変えるべきところと変えてはいけないところ

最大11まであった2位とのゲーム差が8まで縮まると、結構いやーな感じがします。もちろん今後5割ペースで行けば結構な確率で優勝できるとは思うのですが、DeNAの強さが半端じゃないです。そうじゃなかったら今のカープがめちゃくちゃ弱いのかなと。

筒香効果で他の選手への攻めでもプレッシャーがかかり、四球を出したり甘い球を投げて打たれてしまったりしています。筒香は7月に入り打率4割4分くらい、ホームラン16本という恐ろしい活躍ですから、月間MVPを取るでしょう。新井の活躍がかすんでしまいました。

ところでカープ対ベイスターズのこの2戦、筒香に対しては2戦合計で6打数4安打3本塁打3四球と、打率6割6分で出塁率にすると7割7分、かなり期待値より悪くなっています。前後の打者を含めた打ち取り作戦が悪かったのか、単純に7月に対戦したその他の投手(+捕手)より野村と黒田が悪かったのか、ということです。

野村についてはこんなこともあるよと忘れてもいいのですが、黒田の場合はちょっと考えてしまいます。まず中6日の成績が明らかに悪いです。私も以前そのことを指摘し中9-10日とか2週間に1回とかを提案したのですが、見事に却下。昨日は調子が悪いという自覚があったのでしょうか、かわす投球でコーナーぎりぎりを狙って、出してはいけない場面で四球とか、明らかにいい時の投球とは違いました。

あとは黒田が投げていると、攻撃陣が委縮しているように見えるのは気のせいでしょうか。200勝の時もルナの一発がなかったら重い雰囲気が抜けなかったかもしれません。点を取られた直後に絶対に点を取らないと、とあせって点が取れないという感じです。

チーム状態の差と言い切ってしまえば簡単なのですが、野村(4回8失点)と黒田(6回5失点)が激しく打たれて石田(7回2失点)と井納(6回1失点)をほとんど打てなかったというのは、とにかくどこかが悪くて改善できる余地があるということです。

疲労状況についてはどうでしょうか。つい最近まで7月MVP候補だった新井を休ませながら使っているのは評価できます。しかしルナ1塁というのは結構怖いです。打撃好調と思われる岩本1塁スタメンというのはダメなんでしょうか。

1塁ルナ3塁安部が機能するのは、安部がある程度打つことと(こんなに三振しちゃいけない)足が武器になる状況ですが、だとしたら7番安部8番石原という打順はかなり微妙です。素直に3塁ルナ1塁岩本の方が何かといいような気がします。まあそうなると3塁守備の負担軽減というその1点だけかもしれません。

とにかく相手に嫌だなあと思わせること、これが最近できていないような気がします。

疲労対策に戻りますが、3試合のうち1試合は若い選手を大胆に使って休める選手は休ませて、負けてもともと勝ったらもうけもんというようにやったらどうでしょうか。ファームでびっくりするほどの結果が出ていない塹江に先発させても私は文句は言いません。怪我が治りファームで先発デビューができた高橋樹也でも文句は言いません。

目先の1勝にこだわりすぎて、疲労がたまって他の試合に影響してはトータルで損です。選手には目先の1勝にこだわっていただき、首脳陣が選手起用の面でブレーキをかけるようにしたらいいと思います。

変えてはいけないところ、それは「失敗を恐れず攻める」ことです。そしてシーズン前から取り組んでいた逆方向への打撃。相手の嫌がる攻めができていないこと、戸柱のスクイズで気づかされました。逆に盗塁阻止率が1割台の戸柱なのに2試合で盗塁1個という情けなさ。

もしかしたら疲労が根底にあり、気持ち的に守りに入りかけているのかもしれません。そこそこにやったらそこそこの結果が出る、というのではおそらく今日も負けます。

首脳陣も半ば破れかぶれで、今日エルドレッドを上げて禁断のエル・ルナ・新井そろい踏みをやってしまうかもしれません。それはそれで面白いですし流れを変えるための一手としてはありです。今日はぜひ勝ってほしいですね。
スポンサーサイト

恵みの雨となってくれるのか

今日の岐阜長良川球場での巨人戦は雨で中止となりました。岐阜のファンの方にとってはかなり残念だったことでしょうけども、先発投手が足りなくなっている上に中崎が足に打球を受けてしまったわけですから、この中止はカープにとってはかなり助かったのではないでしょうか。

明日はカープがジョンソンのスライド登板、巨人は予告先発の内海がスライドではなくて予定通りの田口が先発のようです。するとあさってはカープが岡田のスライド、巨人は内海ではなくて菅野でしょうか。最近好調の内海を先発させないというのはもったいないような気がしますが、カープとの相性のよい田口を優先したのでしょう。

カープは2位巨人との直接対決2試合のうち1つは勝たないと流れが悪くなります。3試合だったら1勝2敗でもOKだったので、そういう面ではややマイナス面があるかもしれません。田口と菅野が相手だと結構厳しいですね。

田口の場合は今まで打てていないので、序盤に球数を投げさせて早めに交代してもらうのがいいと思います。菅野だとスタミナがあり8回までは投げそうですから、ダメモトで早打ちでしょうか。

そのあとのDeNA戦では先発は野村、福井、九里になるのでしょうか。黒田は中6日では厳しいので、中9-10日、もしくは2週間に1回くらいにしたいです。野村以外は打撃戦に持ち込むように、エルドレッドを上げてみるのもいいかもしれません。

黒田200勝!!!

黒田投手200勝おめでとうございます。
打線もよく援護しました。
内容のない記事ですみませんが、これ以上書きようがありません。

1アウト23塁での代打

途中まで2点ビハインドと重ーい空気でしたが、中日のまずい守備から2点取れ、そして新井のサヨナラホームランで結果としては最高となりました。昨日負けていたら今日からの試合にも影響が出ていたでしょう。

問題は7回裏、ノーアウト満塁で鈴木誠也がもう少しでホームランという犠牲フライを打ち、1アウト23塁になった場面です。私は代打岩本!と思い、実際その通りにしたのですが、あとで考えるとこれは作戦としてはイマイチだったかなと思いました。

3塁ランナーは赤松で、うまくゴロを打てば1点入るケースです。もちろん前進守備ということは考えないといけません。だからこその岩本だったのでしょうか。結果として岩本、そしてその後の代打會澤が連続三振。

ピッチャーはほぼストレートとチェンジアップの若松です。6回まで得点なく、6回裏には石原の2ベース(!!)のあとジョンソンのバントで1アウト3塁になったのに田中のセカンドゴロで点に結びつかず・・・。こういう状況からすると同じことを繰り返したくないということでゴロを打つという作戦は捨てたのでしょうか。

中日の内野手のことを考えるとスクイズという作戦は結構いいんじゃないかと思います。岩本を出した時点でスクイズの可能性はゼロになりますから守りやすかったと思います。岩本の代わりに代打安部なんてどうだったでしょうか。流す方がよければ會澤を先に出すとか(小窪はバントは上手でしたっけ)。まあ結果論にしかなりませんが。

今日は大野が先発ですので、昨日と同じように序盤は守り合いの展開になると思います。ここで勝てたら本物です。負けても明日がありますし、今日は気楽に。

ルナの故障対策と外国人起用

ルナがほぼ期待通りの活躍をしていてうれしいのですが、そろそろ故障が心配な時期になってきました。3/29の開幕スタートからスタメンで出場し、4/16にハムストリング肉離れで離脱、6/16に復帰(腰痛などの絡みもあり順調だったらもう半月ほど早かった?)、そして1か月ほど経ちました。

4月に1か月もたずに離脱したことを考えると、休み休みとはいえ夏場で体力を消耗する時期なので・・・。今日の試合は当然全力を出していただいて、そのあとオールスター休みを含めて10日間抹消というのはどうでしょうか。

月曜日のドラゴンズ3連戦と金曜日からのタイガース3連戦、ここで外国人枠がひとつ空くのですが、デラバーをどうかなと思ったらまだファームでも投げていない様子。プライディもエルドレッドもまだ使いたくないかなという状態。

そうなるとルナはオールスター休み4日間のみでもう少し抹消を延長、7月末くらいまで頑張っていただいてエルドレッドと入れ替えでしょうか。

リリーフ投手はデラバーが入れば20日稼働10日休みということができます。このくらいですと20日の間に登板が集中してもそこそこ回復できるでしょう。例えば、

7月下旬 ジョンソン+ヘーゲンズ+ジャクソン
8月上旬 ジョンソン+デラバー+ジャクソン
8月中旬 ジョンソン+ヘーゲンズ+デラバー
8月下旬 ジョンソン+ヘーゲンズ+ジャクソン
9月上旬 ジョンソン+デラバー+ジャクソン
9月中旬 ジョンソン+ヘーゲンズ+デラバー

デラバーの調子が上がってこないようなことがあったら、そこで野手2人体制をとれます。いずれにしても登板過多のヘーゲンズとジャクソンには強制的に20日経ったら10日休みを差し上げる、そのくらいでいいでしょう。

こんなことを考えていると楽しくてたまりません。さあ今日は黒田の200勝をかけての登板です。今日勝てたらとんでもなく大きいです。

対ジャイアンツ2連戦、左投手対策は?

対中日2連戦で大野とバルデス、昨日までの対阪神3連戦で藤浪だけ右投手であとは能見と岩貞、そして明日からの対巨人2連戦では内海、田口と2人とも左投手の予想です。たまたまとも思えませんし、カープ打線は左投手の方が抑えられそうと思われているのでしょう。

DeNAのみ3連戦で石田だけが左でしたが、今永が抹消中のためほぼ右投手しかいない状況だったりします。そして曜日と対戦カードの並びを見ると、今月のこのあとの試合も今挙げた投手がほぼそのまま先発になりそうです。

相手投手による違いですが、レフトに下水流が入るか松山が入るか、もしくはルナがお休みの時にサードに安部が入るか小窪が入るか、スタメンとしては今のところそんな感じです。そうなるとやっぱり右投手を起用して、松山と安部が入る方が相手にとっては嫌でしょうか。

中でも重要な明日からの対巨人2連戦、これは連敗すると暗雲がたちこめるのでかなり重要です。もちろんあさって黒田の200勝もかかっています。その試合はベストメンバーで間違いないでしょうし、オールスター休みを考えると明日もベストメンバーで行けそうです。

下水流のバッティングが鍵になりますが、今のところ長打は出るもののチャンスに強いとは言いがたく、小技も使えず意外性を期待するしかない状況です。8番石原の打率が上がってこない以上、7番はつなぐ打撃をしても点になりません。

田中の調子が落ちていて、特に対左投手の打率が.253と落ち込んでいます。彼を7番に、とも思ったのですが、これを書きながら意外に7番下水流がいいかも、と思いました。そして対左投手の打率が何と.400。素晴らしい。

明日先発の内海は最近6試合ではチーム状況のよくない阪神とオリックスを除くとカープ、西武、楽天、DeNAの4チームに対して25イニングで自責点12、防御率4.32とあまりよくありません。あさって先発の田口は同様に阪神とオリックスを除くと20イニングで自責点13、防御率5.85とさらに悪いです。

出たとこ勝負で勝てるほど甘くはないと思いますので、何か対策を立てて臨むはずです。打順をいじるという手はあるでしょうか。右打ちのショートがいれば田中の代わりに起用しても面白いでしょう。しかし現在その選択はほぼゼロです。

ところでエルドレッドがおとといと昨日ファームの試合に出ました。まさかとは思いますが左投手に強い彼を・・・でも2日で4打数ノーヒット1四球ですから(汗)まだまだでしょうか。

そしておとといは福井が登板し7回109球自責点1max144km、昨日は大瀬良が登板し7回1/3で121球自責点2、max147kmという結果でした。おふたりとも本調子までは戻っていないようですが、行けと言われたら行けるくらいの状態のようです。

最高の連勝ストップ、せっかくなので余裕をもった選手起用を

ベイスターズの3連戦は連勝がストップしたものの勝ち越せました。こういうストップの仕方は最高じゃないでしょうか。今日負けていたら連敗で月曜休みに入り結構いやーな雰囲気になっていたでしょう。

今日勝って明日休みでリセットです。11連勝はもう過去のものとして、今後は目先の1試合とかじゃなく余裕を持って戦っていただきたいです。

菊池が負傷し今日休んだのですが、安部が十分穴を埋めてくれました。西川かなと思っていたのですが安部なんですね。しかも2番に入り打者としても最低限以上の働き。しばらく菊池はお休みにしてこのままでもいいんじゃないでしょうか。

菊池の代わりに安部が2番に入ったというのは不動の123番が崩れたということでもあります。この際、田中も丸も適度に休ませてはいかがでしょうか。今日の試合の解説で、田中のスイングの切れがないという指摘がありました。

過酷な6連戦×8回が終わって4日連続の休みがあってもこんな感じです。今のカープには主力が一人二人離脱してもカバーできるだけの選手がいます。今無理して戦う必要はありませんし、どこのチームも選手はこんな感じでしょう。大胆にスタメンを入れ替えてもほどほど戦えるはずです。残り試合5割でいいんですから。

今後怖いのは選手のパフォーマンスが落ちて連敗して、チームのムードがどんどん悪くなって、という悪循環です。控えや二軍の選手のモチベーションアップにもなりますし、サブメンバーが結果を残している今だからこそ、大胆にスタメン起用すべきでしょう。1-2人くらい若手枠があってもいいと思います。

もちろん黒田の200勝がかかった試合は最高のスタメンでやりましょう。前回が6/29の登板、中6日で金沢での中日戦はどうかなと思うのですが、そのあとは甲子園での阪神戦。いっそのこと7/12とか7/13のマツダでの巨人戦まで待てないでしょうか(菅野も投げないでしょうし)。黒田はもう中6日は無視して、残りの登板はホームだけでいいです。よそで投げてもらうのはもったいない。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR