カープ交流戦初勝利も課題山積み

昨日の西武戦は3-1で勝ち、やっと今年の交流戦初勝利でした。

バリントンが良く投げたこと、一岡初セーブ(冷や冷や)は評価できるものの、打線についてはやはりホームラン2発での3点ですから課題が多いです。要するにタイムリーヒットが0本ですから。

野球はある程度確率に左右されるゲームですから、せめて確率通り、采配を工夫して確率以上の結果を出さないといけません。0アウト12塁、1アウト23塁から1点を取れる確率はどのくらいでしょうか。1アウト23塁からは2回に1回は点を取らないといけないでしょう。1アウト2塁から1点取れる確率は4回に1回くらいでしょうか。

そこに着目すると、昨日は2回と6回に0アウト12塁、3回・4回・8回に0アウト1塁というチャンスがありました。0アウト12塁という2回のチャンスはいずれも強攻策で併殺でした。ロサリオは仕方ないとしても7番木村のところではバスターではなくて送りバントはできなかったでしょうか。もちろん守備陣が激しくダッシュしたらそんなに簡単にはいかないでしょうけども。

タイムリーゼロということは得点圏打率ゼロということです。得点圏の打席は2回2アウト13塁で白濱がセンターフライ、6回0アウト12塁でロサリオ内野ゴロゲッツー、6回2アウト3塁で木村外野フライ、8回裏2アウト12塁で木村内野ゴロ、という結果でした。

同じように得点圏打率を調べてみますと、
5/24は7打数1安打(オリックスは10打数4安打)
5/23は4打数0安打(オリックスは5打数1安打その他犠牲フライ1本)
5/21は3打数1安打(1安打は内野安打、その他犠牲フライ1本、ソフトバンクは9打数2安打)
5/20は7打数2安打(ソフトバンクは12打数5安打)。

この4連敗では得点圏打率は21打数4安打で.190、相手チームは36打数12安打.333と全く違います。もちろん得点が入る試合だと得点圏の打数も増えますからそれだけでも違いますが。

カープにタイムリーが出ないで相手には出るというのは相手投手の実力や相性もあるでしょうけど、作戦とメンタル面に問題があるのでしょう。オリックスの金子だって被打率は左右ともに2割3分くらいあるのです。確率通り打つのは最低条件です。もっともパリーグ相手のこの数字ですから、セリーグの方がレベルが低いからというトホホな結論になるのかもしれません。
スポンサーサイト

カープ交流戦4連敗、は起こるべくして起きた

交流戦での苦戦は想定してはいたのですが、さすがに4連敗となるとへこみます。

相手がソフトバンク、オリックスとパリーグの2位と1位ですし、結構いい防御率の先発投手3人と当たったのも仕方ない部分です。現在パリーグ投手の防御率2位の金子、6位のスタンリッジ、規定投球回数には到達していないものの試合前の時点での防御率2.70(スタンリッジと同等)の帆足、結構なものです。

試合はほとんど見られませんでしたが、おととしまでの弱いカープの典型的な試合のようです。ピッチャーが先制点を与える、守備の乱れ、打線の援護なし、ベンチの策なしという、まあこれだけ並べると普通の負けチームの結果とも言えますが。

昨日のオリックス戦、先発投手は八木という、相手とすれば6回投げて3点以内ならもうけもんというような、大瀬良が先発のカープとしたらぜひ勝ちたいなという試合でした。八木は1点とられて1アウト23塁になったところで、なんと2回途中で交代になります。マエストリが出てきてピッチャーの大瀬良を内野ゴロ、1番菊池を空振り三振。このあたりで流れが変わりました。

1対1になった2回裏、連続ヒットと送りバントで1アウト23塁、打席はマエストリ、ここはちゃんとアウトにして2アウト23塁、どこかで見た場面ですがここからオリックスは平野のヒットで2点とります。解説者は「早いカウントから打ってきている。少し不用意ではないか」というコメントをしていました。カープの早打ちとは違う、意味のある早打ちなのでしょう。

こういう細かい差が大きな差になっていくのでしょう。八木を交代したように大瀬良を交代せよというつもりはありませんが、相手にできてカープにはできないことって何だったんだろう、と検証しないといけません。まあとっくにしているんでしょうけども。

この4試合、キャッチャーに着目すると、初戦は白濱4イニングと石原4イニング、2戦目は会澤8イニング、3戦目と4戦目は石原8イニングです。白濱は4イニングで2失点(先発篠田なので十分)、会澤は8イニングで2失点(九里と永川なので素晴らしい)、石原は20イニングで15失点(まえけんと大瀬良・・・)。石原での失点が目立ちます。

そもそも石原に期待しすぎというか、これ契約がそうなってるんでしょうか。最近いいところで打っているとはいえ、キャッチャーは守ってナンボでしょう。

ちなみに初戦の白濱4イニングで交代というのは、5回表に1アウト23塁で白濱のところで代打中東を送られたためです。中東は内野ゴロで次の代打田中が三振し1点も入りませんでした。そして直後の5回裏に篠田から西原にスイッチし、1点とられて0-3となり、その次の回にもう3点とられて終了でした。なぜ西原、と地元新聞では大いに突っ込んでました。なぜ中東、というのも本当は言わないといけないんでしょうけども。白濱には外野フライも期待できないのに中東には期待できる?

ノムケン監督の采配がまともになったと言われてきて、私も特に違和感はありませんでしたが、どうやらすべてがうまくいっている時は頭をひねる必要がなかったというのが真相でしょう。こういう強いチーム相手で流れを変えたい時には去年までの迷采配が顔を出します。

迷采配と言えば、とうとう昨日フィリップスを二軍に落としてロサリオを上げました。3番ロサリオ、4番エルドレッド、5番キラの夢のクリーンナップ・・・・っておいおい。レフトエルドレッドでライトロサリオという超攻撃的守備、ではなくて恐ろしい守備陣。DHのある時に3人体制ならまだわかるのですが、私としては相手の先発投手がイマイチの時限定にしてほしいです。結果は3人合わせて11打数2安打(シングルヒット)1四球、エラー2個。

負けるべくして負けたという感じですね。いいピッチャーが相手の時はなるべく小技を使える布陣にして、相手の嫌がる攻撃をする。ボール球を見極め、逆方向へのバッティングが基本。私でもわかりそうなものですが、エルキラ松山なんて並べたら小技なんて何もできません。大味な野球に慣れてしまったんでしょう。

カープ交流戦前の日程終了

42試合が終了し、貯金が12、2位阪神と3ゲーム差、3位巨人と4.5ゲーム差の首位というのはできすぎです。

投手陣がいいのは前評判通り(普通はそうはいかない)、それになぜかホームランが多くて49本というのも想定外です。12球団トップのヤクルトが50本、3位が巨人の45本、それ以外に1試合1本以上のペースで打つ球団はゼロですから。エルドレッドが大当たりなのが大きいです。彼がいなかったら3位がせいぜいでしょう。

しかしなぜか盗塁が少ないです。12球団トップがソフトバンク40個、2位が巨人の38個、本当はこのあたりに割って入りたいのですがカープは6位の25個です。しかも10位と11位が22個ですからそんなに変わりないという、はっきりいって少なすぎの数字です。盗塁をもっとがんばらないといけません。

個人の成績としては(打率・出塁率・得点圏打率、100打席以上、広瀬田中木村は50-99打席)、
梵  .240 .345 .154  松山 .337 .382 .308
堂林 .255 .358 .375  エル .356 .402 .463
丸  .299 .404 .324  
キラ .297 .381 .229  広瀬 .224 .276 .286
石原 .126 .248 .174  田中 .208 .288 .200
菊池 .312 .337 .360  木村 .343 .365 .353

やはりエルドレッドが突出しています。米子の2試合で極端な不振だったものの、野村監督(兼特別打撃コーチ)の指導で蘇ったようです。しかもホームラン15本とセリーグトップ。レフトの守備も特に問題ないようですし素晴らしいです。

これを見ると堂林の骨折は痛いです。打率はだんだん上がってきましたし打率以上に出塁率がよいです。しかも得点圏打率がよいです。残念。

石原の打率がひどいことになっていて、しかも状況に応じたバッティングができていないようです。最近は白濱や会澤が起用されることが増えてきました。彼らも打率1割台ですがまだ経験が少なく伸びしろがあります。特に白濱はバリントンとは全試合で組んでいて、守備面ではしっかり結果を出しています。個人的には石原は今後を見据えてしばらく二軍でいいかなと思います。

松山と木村の成績がいいですが、ほぼ右投手が先発に限っての起用です。松山は左投手に対しては7打数2安打と数字を評価するどころではありません。今後どうするでしょうか。逆に左投手が先発の場合のサードとライトですが、小窪とか広瀬とか打撃成績はいまいちです。ここに若い右打者が割って入るスペースがありますので期待します。だからこそ左投手相手でも松山と木村を使う選択もあったりしますが、左右病と言われているノムケン監督はどうするでしょうか。

投手陣は先発がやや弱いですが、中継ぎ以降は磐石です。

九里   2勝2敗 防御率3.97   永川  15投球回 12ホールド 防御率2.40
大瀬良  5勝1敗 防御率2.63   一岡  18投球回 12ホールド 防御率0.00
まえけん 4勝2敗 防御率2.33   中田廉 21投球回 6ホールド 防御率0.84
野村   3勝2敗 防御率6.84   ミコライオ 13.3投球回 11セーブ 防御率1.35
篠田   3勝2敗 防御率3.44   フィリップス 1勝1ホールド 防御率2.25
バリントン5勝4敗 防御率3.34

大瀬良は順調すぎます。まえけんは防御率こそまずまずですが、なんとなく調子が悪そうです。しかも昨日巨人阿部の打球が股間に直撃して心配です。真ん中は外れたようですが・・・。野村の調子の悪さは想定外で、二軍で建て直し中、しかし篠田が予想外にいいです。バリントンは4月に援護をもらえず連敗でしたが最近は援護が十分あり勝ちが先行しました。球数少な目なのが特によいです。

救援陣の素晴らしさは数字を見ると一目瞭然です。一岡は本当にカープに来てくれてよかったです。大竹の穴は完全に埋まっておつりが来るくらいです。あと中田廉、彼は防御率を見ると完全に勝ちパターンの投手なのですが、僅差で負けている試合とかで2イニング投げる役割をこなすのが素晴らしいです。

問題は登板過多ですが、今まで42試合ですから144試合に換算すると中田廉が72投球回、一岡が62投球回となります。だいたい70回を越すと多い部類に入りますが、中田廉は試合数が少ないのでちょっと有利、一岡もこのペースなら余裕です。成績のよい中継ぎがたくさんいると登板過多を避けられるというよい見本でしょう。このペースならばですが。

これから夏に入って疲労が蓄積したり、故障する選手が出てくると戦力に変化が出ます。今のままの戦い方でもある程度はいいと思いますが、思い切って実績のない選手を起用したりすることも必要になってくるのではと思います。これから交流戦が始まりますし、急な失速も十分あり得ます。さあどうなるでしょうか。

今に始まったことでないけどカープの超早打ち

ここにはよく書きますけど、カープの早打ちが目立ちます。打てればいいんですけど打てないときに目立ちます。

もちろんヒットとか四球が出れば相手投手は球数が増えますから、打てなければ球数は少なくなります。しかしそうするといいピッチングをしている投手があれよあれよと完投まで行ってしまうことにもなりますし、7回で標準的な球数である105球も投げさせれば8回9回は投手が変わってくれるかもしれません。もちろん磐石の救援陣を抱えるチーム(たとえばカープ!)には通用しないでしょうけども。

今日の試合をYahoo一球速報で振り返りますと、1回田中6球菊池2球丸3球、2回エル4球松山1球キラ2球、3回木村3球(ヒット)白濱5球鈴木誠1球(併殺)、4回田中1球菊池2球丸2球、5回エル5球松山2球キラ6球(四球)木村1球、6回白濱1球会澤3球田中1球、7回菊池2球丸5球(四球)エル2球(併殺)、とひどいものです。5回までで47球、7回までで61球と中日の朝倉に超省エネ投球をさせてしまっています。しかも7回までヒット1本。

結果8回にはその朝倉から一気に5点をとるわけですが、やはり中東以外全員がファーストストライクから振っていくというやり方でした。朝倉は疲れるほど球数を投げていないように見えますから、やっとカープ打線が慣れてきたということなんでしょうか。それならもう少しファウルで粘るなりして序盤から目を慣らした方がいいような気がします。

ファーストストライクから振るということは、2ストライクまではフルスイング、2ストライクになってからはコンパクトなスイングということなんでしょう。相手に読まれてしまうとその逆を突かれてしまうのは間違いありません。

少なくとも誰か一人や二人がチームのために球数を投げさせるという作戦があってもいいと思います。特に打つ方で結果が出ていないはずの田中と白濱の早打ちは疑問でなりません。

堂林、右手薬指骨折で離脱

1番サードで定着していた堂林が右手薬指の骨折で離脱してしまいました。ライトへタイムリーヒットを打った時に痛めたとのことですが、もともと痛めていたのでしょうか。そうでなければ打ち方に問題があるのか・・・

去年は死球を受けて左手第3中手骨骨折ということもありましたが、この時は正直あまり打てていない、守りもやばい状態なのに起用されていたこともあってチームとしてはプラスになってしまいました。代役として出場した木村、小窪が活躍してくれて16年ぶりのAクラスという結果でした。

今年の骨折は全く違って、せっかく調子が上がってきていたのに、と残念な気持ちがいっぱいです。ついこの間までは2割ちょっとをうろうろしていましたが、現在の数字は打率.255出塁率.358得点圏打率.375とかなり上がりました。ホームランは4本とセリーグ20位くらいなのでいまいちですが、一発の期待がある選手がこのくらいの数字で1番に座ったら相手は嫌だと思います。

ある程度の打率を残すには、2ストライクからボール球を振らないことです。これができているから打率が上がってきたのだと思います。ファーストストライクから振り回してきて、追い込んだらまずアウトになるとわかっていれば、相手はボールになる変化球しか投げてきません。ボールを見極めカウントを打者有利にできればピッチャーは甘い球を投げざるを得ません。

サードの守備もまずまずよくなっているようです。「打つだけでなく守ることも自信を持ってやれていたのに悔しい」というコメントもそれを裏付けます。ゆっくり治して交流戦後に復帰して、またいいプレイを見せてほしいです。

鯉のぼりが降りたらカープの季節も終わり、というのが定説で、交流戦でがくっと調子を崩してBクラスに沈むというパターンが記憶の中にあります。去年は例外的によくて11勝13敗で8位、と思ったら実は2009年は3位、2008年と2012年は6位、というようにいい時はあったようです。記憶はあてになりませんね。

今年はどうでしょうか。戦力的にはかなりいいと思うのですが、先発投手が調子を崩し気味なのが気になります。バリントンは最高(白濱のリードがひょっとして?)、篠田は予想以上、大瀬良は評判通りかそれ以上、とこの3人は事前予想を上回りますが、野村が二軍調整、そしてまえけんも最近不調(それでも勝てているのはすごい)、6人目の先発がいないという状況です。まあそれでも12球団の中ではいい部類でしょうから贅沢な悩みですね。

6人目候補は福井が沈没、今のところ次は今井か中崎か、でしょうか。中田廉は回またぎのリリーフで絶好調ですが、彼を先発に回してもいいと思います。あとは左の戸田がもう少しのようです。6人目の先発の時ははらはらするでしょうけども、若い人の成長が楽しみです。

久々の練習、さて7番アイアンの飛距離は?

よくよく考えると前回ラウンド以来初めての練習でした。

7番アイアンを打ち始めました。何も考えずに打つと最初は130Yどころか110-120y。おかしいな、と思い意識的にテークバックを浅めにしてしっかり体を使ってスイングすることをしてみたところ何とか130y弱。この打ち方の延長上ではかなり頑張って135yが限界のようです。

何も考えずに打って結構体に負担がきたので、リストターン主体の手打ちスイングにしてみました。すると135yくらい普通に出ました。最高で140y。体には負担は最小限のこのスイング、今だとこれにするしかないでしょうか。

その後特に何も考えずに打っていたらそのうち130y強くらいで安定するようになりました。そして5番アイアン、インプレスi.F.Fキャビティ22度、マルマンメガシャトルの4番、Lynx SSの5番といろいろ打ちました。

一番びっくりしたのはi.F.Fキャビティ。リストターン主体のスイングで打つとめちゃくちゃ気持ちよい打感で160-170y飛びました。テスターの4番アイアンモードなので実測はもう少し距離は出ていないかもしれませんが。その次によかったのがインプレスX Vforgedの5番(ちょい重いかなという程度)、その他は何か振っていて違和感がありました。

その後ドライバーをしばらく打ってしまいました。インプレスX425V+NS850FWはいい感じのしなりでよかったです。飛距離はX410V+NS950DRとほとんど変わらないか5y増しくらい。X410Vに持ち替えて打つとこれもまたいい感じ。軽めに振っても190yくらいとまずまず。結局まだ評価が定まりません。

ドライバーを打ちすぎて首が痛くなって、スイングも壊れてしまいました。7番アイアンに戻してもかなり違和感ありで飛距離も落ちました。その後頭痛もしてきました。これはまずい。

飛距離がもうちょっとほしい

私の現状の飛距離はドライバーが180-200y、信頼できる2打目クラブである6番アイアンが140-145y、この2つでコースを攻略しないといけません。

360yPAR4ではだいたい180yくらい2打目が残り、6番アイアンでナイスショットすると40-50yというかなり微妙な距離が残ります。6番アイアン以下でパーオンを狙えるのはPAR4だと330yくらいが限界です。これは悲しい。480yPAR5だと2打目で300yほど残り、6番アイアンでナイスショットしても3打目が160yくらい残ることになります。うまくいってボギーオンがやっとです。

そこで飛距離がもう少しほしいです。しかし方向性も両立させたい。今より振ると力んでミスが増えるでしょうし、軽いクラブに替えることもまたミスが増えそうな気がします。そしてドライバーはあまり飛ばしたくありません(爆)。高い球、飛ぶ球は自分の目で追える限界を超えてしまいますし、220yくらいを限界にしたいです。

そうするとドライバーは鉄棒がいいです。今の180-200yという飛距離をもう10yほど延ばしたいです。シャフトはNS950DRの43インチかNS850FWの43.5インチくらい。そう思って数日前にヤマハインプレスX425V+NS850FWというやつを作ってみました。素振りでのヘッドスピードはX410V+NS950DRより1くらい上がっているようです。

一番可能性があるのが2打目クラブです。とにかく160-165y、大怪我せずに打ちたいです。6番アイアン(28度37.5インチ)より20yアップということは、ロフトにして6-7度減らして、シャフトを1インチ長くすると可能になります。つまりロフト21-22度、38.5インチという、家にたくさんありそうな(汗)UTのスペックです。

困っているのがこのUT、素振りをしても練習場で打っても、6番アイアンとせいぜい同じくらいのヘッドスピードしか出ないのです。下手すると6番アイアンより出ません。振った感じもあまり気持ちよくありませんし、本番ではトップしか出ません。MOIをアイアンと合わせていたり、+20くらいにしたりと工夫はしています。鉛を2.5-5g貼っても大差なしです。

と、ここまで書いて過去の記事をチェックしたところ、EYE2BCの2番が180-185yとのこと。こいつはなぜかがっつり振りたくなります。ひょっとして3番でも170y、4番でも160y飛ぶってことでしょうか。今度ラウンドの時にEYE2BCの4番でセカンドショットを打ってみてもよさそうです。

あと先日Lynx SSアイアンの4番(20度)と5番(23度)が激安であったので買ってしまいました。ひとまず5番にNS950を入れましたので、これも次回の練習でチェックしてみます。今日行けるかな?

ピッチャーの球数

今日先発の大瀬良も球数が多いです。フォアボールが多かったりすると一番球数が増えますし、ヒットが多く出ても増えますが、今日は3回までヒット2本四球ゼロなのに53球。相手の阪神の岩崎は42球と標準かやや少ないくらい。

コーナーぎりぎりを要求することが多ければボールにもなりやすいし相手も2ストライクになるまで振ってこないでしょうから球数は増えます。球威がなく変化球もいまいちでぎりぎりの勝負をしないといけない投手ですとこういう攻めにならざるを得ませんが、大瀬良って球威で勝負するタイプですからこんなことをしなくてもいいはずです。

球数が増えてもいいからとにかく丁寧なリードをしようとするのは一つの手ではありますが、デメリットも考えないといけません。投手が早く交代しないといけないのは必至ですし、味方が守りにくくなるという面もあるでしょう。中継ぎ陣が充実している今はそういう手も使えるかもしれませんが、これは去年から指摘していることです。

そして先発投手としては負けている場面だと1回でも長く投げたいはずです。8回まで投げられるはずが6回で交代しないといけなくなり、味方の逆転を待つことなく勝ちが付かないとなると困ります。

少ない球数で勝負するというのはリスクも伴いますが、調子のいい投手ですとできるはずです。当然ながらリードの工夫は必要ですが、全部ストライクになる球を投げても打たれにくい投球はできるはずです。最初からストライクに投げてくるとわかっていれば、相手もファーストストライクから振ってくる作戦に来るでしょう。ここでストレートに強い相手だと変化球を投げるのは初歩の初歩ですが、プロでしたらもっと高度な作戦がとれるでしょう。

で、結局148球投げて完投勝利です。1点しかとられていませんし、四球も2個と少ないのにこの球数。救援陣を休ませられたのは大きいのかもしれませんが、もう少し考えて欲しいです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR