スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフクラブのブランド戦略(3)ゴルフプランナー

ゴルフブランド論は昔からよくやるのですが、必ず批判するのがゴルフプランナーです。ゴルフ5とかで売っているあれですが、自社クラブを置く必要があるから仕方なくなのか、いかにも売れなさそうなクラブ作りを10年以上続けています。

ゴルフクラブを売るにはブランド力がかなり重要で、それさえ確立されていればちょこっと化粧直しをした程度のニューモデルが指名買いされるというおいしい状況になります。しかしブランドの確立には少なくとも5年程度の実績が必要で、それまでにはライバルに遅れをとらない程度の機能を備えた上で魅力的なデザイン、覚えやすくて語感のいい名前(できれば名前から機能を連想できるとなおよい)、そして買おうと思わせるようなプロモーション、このあたりが必要になります。確立されたブランドの維持にはクラブの機能だけ気を遣えばいいのですが。

私がゴルフを始めた2000年頃からゴルフプランナーはクラブを作っていましたが、当初から名前がめちゃくちゃでした。ヤフオクで検索してみると、ブレイナード、アーリーフィールド、ピストニック、イーグルリッジ(UTのみ?)、レッグサス、デュトラル、アンブルフ、ゼロアワー、このあたり記憶があります。そして今でもあるトブンダ、フィットウェイ、イグニオ。

ひとつとしてピンとくる名前がないのが不思議です。そもそも日本人の発想ではこんな名前はなかなか出てきません。ゴルフの英語の書物を見て適当な単語を抜き出したのか。少なくとも買うのが日本人である以上、日本人の情緒に訴えかけるような名前を付ける方が売りやすいと思うのですが。

名前がこんな感じで、しかもコロコロと変わる印象です。一番長続きしたのが過去の名前ではアーリーフィールド、今ではトブンダでしょうか。10年続いた(続きそうな)ブランドはトブンダだけかもしれません。アーリーフィールドについては結局どういうブランドなのか今でもわかりませんが、アベレージ向けのような印象ではありました。

トブンダは名前と機能が激しく一致している稀有な例ですが、いかんせん恥ずかしさを感じる名前ですからなかなかメジャーにはなりそうもありません。外しとかネタで購入する分にはいいのですが。

デザインもよくぞここまで外せるなというものです。名前の件も含めて、他社のクラブも扱う以上あえて売れないように、という意図や配慮のようなものがあるような気も(汗)。じゃなんで自社開発クラブを置くのか???

まあこれはあくまで個人の印象であって、わかる人にはよさがわかるメーカーなのかもしれません。
スポンサーサイト

ゴルフクラブのブランド戦略(2)ブリヂストンの凋落

ツアーステージの成功でブランド戦略に一旦は勝利したはずのブリヂストンが、とうとうブランド大幅整理に追い込まれてしまいました。まさか民主党政権崩壊が影響したわけではなさそうですが、どうにも解せません。

もともとツアーステージは名前の通り(ツアーに出ないまでも)上級者御用達のはずなんですが、それに気をよくしてどんどんアベレージ層までターゲットユーザーを広げてしまいました。それも上昇志向のあるアベレージ層で止めればまだよかったのですが、完璧なアベレージまで取り込んでしまいました。

今で言うとV-iQがそれに当たります。宮里藍ちゃんが使ってヒットしましたが、そのイメージの維持に苦労したと思います。名前がいまいちだったのがひとつの原因でしょうし、後継モデルで進化をアピールできなかったのもそうです。また同じツアステにX-DRIVE GR(これはウッドのみ)というのもあり、さらにPHYZ(ファイズ)という同じアベレージ層をターゲットにする別ブランドを立ち上げたものですから、さらに混乱したと思います。

PHYZが出た背景としては、おそらくツアーステージを広げすぎた反省があると想像しています。X-BLADEなど上級者っぽい名前のものがヒットするものだから、その中で上級者向けとアベレージ向けに分けて、とやってしまって、X-BLADE CB(ブレードなのにキャビティ?)という冗談のような名前が生まれてしまいました。

アベレージにツアーという名前でいいの?、という反省がないままずるずる来てしまって、最終的にX-BLADE GRという最高に意味不明の名前のモデルまで出ました。これはもはやV-iQとかPHYZともろかぶりますし、出すべきではなかったモデルでしょう。PHYZひとつのみに整理するのであればまだ可能性はあったでしょう。

しかしそのPHYZ、もう少しやり方があったと思います。名前が超地味で、かっこよくもありません。綴りを間違えることなく書ける人は少ないでしょう。デザインもかなり地味です。新規ブランドですから名前とデザインで勢いをアピールするか、プロモーションを激しくやるとかすればまだよかったのですが、何もできずに大安売りです。

クラブとしては十分アベレージゴルファーの期待に応えるくらいのものはあるのでしょうけども、買い替えを検討しているユーザーが手にとってすらくれないのではどうにもなりません。ちなみにアイアン1本の定価は18000円+税(スチールシャフト)と高く、X-BLADE GR/V-iQの15000円+税と比較すると若干高級なブランドという位置づけかなと思います。

一方ライバルのダンロップはアベレージ向けのXXIOが長期安定ブランドとなり、上級者向けのSRIXONも順調にブランド力を維持しています。こちらは何も無理がありませんし、かなりわかりやすいです。名前はちょい微妙ですが、それ以外の部分が完璧なので名前のマイナス面が今ではプラスになりました。もう2つとも指名買いされるにふさわしいブランドです。そのXXIOが18000円+税ですからPHYZは全く勝負になりません。

今ブリヂストンのホームページを見ると、ツアーステージの大部分のモデルはカタログを丸ごと掲載しているだけになってしまいました。詳細なページが見られるのはGRシリーズとPHYZのみになっていて、8月下旬にブリヂストンブランドの商品がデビューするとのことです。事実上大幅整理です。

私はブリヂストンは避けてきたもので(No.1ブランドは避けたいという変なこだわり)、直接の影響はありませんが、これほどまでに凋落するのは残念に思います。ツアーステージという名前、上級者をイメージしたサブブランド名に依存しすぎた結果であることは間違いないでしょう。

逆に言えば一旦ブランドイメージさえ確立してしまえば、あまり特徴のないモデルでも指名買いの対象になるということも示してくれました。ただし効果は一時的で、マイナーチェンジ効果程度のものですから、4-5年に1回くらいは革新しないといけません。

ゴルフクラブのブランド戦略(1)成功したブランド

ゴルフクラブを売るために大事なことは、クラブの機能、斬新性、デザイン、ブランド力、プロモーション力、このあたりが関係してきます。デザイン力とブランド力、プロモーション力さえあれば、特に進歩していないクラブでもしっかり売れます。特に2000年から2010年あたりまではライバルの速い進歩に付いていくのが大変なメーカーもあったでしょうし、そういう売り方も必要となっていたはずです。

特に2000年という年は大変革の年でした。手持ちの「間違いだらけのゴルフクラブ選び2000-2001」を読むと、その頃にあったブランドと革新的なクラブ、そしてそれらが現在にどういう影響をもたらしているかがわかります。

2000年前後に象徴されるクラブは、キャスコパワートルネードUT初代、マックテックNVアイアン、キャロウェイスチールヘッド(FW、X-14アイアン)、ダンロップゼクシオ(ウッド、アイアン)、と名器ぞろいです。ドライバーが300ccがデカヘッドで、平気で250ccクラスのドライバーが売られていたという時代です。

この時代の日本メーカーのブランドは(2000年前後)、
ブリヂストン: ツアーステージ、アクセス、ビーム、ニューイング
ダンロップ: ニューブリード、ツアースペシャルゼクシオ、マックスフライ(ハイブリッドオートフォーカス)
ミズノ: ミズノプロ(300S)、ミズノ(300E)、T-ZOID、プレサージュ
マルマン: タイタス、シャトル、ギネス、マジェスティ
プロギア: リバース、DATA、ZOOM
キャスコ: ビッグスーパーハイテン、パワートルネード
マグレガー: スーパーターニー、マックテックNV(ナビ)、マッキージー
ダイワ: チームダイワ、セオリー、G-3
ホンマ: ツインマークス
ヤマハ: パワーマジック、グランディス
ヨネックス: ツアーブラッキー、サイバースター、レックスキング(レッキン)

こんな感じになります。もう消滅した名前がほとんどですので、10年続くブランド名ってのは希少ということなんでしょう。この時代に誕生して長生きしている名ブランドに共通するものとしては語感のよさ(なんとなくいい感じ、かっこいい感じ、言いやすい)、クラブのミス救済機能の高さ、そしてデザインのよさでしょう。

これらに加えてある程度以上のプロモーションによりまず顧客に手にとってもらい、試打してもらう。この時代にも弾道解析機はあったと思うので、飛距離が出るとか曲がらないとかは試打の段階である程度わかる、もちろん打球感とか音もわかる、そして購入、と。

実際にラウンドで使用してもやはりよかったのであれば口コミで広がり、ブランド力はアップする、そしてある程度ブランド力が高まれば何もしないでも勝手に売れていく、もちろんそういう指名買いをした人の期待を裏切るような性能のクラブを出してしまえば台無し。

ゼクシオ(XXIO)は当初機能とあまり結びつきそうもないなじみの薄い名前でしたが、語感のよさとクラブのよさで成功し、10年以上トップブランドとしての地位を築きました。パワートルネードは小さいメーカーですしそれほど気合が入っていなかったと思いますが、勢いのある名前と斬新なデザインでミス救済機能の高いユーティリティを出したことがよかったのでしょう。

マックテックという名前は少し前からありましたが、NV(ナビ)という名前を付加し、ミス救済機能の高さをアピールすることでステップアップの基礎を築き、翌年出したNV320というドライバーでブレイクしました。その後に出すクラブもデザインよし機能よしとうまくブランド力をアップさせ、長続きしています。

ヤマハは小規模ながら結構成功しているメーカーだと思います。パワーマジックブランドも成功していたはずですし、2000年代半ばからインプレスという名前にスイッチしました。これは結構いい名前ですし、デザインもいいですし、何より楽器メーカーかつバイクメーカーということで最初からいいイメージがあると思います。ただインプレスからインプレスXになったのはちょっと余計で、インプレスX V forgedとかX D Steelとかややこしくなります。

長くなってきたので一旦終わります。次からは失敗例を中心に。

海外スパムメール

最近妙に海外からのスパムメールが届くようになりました。ロレックスの時計とか怪しい?薬とか、ち○こを大きくする方法とか、少ない日で4-5通、今朝見たら朝6時から9時までの間に13通来てました。

gmailですので勝手に迷惑メールに分類してくれますが、実はこのフォルダーに迷惑メールでないものが多数紛れ込んでいます。BMW News(イギリスのBMWカタログを見る時に登録した)も、ANAメールマガジンも、Facebookのお知らせも、全部こちらです。まあ確かに保存したいメールはゼロなので実際問題としてはいいのですが、たまに重要なメールが紛れ込んだら困るなあと思います。

gmailはいまいち融通が利きません。たとえば「Yahoo」の文字を含むものはYahooフォルダーに入れるというフィルター機能とか、選択したメールを全部テキストファイルにして保存してくれる機能とか、あったらどれだけ便利だろうかと思います。有料にしたらそういう機能が使えるのかもしれませんが。

堂林の近況

骨折して離脱していた堂林は交流戦明けに復帰したようで、当初は一軍の投手に目が慣れないというコメントの通り散々でしたが、最近は調子は上がっているようです。

復帰直後の8試合を見ると19打数3安打1四球と打率.158、しかし最近の6試合だけ見ると22打数6安打.272、四球3つホームラン1本です。打率はまあこんなもんでいいです。出塁率は.360と彼の長打力を考えると十分です。もちろんこの6試合だけ、しかも相手がヤクルトとDeNAという投手力に不安のあるチームですからまだまだ安心するには早すぎます。

ポジションですが、ライトがほとんどです。最近6試合のうち4試合はライト、1試合はサード、もう1試合は代打からライトに入りました。サードの時は4打数2安打1四球ですから、サードの守備で消耗して打撃に影響があるという感じではありませんが、長い目で見るとライトの方が打撃にはメリットでしょう。一度ライトでも大エラーをしたようですが(汗)。

なぜ堂林が一番打者?というのは多くの人が思うところでしょうし、私もそう思うのですが、4月の記事にも書いたように地元新聞で堂林が打つとチームが盛り上がるから、という理由になっているようななっていないようなコメントが載ってました。まあ1番は面白いと思います。得点圏打率はそんなでもないし(最近6試合では6打数1安打とさらに悪い)。

面白いのが得点圏打率は今年.280なんですが、満塁の時は何と3打数3安打9打点ホームラン1本四球1個。4回満塁の機会があって全部点が入っているってことです。これはすごい。何か持っている選手なのかもしれません。

まだ22歳ですし、ノムケン監督に(もしかしたらハジメオーナーの意向の方が強いとか?)えこひいきされて、という面もあるのですが、数少ない全国に通用するスターになりうる存在ですので、頑張ってほしいです。

寝耳に水、カープがデュンテ・ヒース投手と契約

何気なくカープのホームページを見たらびっくりしました。

デュンテ・ヒース投手は右投げの投手で193cm109kgの巨漢です。シカゴホワイトソックス傘下のAAAのシャーロットに今年2月まで在籍して現在フリー。メジャー登板はおそらくなし。youtubeの動画ではスリークオーターから93マイルの球を投げていた1球しかありませんが、果たしてどのように起用するのか。

とりあえず1軍には投手と野手を合わせて4人しか登録できないわけですから、現状のバリントン、ミコライオ、エルドレッド、キラのうち1人は2軍に落とさないといけません。ミコライオとエルドレッドは落とす理由がないほど活躍しているので残り2人のうちの1人です。

バリントンは最近の成績を見ると、6試合で29回投げて自責点21とかなり悪いです。こんなに悪かったかなと思うのは試合を見ていないせいでしょうか。6回投げた試合が3つ、5回投げた試合が1つ、3回投げた試合が2つと、かなりリリーフ陣にも負担をかけています。ただこれはキャッチャーのせいもあるんじゃないかと思います。白濱の時の3試合(防御率9.8)を除けば残りは防御率4.5でいずれも6回投げていますから。

キラは心配です。この6試合では19打数5安打.263でホームラン1本とまあそこまではと思いますが、そのうち1試合で4打数3安打、この試合はカープが11点取った試合ですので(エルもキラもホームランを打った)、そういうお祭り騒ぎの試合を除く5試合だと15打数2安打.133になってしまいます。打率がほぼ同じで同じように空振りが多いエルドレッドで同じ5試合を抽出すると25打数5安打.200、ただしホームラン3本。

今年のデータを見ると、得点圏打率ではエルドレッド.324に対してキラ.203なのでかなり違います。ただ意外なのはキラは相手投手が左右ともに打率.280あります。しかし肝心な時に打てないのは・・・

いろんなことを考えると、確かに先発陣・リリーフ陣が疲労困憊の今、ピッチャーの数を増やすのはいいことだと思います。そしてエルさんのレフトの守備もそれほど悪くないのですが、エルさんを1塁にしてレフトに足の使える守備のよい選手を入れるというメリットは大きいです。

しかし新外国人を取って来ないといけないような感じにも思えません。相当に2軍の投手陣が人材不足なのでしょうか。それとも28歳とまだ若いというのもありますし、格安で獲得して競争心をあおるとか、ロサリオのように育てるとか、そういう目的でしょうか。少なくとも実績を見る限りローリスクローリターンという感じです。外れたらすみません。大喜びします。

バリトンウクレレ裏技、ボサノバ専用4弦ギター?

ウクレレでボサノバをするには2弦足りないのがどうしてもネックになります。しかし1弦と6弦はほとんど使わないので、2弦から5弦まであればボサノバの大半のコードは弾けるはずです。6弦を弾くことも時々(か?)ありますがそれはあきらめるってことで(汗)。

ふとバリトンウクレレを見ると、1弦から4弦まで太さとか材質とか全部違う弦が張ってあります。弦ごとに音の守備範囲が決まっている。ってことは、1-4弦のあるべき場所に2-5弦を張ることで、ひょっとしたらボサノバ専用4弦ギターができるんじゃないか、と。

この裏技、ソプラノでもコンサートでもテナーでもなく、もちろんバリトンにしかできません。他のウクレレだとキーが変わってしまいます。複数バリトンウクレレを持っている超奇特な人、1本だけこういうセッティングにしてみるのはどうでしょうか。

バリトンウクレレの音色ですと、ボサノバにはぴったりだと思います。誰かやりませんか?

ひとまず2-4弦までを使ってボサノバのコードを弾いてみましたが、意外とこれでもいい感じです。もちろんルート音が5弦に来ることが多いので、聞く人が聞いたらなんじゃこりゃになるでしょうけども、ボサノバっぽい雰囲気を味わうには十分です。

ウクレレでボサノバというのはなかなかいい教本がありませんが、jazzyukuleleというサイトにダウンロードできる教本が有料でありました。なんとバリトンウクレレバージョンもあります。思わずPayPalを使って購入しようかと思いましたが、見本がなくちょっと不安でしたので踏みとどまりました。15ドルとかしますしお値段も微妙。

老眼・・・

数ヶ月前からだと思いますが、小さい文字が読みにくくなりました。具体的には7インチのタブレットを買おうとした時、製造国を確認しようと裏面の小さな文字を見ようとして、あれれ、となったのです。めがねを外して目を近づけたら見えましたが、もしかして、老眼?と思った瞬間でした。

もちろん年齢的にはもろに老眼適齢期です。そこで今記事を書こうとしていろいろネットを調べてみたところ、老眼になったらパソコンをやると頭痛が起こりやすくなるとのこと。

バイク事故の影響で、ビールを500ml以上飲んだ翌日はひどい頭痛が起こります。最近は多くて350mlに制限しているのでわかりませんが、朝一番は大丈夫でも昼にかけてどんどん悪くなり、夕方には落ち着くという時間経過を考えると、普通の二日酔いとは全く違います。

まさかこういうことか。パソコンを全くやらない日を作ったとしても、本を読むと同じことになるので難しいです。めがねのレンズを換えてもよくなるかどうか微妙ではありますが、まずは眼科とかめがね屋さんに相談するしかないですね。

練習再開

昨日ちょっと素振りをして、今日仕事の帰りに50球ほど打ってきました。力はなるべく入れずに軽くと意識して無事終了。

8番アイアンで120yくらい、PWで100yくらいとこのくらいなら普段とそんなに変わりません。左足体重にして左一軸風にやってみたところこれが一番うまくいきました。要はアプローチの延長ってことなんでしょうけども。

明日首が痛くならなければいいのですが。

ゴルフしたい

しばらくゴルフをお休みしていますが、早く再開したいです。

首の痛みとしては特に問題ないのですが、最近頭痛がひどいので、ゴルフをしてまた悪化したらいけないと思って自重しています。雨の日とか、その前の日とか、そういうのはあまり頭痛と関係ないようです。前の日にビールを500mlとかそれ以上飲むと間違いなく起こります。本当に不便。

この際アプローチ程度の強度でスイングして、それである程度飛距離が出るようならそんなスイングでラウンドするとか考えています。とにかく首に負担のかからないスイングってできるだろうか。

アプローチ練習でもしに練習場に行きたいですが、無理しそうで怖かったりします。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。