと思います。これを機会に教育現場の負の部分を徹底的に洗い出していただきたいものです。

<追記>肝心なことを書くのを忘れていました。今回は私は橋下さんのやり方を支持します。今回のことで橋下さんは大阪をよくするための大事なひとつに着手したことになります。とことんやっていただきたいので、しばらくは国政のことは封印してがんばっていただきたいです。中途半端で終わらせたなら支持は得られませんよ。
スポンサーサイト

運転して楽しい車

私の車選びの永遠のテーマは「運転して楽しい車」です。それも60km/hまでで楽しめないといけません。

飛ばせばどんな車でも楽しくなりますが、通勤路でそれをやるとただの迷惑運転です。他の車の流れに合わせての加速、この条件で楽しめるには低回転でのフィーリングと音のいいエンジン、気持ちよく操作できるシフトやステアリング、踏んだら踏んだ分だけ加速するアクセル、このあたりが必須条件となります。

車は生活の足と考えている人は多いはずですし、同時に運転する楽しさが味わえたら最高だと思うのですが、どうもこういう考え方をする人は少数派のようです。だから楽しさを前面に出した車は希少車の範疇になります。

オープンカーまでいかなくても普通のセダンとかハッチバックで楽しめたらいいはずですが、昔のホンダなんかまさにそんな感じでした。軽自動車のトゥデイから大型セダンのアコードまで、スタイリングを含めて楽しめる要素がそろっていました。ぜひMTに乗りたいと思う車ばかりです。

楽しい車というのがどういう車か知らない人が多いのであれば、メーカーが開拓する余地はあるはずです。私が今乗っているアルファ147なんて、誰もが簡単に楽しめる車です。イタリア車ですから誰もが手を出せるシロモノではありませんが、アルファ的な楽しさを理解した開発者が同じコンセプトでデミオサイズの車を作ったらどうなるかと思います。

この「楽しさ」というのは付加価値として重要だと思います。今の車は軽自動車でさえ我慢を強いる部分はほぼありませんから、多くの人にとって車の評価はほぼイコール価格になってしまいます。軽自動車しか売れないのも当然です。低価格路線と値引き合戦で下請けをいじめている現状では到底明るい将来は見えてきません。

今後の日本の車作りとしては、原価が10万円増えてもいいから20万円分の付加価値を味わえるような車作りをしないといけないと思います。その付加価値は運転の楽しさでなくても見る楽しさでもいいです。5年乗っても新車同様という耐久性でもいいです(これはアピールしにくいか)。

私はイタリア車を買っていれば楽しさや美しさは手に入りますが、本当は日本の車業界に貢献したいです。

ヤマハXJ6ディバージョン購入

みんからの方に書きましたが、ヤマハの600ccツアラーのディバージョンを買ってしまいました。今日納車後に30kmほど乗りましたが、防寒対策をしっかりやったせいか結構快適で、冬のバイクもいいものだなと思えました。ちなみに気温は8度程度だったようです。

冬という要素もありますが、どうも最近は休みになると家でゴロゴロするばかりで、かと言って疲労の回復がしっかりできているわけでもなく、それならどこかに強制的にでも出かけた方がましかなとも思います。かなり敷居は高いですが・・・

やはり乗る楽しみを一番に考えるとある程度排気量のある4気筒がいいです。モトグッチの2気筒はちょっと別格ですが、しばらくこの4気筒600ccを楽しみたいです。取り回しが結構重かったのが唯一の誤算ですが、どうしても辛くなったらベスパの125ccでも・・・ってもうどうしようもありませんね。

おしい!ホンダN ONE

「おしい!広島県」というキャッチフレーズがあるのですが、ホンダN ONEにも「おしい」と言いたくなります。

街中で見かけることもちょくちょくありますが、私としては写真同様あまりひかれません。ライト周りのデザインが本家N360とかなり違うこと、そしてミニバン系のボディであることが原因でしょう。

Yahoo自動車のコメントを今日20件ほど読んできましたが、やはりオーナーの書き込みが大半のせいか、デザインのよさとか軽自動車のレベルを上回る性能を誉めているコメントが目立ちました。ただし肝心のエンジンについては、うるさいか静かかどちらかで結構がっかりです。

そして何より気になったのが、「運転が楽しい」とか「意味もなくどこかに行きたくなる」というコメントが全くなかったことです。MTの設定がないのもそのひとつでしょうけども、それだけではなさそうです。車好きだったらすぐに楽しいとかコメントしそうなものですが、ミニバンと同じ尺度で評価する人たちには受けるのかなと思いました。

一つ目を引くコメントがありました。「大切な何かが足りないような、欠けているような、心動かされないものがある。」というものです。N360世代の方のコメントですが、まさに私も同じことを感じていました。言い換えると本質的な部分に間違いがあるということでしょう。

一見大ヒットのモデルですが、車好きに訴えかけるものがないようです。やりようによっては十分できたはずなのに、「惜しい」車です。ただ売れているので否定的なコメントがあっても、満足しているユーザーやホンダ関係者は何も感じないでしょうか。私がエンジニアの立場だったら非常に悲しいコメントですけども。

ところで一つ発見したのですが、N ONEの写真に紙を当ててボディの下1/4くらいを隠すとなかなかいい感じになります。私としてはこれもかなり「惜しい」です。

いきなりわけのわからない記事でしたが

とりあえず今はフィアット500とアルファ147の2台体制でかなり満足しています。決してすぐに買い替えようとしているわけではありません(大汗)。

ふと5年後、10年後は自分はどうしているだろうかと考えてみたのです。少なくとも10年後は子供が中学生と高校生になって、場合によっては結構教育費がかかってしまいます。

そもそも自分がその頃今と同じ仕事をしているか、そのあたりもわかりません。職場環境としては恵まれている方だと思いますし、強烈にやりたいことができなければ今の職場にいられるとは思います。しかしこればかりはわかりません。収入が減ってしまう可能性は結構あります。

自分がここまで車とバイクに入れこんでいるのは果たしていつまで続くものでしょうか。1台所有で5年乗れればかなりまっとうな生活に近づくのですが、そういう日は来るものでしょうか。

1台というとオールラウンドな車で、フィアットプント、アルファMiTo、VWポロあたりのBセグメントサイズが最適です。オートマかマニュアルかという問題もあるのですが、最近マニュアルのみでもOKかも、と思い始めています。アルファ147の1台ではおそらく取り回しの面で不満が出てくるので難しいでしょうけども、このくらいエンジンのフィーリングのいい車もまた得難いものですし・・・

次期プントかマイナーチェンジを経たMiTo、このあたりが数年先に買って5年乗れる車の最有力でしょうか。まあそれを言ったら500ツインエアも1台で十分だったかもしれませんが。

そんな風に、すぐの買い替えでもないのに妄想モード全開です。

欲しい車がない

さんざん車を買ってきたのに何を今さら、と思われる方が大半でしょうけども、とうとう欲しい車がなくなってしまいました。全くないかというとそうではありませんが(汗)。

私の欲しがる車はパターンが決まっています。まずボディサイズは全長4mちょっと幅1.7mちょっとが限界です。アルファ147は4.17m×1.73mなのでちょうど限界ぎりぎりです。これ以上大きい車はよほど魅力がないと買わないと思います。

それからセダンはトランクの出っ張りがありバックするのが怖いですし、ワゴンの方が何かといいのでおそらく買いません。Bセグメントのハッチバックが大好きです。

そしてエンジンが楽しくないとダメです。その他ある程度以上の乗り心地をクリアしていること、思うがままに動いてくれること(CVTは厳しいかな)も条件になります。軽自動車はサイズは大好きですがエンジンと乗り心地両方の希望をクリアする車はおそらくないでしょう。

これで日本車はほとんど選択肢に入らなくなります。デミオは結構いい感じでしたが一度買ったのでもう買うことはないでしょう。スイフトも中身はよさそうですがまだ試乗したことがないですし、あまり私の好みのデザインではないので躊躇するところです。

外国車ではBMW1シリーズ、MINI ONE、シトロエンC3/DS3あたりが選択肢に入りますが、アルファ147の後継にと考えると・・・。来年10月にアルファ147の車検が切れますので乗り換えるタイミングとしてはいいのですが、やはり私はイタリア車以外は乗れない体なのでしょうか。

イタリア車はプントのモデルチェンジがいつになるかわかりません。現行プントは2005年7月に本国デビュー、2006年6月に日本デビューしたようです。すでに7年半経過しているのでいつ新型が出てきても不思議はありませんが、どうなるでしょうか。

プントに(デザインは今のままでもOK)アルファ147のエンジンが載って小回りが利くようであればすぐにでも買い替えるのですが、そんなに都合のよいことはありませんね。今のエンジンはSOHCの1.4ですから、評価の高かったフィアット500の1.4DOHCとは別でしょうか。

グランデプントがデビューした時は、マセラティを彷彿とさせる?フロントマスクなど結構いいなと思っていました。購入候補に入ったことはありましたが、試乗の時の印象があまり際立ったものがなかったのか、価格が高めだったのか(中間グレードで本体192万円ですから500より安い)、よく覚えていません。

そうだ、グランデプントを中古で買う手があった(まだ買う気か)。で、調べてみると3ドアではありますがスポーツというグレードがあり、エンジンはDOHCの1.4、何と6速MTです。3ドアになるのがちょいと残念ですが右ハンドルならOK。これは選択肢に入ります。タイトルと真反対の結論ですみません。

そうそう、アルファMiToをすっかり忘れてた。これの中古が本命かもしれません。sportsだとマニュアルですし。

大阪バスケ部体罰事件

大阪の高校で起きた体罰問題で、橋下大阪市長がいろいろ動いてコメントもしているようです。数日前はテレビで「これは犯罪です」、ついさっき見たYahooのニュースでは「100%行政の責任」とコメントしているようです。

大阪市長のコメントとしてはちょっと軽いかな、やや不用意かなと思いますが、国民目線に立ったコメントです。しかしそう言い切ったからには厳しく対応することになるはずで、この先大丈夫かなと思います。因果関係はわからないと言う教育委員会とどうやって戦うのか見ものです。

そもそも体罰というのは言葉で分かり合えなかった場合に仕方なく使うもので、常態化しているのでは体罰の効果自体疑問視しないといけません。ましてやそこに行使する側のストレスのはけ口という要素は絶対に介入してはいけません。

あと、Yahooコメントでは体罰が嫌で自殺したと思っている人もいるようですが、そもそも自殺の直接の原因は正常な判断力を持てなくなった(例えばうつ病)場合が大半と言われています。要するに言葉の暴力という側面まで考えないと不十分です。おそらく今後のスポーツ生活、高校生活に希望を持てなくなったのでしょう。

また自殺は卑怯だというコメントを見かけました。これは認識不足もいいところで、正常な判断力でないから自殺するのです。どんどん思考が狭まっていき、自殺しか選択肢がなくなるのです。この認識は国民全員が持っていてほしいです。

体罰や言葉の暴力という最終手段は、行使する側がその功罪についてしっかり認識できている場合のみ許されると考えます。生徒を見て判断するのは最低条件です。叱られて育つ生徒、誉められて育つ生徒、そういう認識があるのは当然だと思っていたのですが違ったようです。

そろそろスポーツ教育の担当者側で体罰の実態と効用についての調査をすべきでしょう。どんな理由があろうと体罰は禁止というのは私は否定的ですが、行使する側に問題のある人が含まれているのであれば、行き着く先はそこしかないのかなとも思います。

桑田真澄さんは非常にわかりやすく体罰否定を論じています。過去には野球選手と野球部員に体罰のアンケートもされたようで、記事を読むと説得力満点です。ぜひとも体罰とは無縁で優れた選手を送り出している指導者を取り上げ、体罰を使って指導してきた人たちを教育してほしいと思います。

最近は子育てからも一切の体罰をなくそうという動きもあります。私は懐疑的ですが、子育てですらそうなのですから、中学生や高校生で学生生活のルールを守れる生徒には不要かなと思います。人として問題のある行動をして、言葉では無理な場合のみ体罰が許されると思いますし、それでも体罰が効果的かというと疑問はあったりしますが。

明けましておめでとうございます

皆様明けましておめでとうございます。2013年が始まりました。

車の方はおととしフィアット500ツインエアを購入し、去年アルファ147を追加しましたので、今年はおとなしくしておきます。アルファ147は9年ちょっと経過していてかなりくたびれていますので、春になったらダンパー(ショックアブソーバー)を交換しようとたくらんでいます。ゴム部品も換えると結構な支出になるかな・・・

バイクはおととし購入したヤマハセロー250が春で2年経過となります。今買い換えるとまた泥沼に陥ると思いますのでこちらも控えます。本音は600ccくらいの4気筒が・・・いやいやもし買ってもどうせ年に1000kmも乗りませんから(汗)。

ゴルフの方はしばらく冬眠し、暖かくなって再開を考えます。

楽器は・・・子供2人がうるさいのを理由にしてはいけませんね。

あとは健康管理のためにスポーツジムなんて行ければ・・・いや行ければではなくて行かないとはじまりません。

去年は体調が悪かったこともあり、家に閉じこもりがちでした。今は体調も戻りましたし時間と体力さえあれば遠くにでも行けるのですが、仕事が終わるとどっと疲れてしまいますので。これもスポーツジムとかで改善できるかもしれません。

そんな具合に、去年より少しでもいい年にしていきたいと思っております。こんなブログを見に来ていただいているありがたい皆様、今年もどうかよろしくお願いいたします。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。