スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短尺ドライバー脚光を浴びる・・・か?

ヒューマナチャレンジで優勝したパトリック・リードさん、何と43インチのドライバーを使っていたようです。去年の春までが44インチ(44.5インチという説もありどちらが正しいか不明)で、コーチを変更したのと同時に短尺にチェンジ。「コントロールが格段にアップし飛距離は落ちない」とは素晴らしい。

GolfchannelのホームページでWhat's in the bag?という企画があり、優勝した選手のセッティングが見られるのですが、Callaway Big Bertha Alpha (9.5 degrees, Fujikura Fuel Tour Spec 85 X shaft)ということです。85gのシャフトで43インチにしてバランスを出すにはヘッドを少し重くしたのでしょう。

私も以前から短尺大好きですし、非常に気になるニュースです。私の実験では45インチカーボンと43.5インチスチールを比較して飛距離は10y落ちくらい。今年はまだドライバーを振っていませんが、去年すごくいい感触だったヤマハインプレスXV201とともに、43.5インチ程度の鉄棒ドライバーも試します。本番ではどちらかが機能するのではという保険の意味合いもあったりします。

どこかの雑誌で実験してくれれば面白いと思いますが、どうでしょうか。
スポンサーサイト

リンクスSSアイアン+今日の練習

リンクスSSアイアンが気になっています。マーク金井さん監修で、ホームページによるとヘッド大きめ、打球面が肉厚で打感がかなりよい、そして何よりワイドソール+ハイバウンス。

ロフト設定はというと6番26度、7番30度、8番34度、9番39度、PW44度の5本が基本、そしてウエッジがまたさらにソールが広く、50度と56度を組み合わせるとまずまずのロフト間隔になります。54度があったらなおよかったかもしれませんがそれはさすがにありません。1番手アップのストロングロフトなのは少しひっかかりますが十分候補です。

安い出物があったら買ってみよう、5番23度だけでも、と思っていたのですが、今日ネットで探してみるとすっかり出物がなくなっています。ゴルフパートナーには結構あったと思うのですが今はカーボンLフレックスのセットが1つだけ、単品は5番の新品のみ。ゴルフドゥ、激安中古ゴルフ市場、ゴルフダイジェストオンラインには全くありません。ウエッジは各所にそこそこにあるのですが、アイアンについては超品薄状態です。

もしかして一躍大人気になってしまったのでしょうか。もう少し前だったら1本5000円-6000円計算くらいで買えたはずなのに。まあいいです。

今日久々に練習してきました。やはり先っぽに当たります。ものは試しとばかりにリストターンだけという意識で打ってみようとやってみました。はっきり言って手打ちなのですが、それでも7番アイアンで135yくらい飛んでました。それだとフェースの真ん中よりボール半個くらい先寄りの打点です。ど真ん中に当たると140y飛ぶかもしれません。5番だとたまに160y近く飛びました。ちなみにティアップせずマットの上に直置きの方が真ん中付近に当たりました。

それだけではゆるみっぱなしになるので、テイクバックをあまり上げず下半身で打つのを意識した打ち方もやりました。途中で右手に血豆ができたのでやめましたが、もっともっと打ちたかったです。合計110球なのに。

ギターレッスン開始

昨日ギターレッスンを受け始めました。ギターを始めたのは10年以上前、家には1996年に出版されたギターの本が数冊ありますので、そのあたりでしょうか。ここまで独学で裏技を使いながらゆっくりやってきましたが、やっとレッスンを受けました。

20年くらい経過しているSeagullのギター、先生が弾くとまあ素晴らしい。よく鳴りますねと言われましたが、3月にはオーダーしたK.YairiのRF-90が届くので、もっと素晴らしいはず。

ストロークのやり方とか中心に習いました。久々に押さえたGは指がつりそうでした。今までは指1本の「なんちゃってG」でしたから・・・。月に2回と回数少な目なのでそんなにすぐに上達することはありませんが、さあどうなるでしょうか。

やっとゴルフライフ再開

今日は最高気温が10度くらいになるとのことで、昼過ぎに暖かくなってきたのを見計らって練習してきました。バイク事故以来4ヶ月ぶりと、本当に久々の練習でした。

インプレスXVフォージド8番アイアンを中心にやりましたが、すごく変な手応え、まさかと思ってシールを貼るとかなりトウ寄りばかり当たっています。そんなにボールとの距離は遠いとも思えませんし、不思議。ただ少しトウ寄りというまだマシな所に当たった場合は120yくらいと飛距離もまずまず。ジャイロスイングにした方が打率も飛距離も安定してました。

今日はあまり頑張って直す気もありませんし、ふと思いついて手元をなるべく動かさずリストターンだけで振るようにやってみました。ボールは少し左に出て少しフックしますが、飛距離はかなりいい感じです。8番で130y、50度AWでも100yくらい飛んでます。これはいい。

まあこんな感じで55球打って終了しました。終わったあと背中の痛みはちょっとありましたが、打ちながらイテテテは皆無。首に負担をかけないようにしたので遠慮なく振ると痛いかもしれませんがこれで十分ラウンドはできそうです。よかった。

認知症の人が外出して電車にはねられ遺族に賠償が・・・

認知症の方が電車にはねられた事故がこの8年で149件ありそのうち115人が死亡したというニュースがありました。その中で91歳の方が死亡した事故で、JR東海から遺族に損害賠償せよという訴えがあり、地裁で何と720万円賠償せよという判決が出たようです。

認知症患者さんの徘徊というのは、ここは自分の家ではないと言って今はないかもしれない生まれ育った家に帰ろうとするとか、いろんなケースがあります。アルツハイマー型認知症の場合は道に迷うことも多く、判断力も悪くパニックになりやすいので踏切を越えて進入する可能性も大いにあるでしょう。

認知症の在宅介護は結構壮絶です。周りの人がうつになるケースは大いにあります。本当に頭が下がります。今回の判決がまかり通れば在宅介護を積極的にしようとする人が馬鹿を見るのは明らかです。この判決を出した裁判官のやつらは現場を知らないのでしょう。

医療現場の人間としてみると、いくつか疑問はあります。徘徊を時々していたとして、主治医がそれをわかっていた場合、何か対策をとっていたのか。漫然とアリセプト(脳の機能を上げる薬、興奮の副作用あり)を出していてその他何もしていなかったとするなら、もう少し何とかならんかったのかとも言いたくなります。

認知症患者さんに精神科系の薬を出して落ち着いてもらうことは結構厳しい縛りがあります。死亡率が上がるから原則出すなと言わんばかりの提言もあったりします。足腰が弱って骨折のリスクが上がるから出さないという医師もゴマンといます。自分の親が認知症だったらどうするのか興味がありますが。

とはいえ鉄道会社としては賠償を請求したいのもわかります。介護保険から支出するのが一番リーズナブルだと思います。認知症の方は社会で支えるという発想があれば、個人に責任をなすりつけるのは合理的でないのはすぐわかるはずなんですけどね。鉄道会社には罪はないと思いますし(他に方法がない)、損害賠償を請求された遺族の方にはお気の毒としか言いようがありませんが、今回のことをきっかけにいい方向に改善されることを期待します。

このケースは控訴していますし、今後このニュースを反面教師として議論も進むでしょうから、今回のような判決にはならないと思います。ただ認知症をめぐる環境というのは現場を知らない人たちが動かしているというのが最大の問題であることは変わりがありません。情けないことです。

浦和レッズは何がしたいのか

サンフレッチェ広島からまたもや浦和レッズにGK西川が移籍することになりました。年俸は今年の5000万円から1億円に倍増とのこと。またサンフレッチェからイギリスのサウザンプトンに行った李忠成とも合意したとのこと。これで槙野、柏木、森脇、そしてペトロビッチ監督に続いて合計6人移籍したことになります。

ペトロビッチ監督の意思でサンフレッチェから集めているとするならなおさらですが、そうでなくても普通はこんなことはしないでしょう。かつてはアルビレックス新潟からも選手を集めてアルビレッズとも言われていたわけで、まあ確信犯というか何とも思っていないんでしょう。

かつては阪神もカープから金本、シーツ、新井兄と引き抜いたものですが、スケールが違いますね。共通点はどちらもたいして強くなっていないこと、下手すると来年はカープが阪神より上に行くかもしれませんし、引き抜けば引き抜くほど弱くなるのでは・・・っていいかげん気づいてほしいものです。

西川は近い将来日本代表第一GKとなると思うのですが、レッズに行ってどうなるか、です。まさかサンフレッチェではあまり厳しいシュートが来ないので、自分を磨くためにあえて失点の多い(ディフェンスの弱い?)レッズに移籍したいというオチだったりして。

パソコン大掃除

年末から年始にかけてパソコンの大掃除です。

まず年末は職場のパソコン(富士通のデスクトップ、OSはWindowsVista)にインテルのSSD(ディスクのコピーが専用ソフトで楽々)を入れてWindows8.1をインストールしました。購入後5年弱経過してハードディスクのトラブルが心配になってきたので、どうせならSSDで高速化、せっかくなのでOSも一新、です。

本当はパーティションを区切りたくなかったのですが、暫定として勝手に半分くらいに区切られたあと、修正することができず結局そのままになってしまいました。ドライブの入れ替えはそれらしいネジを外し、SSDドライブ付属の3.5インチ用のステーをそれらしく付けたら簡単にできました。かなりサクサク動くようになり今後しばらく使えそうです。

今日は家の3年半ほど経過した富士通のノート(Windows7)をやりました。以前SSDに換装した時はシステムを全部コピーしただけで、勝手にC、D、Eに3分割されたり、Dドライブに変なファイルが勝手にできていたしていたので、不便かつ信頼性が疑問でした。あえてWindows8を買うまでもないかなと思い、リカバリディスクを使用してWindows7のままにしてみました。

青いトラブル解決ディスクを挿入し、再起動してF12キーを連打したらトラブル解決ナビが立ち上がり、まずはディスクを一旦初期化することにしました。実行してはたと気づいたのですが、ドライブを分割したら結局初期化されるのではと考え、一旦中断してパーティション管理を実行しました。途中強制終了したせいかどうか、当初予定していたパーティション区切りなしはできず、自動的に購入時そのまんまの状態に戻ることにさせられました。つまりC、Dドライブに区切られ、最低容量50GBなのでちょうど半分に区切られました。まあいいか。

そんなこんなで無事リカバリが成功しました。もっと知識があればパーティションを区切らずにできていたかもしれませんが、私の乏しい知識ではいずれにしてもこれが限界でしょう。でも大満足の大掃除となりました。

<1/3追記>結局一番苦労したのはSP1のインストールでした。インターネットエクスプローラーをインストールしようとしたところSP1が入っていないとダメと言われました。マイクロソフトのヘルプをたくさん読んでもイマイチわからず(Windows8に移行させようと思って意地悪しているとしか思えない)、ダウンロードファイルが複数表示されて、どうやら976932-x86.exeというやつがそれだと書いてあるページを見つけ、その通りにやってもうまく行きませんでした。

結局はWindowsUpdateを何回も繰り返しているうちに、その中にsp1の更新プログラムが含まれていて、ものすごく時間がかかってフリーズしてんじゃないかと思いましたが無事ダウンロード終了。再起動して青画面になっても20分くらい?かかりました。まあともかく最終的に完了したのでほっとしています。

明けましておめでとうございます

皆様新年明けましておめでとうございます。

去年は激動の?年でした。春にレッスンを受け、五十肩が悪化して離脱、そして4年ぶりの100切りを果たし、その後バイクで事故しバイクライフ休止、ゴルフも中断となりました。

今の調子は時々意味不明の頭痛がすること、今までの半分以下のお酒(ビール350mlはぎりぎりOK?、ワインは180ml以下で)で翌日ひどい頭痛と吐き気に苦しむこと、背中の痛みがとれないこと、こんな感じです。一方で右肩は事故前のレベルに近くなっていて、首は動かすとゴキゴキと違和感はあるものの大丈夫そうです。

もしかしたら普通にゴルフできるかもしれませんし、アプローチに毛が生えたようなスイングならもっと可能性があります。去年のような改善は望めないかもしれませんが、ともかくゴルフができるようになること、この1点です。

そしてもう一つ音楽活動です。今年3月にはK.YairiのRF-90カスタムが出来上がる予定です。カスタムと言ってもネックを広くしてデザインを変更して(豪華にではなく簡素に)というだけですが、世界に1本自分だけの仕様というのはワクワクです。

で、ギターのレッスンを受けることに決めました。今日程調整中です。さあどうなりますことやら。

今年は車の買い替えもないでしょうし(パンダさんすごく気に入っています)、バイクも買いません。大きな出費のある大イベントはないでしょうから、今あるもので楽しむことにします。

去年も皆様に大変お世話になりました。今年もどうかよろしくお願いいたします。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。