今年の打撃陣、特にキクマルの復調を期待

「バットを振り込む」「右打ち練習」「石井コーチ・東出コーチ」という去年にはない試みをしているカープ打線、さてどうなるでしょうか。

去年は一年通していい成績を維持できていた選手がほぼゼロという状況でした。規定打席に到達した選手の打率とセリーグでの順位を見てみると、11位新井.275、12位田中.275、20位菊池.254、23位(下から2番目)丸.249と、やはりキクマルコンビの不調が目立ちます。

このメンバーで得点圏打率を見てみますと、7位新井.311、20位田中.237、23位菊池.211、24位(最下位)丸.198、とさらに寂しくなります。

この中で丸にスポットを当ててみます。打率と得点圏打率は悲惨ですが、出塁率は9位の.361と1番打者としては十分な数字です。私も5/25に3番から1番に替えてくれという記事を書きましたが(その時の打率は.239、出塁率が.347)、1番に配置転換となった6/10の時点では打率.224、出塁率.329と下がっていました。

この時の記事では、「今頃1番にするということは何か確信でもあるのか」と思ったのですが、もし技術的な変化なしに1番に配置転換しただけで成績が上がったとするならば・・・メンタルってことになるのでしょうか。それとも3番だと厳しく攻められるから?

去年はツーベースかホームランが絡まないと点が入らない状況が多かったようです。丸が四球で出て菊池がバントしても点が入らない。それなら外国人打者3人体制にするとか(守備怖い)、長打力のある松山をもっともっと使うとか、鈴木誠也の覚醒を期待してもっと使うとか、いやこれは結果論そのものですね(汗)。

ひょっとしたら丸を3番で使い続けて、どんどん三振してこいと指示して(どっちにしても最多三振)バットを振り切って大物狙いをした方がよかったかもしれません。去年は不調でも19本打ちましたし、軽く?流してホームランを打ったのを見ました。

今年は丸を3番に置いたままにしてブンブン丸を見たいです。堂林とか鈴木誠也が3番に入れるようであれば申し分ありませんが、その場合だったら丸を5番とかに。

菊池は膝の故障の影響があり、今も膝周りの筋肉が落ちたままのようです。開幕までにコンディション調整が間に合うでしょうか。どちらにしてもフル出場なんてさせないでほしいです。田中もそうですが、彼らを酷使してコンディションを落としたことは事実でしょうから、今年は対策を希望します。

キクマルの復活さえあれば今年の打撃は期待できます。去年と同じことは繰り返さないでしょうから楽しみです。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR