スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドームキャビティとメガシャトルMX

今日ドームキャビティのグリップ交換とMOI合わせをしました。クラブによっては想定MOIより100くらい小さく、10gくらい(重量は測定せず現物合わせ)鉛を貼りました。マルマンメガシャトルMXはMOIが出すぎていたため0.25インチ程度シャフトをカットして55ほどMOIが下がりました。

3月はじめに初ゴルフがあるのですが、今回のセッティングが決まりました。

1W ヤマハインプレスX410V+NS950DR 43インチ強 2741
4I マルマンメガシャトルMX(20度) 38.5インチ 2664
5I-SW マグレガードームキャビティ(5Iが24度) 2640-2646

SWはMOIを20くらい小さくするはずでしたがなぜか2642と普通の値になってしまいました。鉛をはがすのも大変なのでまずこれで使ってみて、問題があるようなら鉛を減らします。ドームキャビティの場合ソールがめちゃくちゃ広く、そこに鉛を貼ると全く目立ちません。SWとAWのように大量に鉛を貼るとバックフェースまではみ出してきますが。

4Iもドームキャビティ同様めちゃくちゃソールが広いので、UT感覚で使えそうです。もうこれ以上UTはいりません。
スポンサーサイト

見事なまでにMOIがバラバラ

マルマンシャトルMXの4I(20度)とリンクスSSウエッジ56度は無事届きまして、打ってみたのですがどちらも大いに可能性を感じました。しかし他のクラブから持ち替えると違和感があったりしてMOIを調べてみました。

うちのクラブを測定する上で基準となるクラブがヤマハインプレスX V forged2代目の7番アイアン(試打用の単品)ですが、これと比べるとシャトル4Iは+57、リンクスSS56度は+20とちょっと大きめです。

シャトルはNS950スーパーウエイトフローというシャフトで、フレックスRです。測定してみると長さ38.75インチ(カタログでは38.5インチ)、386gです。グリップは外してみたら50gありました(一部グリップテープ残存あり)。カタログには43gとありましたが、スチールシャフト仕様は50g近いのかもしれません。

シャフトの手元側には39.0とありましたので、3番アイアン用シャフトが入っているということです。ロフト、長さから見ても3番アイアン標準のスペックです。これは手元を0.25インチくらいカットするとちょうどいい感じになりそうです。

ひとつ心配なのが、ヘッドスピードが思ったほど(37前後くらい?)出ていないことです。それに比較するとPING EYE2の2番アイアンは39くらい出ますし、知らず知らずに体を使って振れるような気がします。手元カットして使ってみるとまた違うかもしれませんが。

リンクスSSの56度はすごく柔らかい気持ちのいい打感でした。これは素晴らしい。50度も注文してしまいました。シャフトはNS950のSで、ややMOIが大きいですが、少なくとも練習場のマットの上ではいい感じで(滑ってくれて?)打てました。これはNS950のRに入れ替えてMOIを合わせるつもりです。本当は他のアイアン-20がいいのでしょうけども、ダフってなんぼのクラブでしょうからプラマイゼロにしてみようと思います。

しかしながら同じNS950アイアン用を入れたクラブでこれほどまでにMOIが違うのが不思議です。私のアイアンは例の試打用7番アイアンの値に統一されているのですが(今までのエースアイアン初代X Vforgedでは6番アイアンが同じ値で5番はやや大きいですがそのまま、7番以下は鉛で調整)、シャトル4番では57、ハイボア5番UTだと100も大きいことになります。鉛で言うと5g以上の違いです。これではうまく打てなくても仕方ないことになります。

ハイボア届いたものの・・・

3つ注文したうちの一つクリーブランドハイボアXLiだけ届いたのですが、MOIを計るとかなり想定より大きい値でした。NS955だからそんなに変わらないと思っていたのが、一番小さい値の9番が手持ちアイアンより+20ほど多く、一番大きい5番だと+100になってしまっています。これでは鉄棒ドライバーが軽すぎるとか問題が起きそうです。

当初鉛を貼って調整するはずでしたが、逆にシャフトを手元カットするしかなさそうです。MOIを100小さくするには0.5インチとかもう少し切らないといけません。とりあえずこのまま練習場に持っていって試して、そのあとカットするつもりです。

残る4番アイアンとSWは関東地方の大雪のため足止めです。ゆっくり来てください。しかし今年は大雪がこんなに繰り返すとはどうなってるんでしょう。甲府は100cmオーバーという120年間で最大の積雪だったようで、今も大変なようです。早くとけてほしいですね。

狂ったようにクラブを注文

どこまで買えば気が済むのか、という感じですが(大汗)。

1、クリーブランド ハイボアXLi 5I-AW
2、マルマン メガシャトルi3000MX 4番
3、リンクス SSウエッジ 56度

この2日ほどで一気に注文してしまいました。ハイボアは全番手ユーティリティというアイアンセットですが、純正でNS955CLというおそらくNS950の派生品が装着されていて、フレックスRでAWまでそろっているのが1本だけありましたので大急ぎで落札しました。PRGR eggも候補でしたが高いのと同じ職場の人が使っているのでやめました。

同じコンセプトでマルマンメガシャトルも候補でしたが、アイアンが10番まであってPW、AW、SWというセットは拒否反応があります。とはいえ4番(20度)だけあとで買いました。

ハイボアは5番27度からAW50度までのセットなので、手持ちのハイボア無印4番(24度)のヘッドが有効活用できます。できれば3番もほしいのですが中古がありません。そういうタイミングもありメガシャトルの4番を買いました。これはUTではなくてUTっぽいアイアンですが、いい相棒になってくれればいいのですが。

バンカーで頼りになるSWですが、今のところ手持ちはマグレガードームキャビティのSWとFITWAYの52度くらいしかありません。ドルフィンを買おうとも思ったのですがまだまだ高いので今後ということにしてリンクスのハイバウンス幅広ソールがどのくらいはねるのか(爆)試してみようと思いました。

ドームキャビティでほとんど解決のはずですが、一旦頭が爆発するともうダメです。

今日の練習

昨日手元よりヘッドの移動量を多くすることを意識して素振りをして、今日練習してきました。飛距離は相変わらずです。8番アイアンで125-130y、まあ必要十分ですがスイングをいじるなら135yくらい飛んでくれてほしいところです。

そして鉄棒ドライバーを打ちましたが、今日はヘッドスピードテスターで200y近辺でした。ヘッドスピードは40くらい。球を見るとそんなに飛んでるのかなと思いますが、低弾道ですしランが多いのかもしれません。

おまけですがEYE2の1番、2番、3番も打ってみました。1番(16度)と2番(18.5度)はほぼ飛距離が同等で、3番アイアンモードでの測定値はうまく当たった時で185y、当たりが悪いと175yくらいと、これが本当の値であれば結構うれしいです。3番(21.5度)は175yくらい。まあ本番では1番から3番までよくてこのくらいでしょう。しかしこの3本は自然にハードヒットしてしまいます。1番でうまく振れたときはヘッドスピード40とドライバー並みでした。鍛えるにはよいか?

UTはやはりだめですね。シルバースコット845の3U(23度)+NS950UTは全部右に出てスライスでした。鉛を5g程度はがしても同じ。そもそもヘッドスピードが明らかに出てませんし振っていて気持ちがよくないです。NS950GHに変えてもそんなに変わるとは思えませんし、不思議です。

昨日の練習、とりあえず190y

昨日仕事が終わって練習してきました。車の外気温計では4度と、普段だとあまり練習したくないような気温ですが、頑張ってきました。

アイアンをほどほどに打ちましたが、そういえばマットの上から打ったせいか今回は普通に打てました。ショットマーカーは貼っていないので正確なところは不明ですが。6番アイアンで145y程度とまずまず。あとPING EYE2 BCとドームキャビティも2本ずつ持っていって打ってみたのですが、特にEYE2は結構いいと思いました。インプレスX Vフォージドはややスライス傾向で、球筋的にはEYE2がすごくよかったです。ドームは鉛を貼っていなくて評価不能。飛距離はロフトを加味するとどれも同程度。

しかしUTは相変わらずダメです。今回持っていったのはシルバースコット845の4U(23度)とマックテックNVGの20度ですが、両方とも大スライス。845はダフり傾向なのでもう少し鉛をはがしたら少しよくなるかもしれません。

そして今年初めてのドライバーです。ヤマハインプレスX410V+NS950DRで確か43.5インチくらいのやつですが、リストターンを意識して軽く振ると(体を使っている意識はあまりなく手打ち気味)190y。ちょっと強く振ったら200y近辺まで飛んでます。だんだんリストターンをしている意識がなくなってしまいましたが、それでも最後まで190yくらいをキープしていました。ショットマーカーは真ん中付近(もちろんある程度ばらけます)でいい感じ。

ドライバー190y、6番アイアン(28度)145yですと何とかゴルフにはなりそうですが、欲を言うと165yくらい飛んでくれるクラブがほしいです。5番アイアン(25度)はあまり使えないでしょうし、願わくば6番アイアン程度の難易度でもう20y飛んでくれるクラブがいいです。22-23度のUTが打てれば一番いいのですが、こんなに難航するとは・・・

過去の記録を見ると一番まともに結果が出たUTはEZ PIARMの20度(ユーティリティアイアンに近いがソールは広め)でした。今回23度を注文しました。これがはまるといいのですが。<追記>注文後在庫なしと言われてしまいました。

43.5インチ鉄棒ドライバーの記事が

今回の週刊ゴルフダイジェスト(2/18号)に「上級者のクラブ どこが違う?何を変える?」という記事がありまして、その中で43.5インチの鉄棒ドライバーを作った方のものがありました。

ヘッドはPING G20の9.5度、深重心で重量のあるヘッドなので強くまっすぐな球が打ちやすいとのこと。シャフトはNS950FWのS、これはNS950DR-Sのシャフト先端を1インチカットしたものです。結構硬いかもしれません。47歳シングルさんで右手をしっかり使うタイプというのも関係する選択でしょうか。ちなみに飛距離は10yダウン程度で平均飛距離はあまり変わらないとのことです。

私の鉄棒ドライバーはヘッドはおおむねヤマハの何かで(今は445Dと410V)、シャフトはNS950DR-Rの先端ノーカットです。ワッグルすると先が柔らかいと感じますから、もう0.5インチくらい先端カットしてみようかなとたくらんでいます。

だいたいこれでティショットを打ち、180yしか飛んでないのでだいたいの同伴者に負けます。これでは短尺鉄棒がめちゃくちゃ飛ばないというイメージになってしまいますので、今年は汚名返上と行きたいところです。200y飛んでくれればかなり100切りが簡単になるはずですし。

ドライバーに苦手意識のあるすべてのゴルファーに一度は試していただきたい短尺(鉄棒に限らず)ですが、クラブ間のバランスのギャップを自分では埋められない人には難しいでしょうか。

ところでこの記事でもう一つ気になったのは、グリップが「ナウヒアストレートグリップ」ということです。普通のグリップは先の方が絞られていますが、こいつは先まであまり太さが変わりません。これはリストを返しすぎない作用があるようですが、私にとっては短く持っても握り心地が変わらないというのがいいです。しかしお値段が1本1680円・・・

ギターレッスン2回目

昨日はギターレッスンの2回目でした。

この1週間で前回のおさらいとして、ピックを使ってのストローク練習をメインに(ミュートして)、課題曲候補を少々、とやりましたが、時間的にはたいしたことがなくあまり進歩がなかったような気がします。今まで家で小音量で弾くためにピックは使ってこなかったので結構な難関です。

昨日はコードチェンジしながらのストロークから入りましたが、ストロークがいまいちでミュートしてのストロークに戻ってしばらくやり、感覚を取り戻したところでコードを弾きました。GとかDmとか苦手なコードが、と思っていたら意外にもCでつまずきました。5弦を押さえている指がどうしても4弦に触れてしまいびびります。先生のアドバイスで押さえ方を工夫してみるもうまくいかず、まあいいか、となりました。私の指が太すぎるのが原因のようです(汗)。

4つのコードをチェンジしながらストローク練習を繰り返し、ちょっとスムーズになったところで(音はぐちゃぐちゃでもリズムに乗って一応チェンジできているくらい)先生がエレキでソロを・・・。いいですねえ。めっちゃ気持ちいいです。

その次は16ビートのストローク。これがまたやったことがないので四苦八苦。それでもまずまずうまくいきほめていただきました。先生はほめ上手です。そして違うコードパターンでストローク。気合入りまくりで息をしているのかどうか、ひいひい言いながらやっていきました。

最後に課題曲を、となりましたが、候補だった森山直太朗の「さくら」は今風邪の治りかけで全く歌えそうもないので先生が用意してくださった「乾杯」でやりました。これもBmとか出てくるので四苦八苦どころではありません。しばらくやったあとで「歌だけやってみましょう」とのことで、先生のギターで歌ってみました。もう少し大きく口を開けて大きな声で、とやってみたところ別人のようになったとほめていただきました。息が苦しいくらいです。出口が広がったから声量が増え、息の供給不足になったとのことです。これもまた新発見。

本当に充実した1時間でした。歌が入るとストレス解消にもなりそうです。さあもっと練習しないと。

橋下市長の腹の中をのぞいてみたい

大阪の橋下市長が辞任と再選挙の方針を表明したようです。大阪都構想が周囲の反対で頓挫しそうで、民意を問う辞任ということでしょう。市議会はもともと対決姿勢でしたが、今回公明党が対立側に回りダメ押しをした様子です。

都構想の理念自体はいいと思います。大阪府と大阪市の両方が同じ仕事をしているのを一本化するのであれば効率がよくなるのは自明です。いらぬ縄張り争いがあるならそれをやめてしまうのは大歓迎でしょう。堺市が含まれるようでこれが問題をさらに複雑にしたのか(堺市長も橋下組で固めるべきかったか)うまくいきませんでした。

大阪府民、市民の考えはどうなのかわかりませんが、法改正などあれこれ大規模なことをやらなくてもやれることは多いと思います。今までどれだけの効率化を成し遂げたのか、それとも今までは地固めのみで都ができたらやることにしていたのか、私は知りませんが、少なくとも皆が絶賛するほどの実績を上げたとは到底言い難い状況です。

このタイミングで選挙のやり直しをするなら、よほどの覚悟がないといけないはずです。もう一度市長に返り咲いてもう一度都構想に失敗し、やっぱり失敗しました、では非難ごうごうです。借金をこれ以上増やすと破綻も見えてくるかもしれない火の車状態のようですから。

大阪市長と維新の党首という二束のわらじはもう無理ですね。そもそも私にはまだ橋下市長の腹の中というのが見えません。本当に何をしたいのか全くわかりません。今後の事態の推移を見守るしかありません。

減量は順調ですが何か寂しい

かつてない酒抜き生活が続いています。去年9月のバイク事故直前の節酒がきっかけで、バイク事故で物理的に飲めなくなり、今は週にビール1-2缶という超健全な生活です。寝る前のおつまみも週1回食べるかどうかです。

9/30の記事で、1日に飲んでいたお酒の450kcalをなくせば、1か月で1.5kg減る計算になると書きました。確か一番体重があった頃は91kg位だったと思います。あれから4か月半、計算通りに行くと6.75kg減っているはずですが。

今日の体重は・・・86.4kgです。今は軽い服装で、91kgの時はズボンをはいていた(今日ズボン+ベルトで800gくらいあることを確認)ことを考えると何とか4kg弱くらい減らしたことになります。ちょっとペースが合いませんが、お菓子の量が増えた要素は大いにあり、です。

ただ最近はコンビニで昼食を探す時にカロリーをいちいち気にするようになりました。パンを3個食べるとすると、下手をしたら1500kcalくらいになる場合もあります。普通の大きさでは400kcal前後で、1個500kcalを超える菓子パンは珍しくありません。できる限り1回の食事でのカロリーを1000kcalに抑えるようにしています。

しかしまだまだおなか周りがかなりみっともないです。筋トレはしていませんので仕方ないです。ただ私としてはこのまま体重が減ってくれるよりも、お酒が飲める体に戻りたいです。以前のように1日で日本酒換算3合くらい飲めたらどんなに素晴らしいことか。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。