スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贅沢言い過ぎかもしれませんが

日曜日のラウンドは正直できすぎというか、今までで一番ナイスショットが多かったのではないかと思います。全番手ほぼ同じ感覚で打てたことが大きかったです。

このままでもあまり問題はなく、欲を言うならですが、あと+10-20yの飛距離(五十肩の現状ではあきらめます)、UTの再検討、ウエッジの再検討、このあたりを考えたいところです。

飛距離については現状ドライバーが170-180yですから、2打目で160yくらい打てると320-330yくらい稼げます。残り50yくらいになると厳しいですが、残り30yくらいですと(特に8Iで転がせる状況)寄せて2パットのボギーが期待できます。すると350yまでのPAR4は何とか今の飛距離でいけるということになります。まあ五十肩もありますしこれはこれでいいです。

UTについては普段よりはよかったのですが、やはりアイアンに比べるとミスが多く、ロフトが立ちすぎなのが悪いのか、長いのが悪いのか、それともヘッド形状か、と検討したいです。6番アイアンが非常によかったのですが、飛距離としては130y程度なので、これを150yくらいに伸ばせればかなりよさそうです。

5番アイアンはMOIがやや大きくダフりが心配なのと(シャフトカットすればいいのですが)、25度というロフトのアイアンがどうなのかという思いから今まで飾りになってしまっています。ティショット限定と思っていたのですがそういう場合にUTを持ちましたから本当に出番がありませんでした。

同じアイアンの4番が安く売られていたので買ってみました。DGR400にリシャフトしたもののようですから、NS950WFでも入れて38インチくらいに短くして使ってみます。ロフト22度ですから厳しいかもしれませんが、もしこれがある程度使えるのであれば何か視界が開けてきそうです。最悪ティショットでもいけそうですし。

あと38インチくらいのUTでロフト23度前後というのも検討したいところです。

ウエッジについては今回導入したフィットウェイ幅広AWが85yくらい、PWが100yくらいなので打ち分けの問題はそれほどありません。ラウンド中はちょっと混乱してしまって力んで85y打ち上げでAW大ダフりというのがありましたが、冷静に考えるとPWで打つべきでした。まあこれはこのままでいいです。
スポンサーサイト

松永カントリーでラウンド(97)

10番340yPAR4→6(3)  1WナイスFW、残165y20Uゴロ、残30yAWナイスオーバー目にオン。7y下り→4y上り→外す。
11番150yPAR3→4(2)  打ち上げ20U右に出て斜面に当たり手前ラフに戻る、残25yAW転がしナイス。3y下りを2パット。
12番293yPAR4→5(2)  打ち上げ1Wナイスやや右に出てFW、残145y6Iナイス◎奥。22y下り→PTで4y上りにオンし2パット。
13番375yPAR4→5(2)  打ち下ろし1W右に出てバンカー、8Iハーフトップナイス◎、残50y左足下がりAWナイス◎オン。6y下り→80cm。
14番335yPAR4→5(1)  20Uナイス右に出てラフ、つま先上がり6Iナイス、残70yAWダフリショートカラー、PTで13y上りを2.5y上りにオンし1パット。
15番487yPAR5→6(2)  打ち上げ1Wナイス、ほぼ平らなライ20Uハーフトップ右ラフ、残り200y20Uナイスだが右へ、残50yAW◎オン。6y上りを2パット。
16番390yPAR4→6(3)  打ち下ろし1Wフックしてラフ、残170y20Uダフリショートラフ、残34y8I転がしナイスオン。7y下り→2y→外す。
17番465yPAR5→7(2)  1WナイスFW、6I右に出て斜面を転げ落ちあわやOB、残135y打ち上げ7I左へ出るがナイス、残60yAW右に外れる、PTで18y→3.5y下りにオンし2パット。
18番181yPAR3→6(3)  1Wダフリテンプラしショート坂を転げ落ちる、残85yかなりすごい打ち上げピン全然見えない場面でAW右に出てバンカー(結果はともかく十分ナイス)、残35yAWナイスオン。9y下り→1y→外す。

1番356yPAR4→6(3)  1Wナイス◎FW、残175y20U少しスライス、残り30yAWチップパットでオン。5y下り→1y上り→外す。
2番330yPAR4→5(2)  1Wナイスだがラフ、残165y20U右に出てスライス、残45yAWナイスオンだがオーバー。13y下り→1.5y下り→入る。
3番374yPAR4→5(3)  打ち下ろし1Wナイス◎まっすぐ飛んで斜面をよく転がりラフ、残り155y左足下がり6Iナイスグリーン手前から転がってオン。11y上り→3y上り→外す。
4番134yPAR3→3(2)  かなりの打ち上げで手前にあごの高いバンカーが左右にあるホール、6Iナイスオン。11y下り→1.5y→入る。
5番293yPAR4→9(2)  打ち上げ20Uチョロ50yほど、20Uフックして林、8I横に出す、残85yAW大ダフリ(ぎりぎりの距離で飛ばそうとして力が入った)、残60y打ち上げAWグリーンオーバーし奥の下り傾斜の斜面、PTで転がすが下っているグリーンを通り過ぎバンカーに落ちる、AWナイスオーバー目にオン。11y下り→2y下り→入る。
6番447yPAR5→5(1)  打ち下ろし1Wまっすぐ出て少しフックし左にはねて斜面、かなりの左足上がり7Iナイス、残150y打ち下ろし20Uダフるが転がってカラー付近ラフ、残10y上りをPTで1y上りにオンし1パット。
7番105yPAR3→3(2)  PWでは右に出たらバンカーにつかまると思い9Iスリークオーターショットで右に出てオーバー目にオン(結局PWでよかった)。16y下り→1y下り→入る。
8番284yPAR4→5(2)  打ち上げ1W引っ掛けフック林の手前の木のそば、窮屈な体勢で6I転がしナイス、残115y打ち上げ8Iナイス◎オン。5y上りを2パット。
9番461yPAR5→6(3)  1Wナイス◎FW、6Iナイス◎、残115yアゲ8Iダフって左に出るが転がってオン。16y上り→3y上り→外す。

五十肩があるのであまり期待せずにいたのですが、練習場では妙に調子がよかったです。ジャイロスイングの素振りで右肩に激痛がきたのでスタンスやや狭目の振り幅やや小さいスイングにしました。7Iは120-130yくらい、20Uは160yくらい、1Wは170-180yという感じでした。これは本番でもだいたい同じで、思ったより飛距離ダウンはありませんでした。

1Wは前回インプレスX445Dでフックが強かったのでX410Vに替えてみましたが大正解でした。ナイスとだけ書いてある場合はまっすぐ出て曲がらないかごくわずかのフック(ドローと言ってもよいかも)でスライスは皆無でした。引っ掛けフックが出るとダメですがだいたい安定していました。

20Uは6番アイアンより明らかに上の働きをしたとは言いがたく微妙でしたが、今までのUTと違いチョロはほとんどなく予備に持っていったズームi3番やシルバースコット3Uは使わずにすみました。傾斜がきついところで20Uを使って失敗したのが残念。あとアイアンと球筋が違うのが気になります。

アイアンはおおむね好調でした。今回初投入したAW(フィットウェイWS52度)はかなりいい働きをしてくれました。バンカーショットは全て出たのであとは距離感だけです。アプローチもバウンスが邪魔になるケースは最小限だったでしょうか。50-70yはほぼノーミス、チップパットもOKです。これは素晴らしい。

パットも相変わらずよいです。20+20の40パットは数字としてはそこそこですが、距離感のひどい間違いはゼロでショートパットも十分入ってくれました。L字パターが難しいという定説は今のところ私にはわかりません。

それにしてもかなり久々に100が切れました。最後に100を切ったのはなんと2009年8月ですから4年経ってしまいました。レッスンは間違いなく効いていますし、クラブ間のつながりがよかったです。相性がよくて距離の短い松永カントリーだから何とかなった部分はありますが、みんな口を揃えて難しいとか狭いとか言うこのコースで97が出たのは素直に喜びます。短いPAR4もありますが、14番と8番についてはキャディさんは実質の長さは+30-40yという言い方をされていました。

今回の使用クラブ
1W ヤマハインプレスX410V+NS950DR 42.75インチ
20U SYB EZ PIARM+NS950WF 38.75インチ
5I-PW ヤマハインプレスX Vフォージド+NS950GH
AW フィットウェイWS(52度)+NS950GH
PT さくらゴルフL字

原爆投下は神の懲罰?

韓国の中央日報が安倍首相の歴史認識を批判しつつ、広島と長崎に投下された原爆について「神の懲罰であり日本の軍国主義の犠牲になったアジア人の復習」と主張しているようです。

参考までにネットではYahooのJ-CASTが一番詳しく書かれていて、産経新聞と中国新聞(広島ローカル新聞、左寄りと思っていましたがGood!)にも記事がありました。朝日、毎日には当然?見当たらず、読売にもありませんでした。

慰安婦問題で橋下市長が「韓国軍もベトナム戦争で女性を利用した」と発言しましたが(破れかぶれでしょうけどもナイスでした)、これに対するコメントは現在のところないようです。その代わりに上記コメントが出てきたようです。理屈に対して理屈で返さないというのは私も各種掲示板で論争になった場合によく見てきましたが、あきれますね。

また以前サッカーの試合で彼の国のサポーターが「震災をお祝いします」という横断幕を掲げたことは記憶に新しいと思います。発想としては今回のコメントと全く同じです。中国の四川地震にもお祝いメッセージが出たという噂もありますが、もし自国で災害が起きてもやはり天罰と捉えるしかないですね。

皆様ご存知のように、彼の国は日本を恨むことでパワーを発揮します。パク・クネ大統領も「加害者と被害者の関係は千年経っても変わらない」というコメントを発表したばかりです。言い換えると日本を千年恨むということになります。

日本人としては過去の過ちは反省しないといけませんし、過去の戦争を正当化してはいけないと考える人は多いと思います。しかしながら賠償がとうの昔に終わったことを無視し、辻褄が合わない事件を再検証することもなく、すべての国民が過去に罪を犯した人としての態度で接するべきと考える日本人はいないでしょう。しかし彼の国ではそうあるべきと考えているとしか思えません。

今回の記事はマスメディアの暴走という面もあるでしょうけども、国家としてどういうコメントを出すか気になります。コメントによっては国家の品格を著しく損ねるのは間違いありません。まあノーコメントにするしかないかもしれませんね。

韓国製品は欲しいものがないので不買運動をすることもできず残念です。中国製品はなるべく避けるようにはしていますが、完璧にはできないので悔しい思いをしているところです。

今日の練習

五十肩になって初めての練習場です。足を閉じてのジャイロスイング(もどき?)と足を靴1足分ほど広げたのと両方やりました。30分弱で50球ほど打ちました。

最初の方で一度大ダフりがあって、右肩に激痛(ちょっと大げさか)が走りました。レッスンを中止したのを早まったかなと少し思っていたのですが、これはさすがにダメです。恐々振るのではまともなスイング作りは不可能です。

ジャイロスイングで振り幅がショートスイング程度でやってみますと、結構いけます。7番アイアンで125yくらい出ました。あまりフックせずほぼストレート。前回普通に打っても135y程度でしたからたったの10y減です。足を広げるとあまり体を使わない打ち方になってしまい飛距離はほぼ同じ。ちなみにEZ PIARM20度だと160y前後、ドライバーだと170-180y(ヘッドスピード38前後、最大39.2)で、十分な飛距離です。

しっかり体を使ったショートスイングの振り幅(+アルファ)のジャイロスイングが一番いい感じだったような気がします。以前はこれが全然できていなかったと思います。

ドライバーはやはり気をつけないと大フックとか引っ掛けフックが出ます。インプレスX445Dを使ったのですがそうなるとX410Vの方がいいと思います。

気が付くと最初の大ダフリ以外はドライバーで一球ダフっただけで(これは痛くなかった)、あとはハーフトップかまずまずでした。本番でこのくらい打てれば十分です。そりゃさすがにムリか。

ところでEZ PIARMはなかなかよかったです。打感は中空アイアンとキャビティアイアンの中間くらいのいい感じ、明らかなミスは左に出た程度でほとんど曲がりませんでした。

あとフィットウェイWSはパキーンという独特の打感で(決して嫌いではありません)結果としては特に問題なしでした。今回のスイングだと80yくらい飛んで、50yショットもチップパットも練習場ではいい感じでした。

不安要素はあるものの、何とか月末のラウンドに間に合いそうです。

サンドウエッジ不要論

とんでもないタイトルを付けてしまいましたが、もちろん誰にとっても不要という意味ではありません。

サンドウエッジ(SW)とはおおむねロフト55度から58度でバウンスが多めに付いているクラブで、アプローチやバンカーショットに適する、というのは当然ここを読まれている皆様はご存知でしょうけども、では逆にバンカーショットに適するクラブはSWが最適なのかという疑問があります。

例えばマーク金井さんのgolfdigest「クラブ何でも相談室」の過去記事で(2004年)、バンカーショットで一番簡単なクラブを教えてくださいという質問がありました。ロフトが多いとザックリもホームランも両方出やすくなるとのことで、週刊GDの過去のテストによると54度がよかったようです。54度は一般的にはAWの範疇になります。私も確か過去にこの記事を読んでいたはずで、オリジナルコンボアイアンのSWを54度にしています。

このテストの詳細がわかりませんが、もし52度、54度、56度、58度あたりでテストして54度がよかったのであれば52度は少し劣るということかもしれません。しかし「寄るか」どうかより「きちんと出るか」を優先させた場合52度とか50度とかのロフトが有利になる可能性はあります。

そういう意味で今回52度のフィットウェイWSを買ってみたのですが、他にもクリーブランドのニブリック49度という選択肢もあります。これはヘッドがかなり重そうで、35インチでバランスD9とかのようですからフルショットは難しいと思います。

できればヘッドをオーダーして45度とか50度とかで実験してみたいです。もしくはPINGなどのバウンス大き目のヘッドで(ロフト50度でもバウンス10度くらいは普通にあります)やってみるといいでしょうか。

私はグリーン周りには8番とSWとパターを持って行くようにしていますが、SWをAWに置き換えてみるとどうかなと思っています。過去AWの方がチップパットはやりやすいと感じましたし、SWとAWのフルショットで10yしか違わないのであればAWで全部こなした方がいいです。

本当に実験するかどうかはわかりませんがひょっとして・・・。まあそれより先にフィットウェイの52度で結果を出すことです。

FITWAY WS幅広ウエッジとEZPIARM

先月のラウンドの反省から?2つほど新しいクラブを買いました。

一本目はFITWAY WSと言って、ゴルフ5の系列でしか売っていないと思われるやつです。バーゲンのようで3790円で新品を買いました。超幅広ソールで、手持ちのオリジナルコンボアイアンSWの2倍弱くらいのソール幅があります。

検索してもなかなかスペックが出てこないのですが、Amazonではロフト52度、ライ64度、総重量462g、431ステンレス合金、とありました。バウンス角は不明です。よくわからないスチールシャフトが挿してあったので、手持ちのNS950GHパラレルチップ(元々マックテックNVGに入っていた)を入れました。35インチほどになり、6番アイアンより17小さいMOIになりましたのでこのまま使えます。

前回のラウンドではスイングが変わったためバンカーではいつになく手こずったのですが、私としてはガードバンカーからは乗れば十分満足、2パット圏内に乗れば最高という希望です。とにかく出ずにバンカーに戻るとか、ホームランするとか、それがなくなればいいです。

すると最適ロフトはどうでしょうか。マーク金井さんは54度が最適かもと書かれていましたし、このクラブのもう一つの設定ロフトである58度よりは52度かなと思って選びました。52度ですと46度のPWと組み合わせるとAWもSWもいらなくなるかなという目論見もあったりします。

二本目はSYBのEZ PIARMというアイアンとUTの中間のようなクラブです。ロフトは20度、NS950WFを入れて39インチ弱になりました。鉛を5g貼り6番アイアンより17大きいMOIになりました。UTがどうやってもトップ系のミスが多いため、見た目はアイアンというのを試してみようと思います。

今月末にラウンドがあるのですが、五十肩に加えて両肘に軽い痛みを感じ、その上右足首のねんざを昨日やってしまいました。肘の痛みはすぐに治ると思っていて今日素振りした時には特に問題ありませんでした。ジャイロスイングをするくらいなら肩も足首も大丈夫です。本番でもジャイロスイングかそれに近いスイングをすれば何とか今の体でもいけそうな気がします。

五十肩(泣)

右肩の痛みがよくならないので今日整形外科で診てもらいました。挙手の状態まで腕を上げる時はほとんど痛みがないのですが、右手をお尻のポケットに入れる動作の時に痛みがありました。レントゲンを撮るまでもなく五十肩(肩関節周囲炎)と診断され、レントゲンでも異常なし、関節注射(結構痛い!)をしてもらいました。

昨日の朝は寝返りでも痛みが出て目が覚めてしまいました。今朝は大丈夫でしたがもし今後も起こるようならかなりまずいです。完全安静よりはゆっくり動かしていった方がいいとのことで、臥床して手をゆっくり挙手の体制に持っていくストレッチを教えていただきました。

最近素振りもやめていますし、昨日のレッスンも休みました。おそらく長丁場になるので(1年は覚悟してます)レッスンはしばらく中断です。せっかくいい感じになってきたのに・・・。でもゆっくり素振りくらいはやるつもりです。

橋下市長はいったい何をしようとしているのか

橋下市長が迷走しているように思えます。今月11日に「維新の会は選挙屋になっている」と発言し少々物議をかもした後、昨日は従軍慰安婦の問題についてコメントし、物議どころか大騒ぎになっています。

もともと橋下市長率いる維新の会というのは一貫した主張をしてきたわけではなく、世論の流れに乗じて発言内容を変化させてきたタイプです。保守っぽい発言が多いですが、それ以外の部分を見ればあまり保守っぽくない部分を抱えた党です。そのあたりだけ取り出しても「選挙屋」というのは今に始まったことではないと言えますし、今そうした発言をするのであれば、ここらで大胆な方向転換をすると表明したと受け取れます。

そこで出てきた従軍慰安婦に関するコメントです。大阪市役所で記者団に対して発言したもののようですが、各報道機関によりコメントの切り取り方が違うので難しいところはありますが(時事通信は意図的かどうかわかりませんが切り取り方が激しい記事がありました)、一応論点を整理してみます。

(1)従軍慰安婦は当時は軍の規律を維持するのに必要なものだったし、世界的にも普通にあった
(2)慰安婦の方には配慮が必要だが、無理やり従事させたということに対しては意義を唱える
(3)以前在日米軍の幹部に、沖縄で風俗業を利用してくださいと言ったら断られた
(4)日本軍が侵略したことは定義の問題はあるがその範囲内で認め、反省とおわびが必要
(5)侵略に関して事実と違うことで日本が侮辱されていることに対しては主張しないといけない

まあ言いたいことは理解できますし(正しいかどうかは置いといて)、あまり極端な意見ではないかもしれません。私も賛同できるところは部分的にはあります。しかし政治的にある程度以上重要なポジションにいる人は言ってはいけないことでしょうし、日本政府としても余計なことをしてくれたものだと思っていることでしょう。

ここで現状の見解を書くことはやめますが、さて橋下市長は何をしたいのでしょうか。保守の皮をかぶった左寄り政党という立ち位置を変えたいのか、それともさらなる偽装をしたいのか。いずれにしても支持率低迷のために作戦を打ったはずなのに完全に裏目に出ました。いつ消滅しても不思議がなくなりました。

本塁でのブロックとタックルの是非

以前から釈然としていませんでしたが、本塁突入の際キャッチャーがブロックし、体格のいい選手にタックルされて負傷するということが相次いでいます。

昨日もマートンに突っ込まれてヤクルトの田中捕手が鎖骨骨折してしまいました。マートンは突っ込み方が非常に悪かったようでかなり批判を受けているようです。キャッチャーの首のところに膝が入るような体制だったようです。

ヤクルトは負傷者続出で、特にキャッチャーは相川も故障中で中村も以前カープ戦で死球を受け(前田智徳の死球の翌日だったので物議を醸しました)負傷したものの何とか試合に出続けているという状況です。

キャッチャーのブロックというのはどうなんでしょうか。特に明らかにセーフのタイミングでホームベースを完全にふさいでいたらランナーは体当たりするしか方法がないのは明らかです。ベース半分(ファウルゾーン寄り)を空けておけば全く問題ないような気がしますが、それはそれで作戦上許されないものでしょうか。

交流戦前の成績が出ました

   打率 出塁率 得点圏打率
廣瀬 .432 .561 .464    ルイス.236 .309 .067
梵  .280 .396 .300    
丸  .320 .436 .273    松山 .230 .237 .150 
菊池 .223 .288 .257    安部 .277 .352 .222 
堂林 .220 .268 .211    迎  .214 .214 .000
石原 .231 .320 .143    倉  .316 .480 .000 

倉は打席数が少なく数字に意味がありませんが、全体的に得点圏打率がいまいちですね。廣瀬と梵、丸は文句なし合格、安部が当落線上、その他の選手はちょっと一軍レベルとは言いがたいですね。廣瀬がとてつもない数字を残しているので他の選手の不出来が目立たないのでしょう。

ルイスを1番で使いたいという監督の意図はよくわかるのですが、丸が3番から2番になり復調しているところを見ると微妙です。幸い右の外国人投手には相性がよさそうなのでそれ限定で1番。その他は代打要員が無難でしょうか。

最近一軍に上がっていいところで打っている印象の岩本も、打率としては.238と悪く、得点圏打率.333というのが今後どうなるかですね。もう少し見ないとわかりません。

堂林はそろそろ二軍がいいと思うのですが、グッズ売り上げがいいので一軍に置くという噂があります。まあそれはそれで。ツーストライクになったら右にコンパクトに打つというのは無理なんですかねえ。守備は去年よりはいいのが救いでしょうか。

迎と松山は文句なし二軍行きです。特に迎は得点圏打率ゼロなのになぜか5番に置いたり代打で使ったりしています。今日もランナー1塁で代打でゲッツー打ってました。この人はノムケン監督と同様に運を持っていないように思えます。松山は本当に見るべきものがなくなりました。今日は1回に1アウト満塁で何とか犠牲フライを打ちましたが。1試合3エラーしても打てなくても二軍に落ちないのは不思議。

ルイス、松山、迎、ついでに堂林と石原、みんな揃って二軍に行きましょう。打てないなら二軍で鍛えなおしてフレッシュな戦力を発掘した方がいいです。ニックが結果を出しつつあります。會澤もいいようです。栗原も調子が上がっているようです。

投手陣についてはあまり心配していませんが、今村だけですね。去年のとWBCの疲労のせいであればしばらく休ませるのも一つですし、下半身が使えていないという指摘があるのなら修正すべきでしょう。福井はリリーフ適性がないのはわかりつつあるので、先発に戻してみるのもよいでしょう。ひょっとしたら今村も先発にしてもいいのかも。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。