リリーフ投手の登板過多を避け、選手寿命を伸ばすためには

性懲りもなくまた書きます。リリーフ投手は回またぎ、連投、三連投などで消耗します。そして出番があるかないかわかない場面で投球練習するのも(特に肩の作り直し)消耗につながります。登板試合数とイニング数だけで語れるものではありませんが、それ以外の指標はあるでしょうか。

一般的に60試合60イニングを上回って3年以上連続して活躍できるリリーフ投手は少ないようです。70試合70イニング以上投げる投手は少なくなりました。今年ではヤクルト近藤が74試合76イニング2/3、ヤクルト石山が71試合73イニング2/3、ソフトバンク加治屋が72試合66イニング2/3、ロッテ益田が70試合64イニング1/3、DeNA砂田が70試合52イニング1/3、楽天高梨が70試合48イニング1/3です。

そしてそれ以上になると故障リスクと直結します。以前自分で書いたものとしては小林幹英がルーキーイヤーに54試合81イニング登板、今村の3年目で69試合85イニング2/3登板、このあたりが挙げられます。小林幹英は実働7年現役生活8年、今村については深刻な故障で2年ほどきついシーズンを送ったのを忘れている人も多いでしょうか。

70試合70イニングはおそらく各球団も上限の目安として考えているはずです。この数字の持つ意味としては143試合のうちほぼ半分ということ、例えば投げる試合と投げない試合を交互に繰り返すと72試合72イニングに登板できます。おそらくこのやり方ですと故障リスクは下げられるでしょう。

しかし実際にはそう計画的にはいきませんから、必然的に連投することになります。連投や三連投(時には四連投)があったり1週間近く投げなかったり。おそらく試合間隔が開くのは消耗につながらないでしょうから、普通に考えて連投や三連投が悪いとなります。

人間の筋肉は48時間かかってやっと修復されるという考え方でいくと、1試合投げたら1日休んでその次の日に登板すればまずまずになるでしょう。もちろんその間全くトレーニングしないわけではありません。逆にほとんど回復していない翌日に投げ、そしてさらにその翌日に投げる、なんて相当の負荷がかかりそうです。

先発投手は中6日が常識となっていますが、なぜ中4日とかは難しいのでしょうか。筋肉のみの消耗であったら十分治るはずです。それ以外の部分が影響していると考えると、リリーフ投手も本当は中1日とかでは不十分となりますね。

今年は三連投はちょくちょくありましたが、四連投は確かなかったと思います。去年は中田廉に四連投がありましたが、今年成績を大きく落としたことと無関係ではないでしょう。彼もまた2014年に66試合78イニング1/3という登板をして翌年・翌々年と成績が落ちています。2017年は53試合46イニング2/3登板で防御率2.70とある意味奇跡の復活でしたが、代償は大きかったようです。

今村については2016年に67試合73イニング2/3防御率2.44(日本シリーズで連投-休み-三連投-休み-登板)、2017年は68試合64イニング1/3防御率2.38と結構な登板をしています。今年は5月までは19試合15イニング2/3で防御率1.72とよかったのですが、6月以降は24試合21イニングで防御率8.14とまるで別人です。

一岡はカープに移籍してきた2014年に31試合31イニングで防御率0.58を挙げ、大竹とどちらが補償選手かわからないと言われました。2015年は38試合、2016年は27試合と登板数が少ないままでしたがおそらくコンディションの問題だったのでしょう。しかし2017年は59試合58イニング1/3防御率1.85と完全復活、今年も59試合56イニング1/3防御率2.88と十分な成績でした。

ジャクソンは2016年から3年間、カープの三連覇に大きく貢献してくれました。2016年は67試合68イニング1/3防御率1.71(日本シリーズで連投-休み-三連投-休み-登板)、2017年は60試合62イニング防御率2.03、2018年は48試合45イニング2/3防御率2.76と立派な成績でした。

フランスアは6/26からリリーフで、47試合65イニングと数字的にはインパクトがありませんが、7月から8月にかけて週2回-週4回-週4回-週5回という恐ろしい登板数でした。なんとこの1ヶ月は年間99試合ペース。球速を落として投げていたようですが、こんなにまでしなくても、です。

中﨑は2015年に69試合73イニング、2016年に61試合61イニング1/3、2017年に59試合57イニング2/3、2018年に68試合66イニング1/3とよく投げてきました。途中で離脱して登板試合数が少なくなっていたのを含めても素晴らしいです。防御率については2016年が1.32、2017年が1.40と非常によかったのですが2018年は2.71。ストレートの威力が落ちているようでしたしやはり勤続疲労でしょう。

来年はフランスアを抑えに、という考えもあるようですが、8回を任せる方が相手には嫌じゃないかと思います。中﨑は今年のような働きはおそらくできないでしょう。60試合60イニングを目安に、三連投は厳禁で、連投もなるべくないようにしてほしいです。当然セーブがつかない場面での登板は登板間隔が開いている時以外は禁止です。

三連投の(原則)禁止も含め、そういうやり方でおそらく年間数試合は勝てていた試合を落とすでしょう。でもそれでいいと思います。今村も中田廉も調子が戻らず、フランスア以外の外国人も今ひとつ、中﨑が途中離脱、という状況なんて悪夢です。

今回の調査でカープには3年連続で60試合60イニングを投げた投手はいないことがわかりました。永川も一度も達成できていません。ある程度成績を挙げていたら必然的にこの数字は上回るわけで、そうではないとすると突発的な不調や故障離脱です。今までの起用法を少し変えることは必要だと思います。

リリーフでは選手寿命が短くなるからと希望しない投手がいることは間違いないでしょうから、そういう意味でも選手寿命を延ばす方法論を提示し、リリーフ適性のある投手はどんどんリリーフをやっていただきたいです。

最後に私なりのルールを書きます。リリーフ8人体制でやればできるでしょう。
(1)三連投原則禁止。条件が揃えば不可ではない。三連投のあとは最低3日休む。
(2)連投のあとは最低2日休む。仕方なく連投-休み-登板とした場合は最低2日休む。
(3)回またぎはなるべく避ける。仕方なくやったら最低2日休む。
スポンサーサイト

来年の投手陣と人的補償

当初の発表?通り人的補償選手の発表は昨日までにはありませんでした。今日明日あさってにはさすがにないでしょうね。おそらく超有望株の投手はいなかったということですから、最悪金銭でもいいです。

来年の投手陣はどうなるでしょうか。先発はジョンソン、大瀬良、そしておそらくリリーフはできないであろう野村は確定でしょうか。九里も今年の成績を見ると先発が有望ですが、調子のむらとあまり長い回が投げられていないところは気になります。

来年開幕までは一部のリリーフ固定の投手以外は先発として調整するようですし、床田とアドゥワがどのように伸びるか注目しています。もちろん中村祐太、高橋樹也、高橋昂也、このあたり含めて2人くらいものになれば万々歳です。そして新外国人のローレンス(リリーフ投手と枠を争う)。すっごく人材豊富です。

リリーフは中﨑、フランスア、一岡、今村、このあたりは盤石そうですが終盤に疲れ?故障?で調子を崩した今村はどうでしょうか。そして岡田(リリーフの方がいいと思います)、ヘルウェグ、レグナルト。こうしてみるとリリーフの方が人材難です。薮田がここに入るとありがたいです。そして塹江、藤井、長井、戸田、矢崎(加藤)、このあたりから1人勝ちパターンで投げられる投手が出てくればうれしいです。

去年も私は書きましたが、無理して優勝を狙うことはありません。若い投手を育成しつつリリーフの酷使を防ぎ、気がついたら優勝でいいのです。フランスアは大事にしましょう。他の投手も三連投はよほどの条件が揃った時以外禁止、原則2週で6登板まででお願いします。

菊池がポスティング希望とは

菊池涼介がなんとポスティングによるメジャー移籍を希望したとのことです。来年オフには国内FA権、再来年には海外FA権を取得しますので、どんなに遅くてもあと2年しかカープにはいないということです。まだ来年の年俸についての話がないので不気味ではありますが、多分今年オフではなくて来年です。<追記>結局その日のうちに2億4000万円と出ましたね。奮発しました。

菊池がメジャーで通用するのか見たい気持ちもありますので、国内球団に移籍するくらいならメジャーは大歓迎です。しかし今の体のコンディションで大丈夫なのでしょうか。

ということで来年は私の希望通り6番か7番あたりで、走塁の負担はなるべく軽くして打撃に集中していただきましょう。

内海が西武へ、そして會澤1億円に届かず

一足早く西武の人的補償が発表されました。何と巨人の内海。若手を一人でも多くプロテクトしたい思惑なのでしょうけども、大胆なことをするものです。獲った方の西武としては若手のいいお手本になってくれるだけでも意義あるでしょうし、来年FAで巨人に帰るようならまた補償がいただける、年俸もだいぶ下がって一億円、と損はしてません。

ここで思うのが、巨人は今年オフはベテランに聖域をあまり作らないということ、そしてもう1つ、カープでは内海はプロテクトされていたから発表できた?(重複したらカープに移籍なので)、ということです。

内海を必要とするのはどちらかというと西武じゃないかと思うのですが、西武にはプロテクトせずカープにはプロテクトしたとすると、じゃあ他に結構な選手がプロテクト外になっているんじゃないかと想像してしまいます。亀井とか長野とか小林とか。内海は自由獲得枠で、ドラフト1位相当ですからもう1位指名は聖域ではないんでしょう。

このあたりの選手が漏れていたとしたら、カープには全く必要ない戦力とは言えないと思います。まさか・・・

そして會澤の契約更改のニュースも出ました。4200万円アップの9200万円とのこと。私は1億円に乗ると思っていたので意外でした。来年FA権取得ですからおそらくですが複数年契約の話もあったと思います。

単年で1億円以下の提示って、球団としては「絶対に残ってくれないと困る」という位置付けではないということでしょう。そして単年を選んだということは、来年は移籍の可能性は十分あるんだろうなと思いました。

補償選手の指名はなぜ時間がかかるのか

プロテクトリストが12/12に届き、球団としては補償選手の指名は年明けになりそうとの見込みを公表しました。ある程度プロテクトリストから漏れる選手の見当はついているはずで、もし身辺調査みたいなものがあるとしたら(カープは性格のよい選手を獲るのは有名ですよね)すでに終了しているでしょう。

候補になる巨人の選手も早く決めてほしいと思っているはずです。いい正月を迎えたいですよね。カープの方が確定しないと西武の補償も確定しませんし、そちらの方面も早く早くと思っているでしょう。

でも年明けまで決まらないとしたらどうなんでしょう。もしかして想定外の選手が漏れていて、今あわてて調査をしているか、まさかその件で去年の中日のようなことが起こりつつあるのか・・・

とはいえ実は浅村と炭谷の件で西武はまだ補償選手を指名していません。何かしら時間がかかるものなのか、それともカープの動向いかんで楽天や巨人から獲る選手が変わるのか。

球団事務所も年末は休みになるでしょうから、明日からの1週間に何らかの動きがある可能性は高いです。注目します。

そういえば補償選手が入団するとなると、背番号はどうなるでしょうか。今60番台までの空き番号は5、9、11,18、25と相当着けにくいものしかありません。70番以降の空きの74、77、81、94、98、99、この中から選ぶのでしょうか。

あと14日以内にプロテクトリストが届く

昨日やっと丸が巨人と正式契約をしましたので、これから14日以内にプロテクトリストが届きます。西武はすでに12/8には炭谷(11/26契約)と浅村(12/3契約)の二人ともプロテクトリストを受け取ったとニュースになっていましたので、そんなに時間はかからないでしょうか。ちょっと早いクリスマスプレゼントになりそうです。

12/2公示の契約保留選手名簿では、巨人は炭谷を入れています。カープは丸を入れています。すると少なくとも炭谷はプロテクトになるはずです。前回12/2の記事では丸と炭谷をプロテクトとして組みましたが、丸はしなくていいとすると、1人余分にプロテクトできますね。さすがにドラフト1位は漏らさない、として桜井でしょうか。

前回のリストを再検討して、おそらく東海大枠で中川をプロテクト、北村を外すと考えました。さて誰を選びますかね。カープにも有望な新人が多いので、「お金でいいかも」なんて思ってきたりします(汗)。

<12/12夜>もう今日リストが届いたのですね。年内に決めてほしいですね。

一軍登録が29人になりそう

今まで28人だった一軍登録枠が29人に拡大されそうですね。

先発投手5人+リリーフ投手7人+野手16人くらいで運用してきましたが、ベンチ入りメンバーは3人を外すのでどうしても先発予定のない先発投手が1人(先発6人登録の場合は2人)ベンチ入りになっていました。今回の改定で先発投手の代わりに野手がベンチ入りできそうで、ありがたいです。

今年の試合として優勝を決めた9/26の試合を見てみますと、スタメンが田中、菊池、丸、誠也、松山、野間、會澤、安部、九里。ベンチ入りは投手が戸田、ヘルウェグ、フランスア、アドゥワ、藤井、今村、一岡、中﨑。捕手が石原と磯村、野手は新井、西川、小窪、曽根、上本、バティスタです。

この時は先発4人登録だったので(九里、大瀬良、野村、ジョンソン)、リリーフを8人入れられていました。来年は先発を5人登録してもリリーフを8人入れられます。

カープの場合は代打とか代走、守備固めを出すケースが少ないので、今までの人数でもそんなに窮屈ではなかったと思います。松山の交代要員さえきっちり確保しとけば(来年はファーストが多いかも)、あとは投手への代打と守備交代がほとんどです。

そして會澤に代打を出すケースがほぼなかったので、彼がスタメンマスクの試合はキャッチャーは2人体制でよかったと思います。そしたらその分は代打要員に充てられます。坂倉の打撃がレベルアップし、捕手と外野ができればかなり効いてきます。

今までパリーグ(投手に代打がないので交代機会が少なめ)と同じベンチ入り人数だとセリーグにはちょっときついかなと思っていましたので、この改定は大賛成です。

丸の正式契約はいつ?

FAで巨人に行くことが確定してはいるのですが、丸の正式契約がまだです。同じく今年FAの炭谷は11/26に契約、自由契約の中島とも11/23に契約しているようです。NPBのコミッショナーから公示が出ると、そこから2週間以内に人的補償選手を通知しないといけません。そして人的補償選手が通知されから40日以内に全て完了のようです。

もしかして補償選手の絡みで契約できないのでしょうか。Wikipediaによると補償選手にならないのは「28人のプロテクト選手」「外国人選手」「直近のドラフトで獲得した選手」のようですから、契約してしまえば即補償対象になってしまうのでしょう。

つまり丸と契約してしまうと西武へのプロテクトリストに丸を入れないといけない、と。しかしながら人的補償選手を選ぶのは同一リーグであるカープが優先されるということです。なんかよくわかりませんね。

単純にプロテクト選手を増やしたいのであれば巨人は炭谷と契約しなければいいような気もするのですが、そうではありませんし。ちなみに12/2に公示された契約保留選手名簿には炭谷は巨人の名簿に入っています。丸はカープの名簿に入っていますし中島はオリックスに巨人にも入っていません。

もしかして炭谷の名簿提出期限である12/10あたり、それから40日後である1月末まで丸と契約しなければ、カープの優先権はなくなり、1-2名少ないプロテクト外の選手の中から選ぶようになってしまうのでしょうか。

それから岩隈まで巨人入りですね。このくらいやってくれないと面白くありません。来シーズンは強い巨人と一騎打ちです。もっとも他のチームも強くなって、カープの方は丸が抜けて打線のバランスが一気に崩れるということも十分あります。来年ばかりは菊池を2番に置く余裕はないかもしれませんね。6番か7番で。

レグナルト投手に続きローレンス投手を獲得

シアトルマリナーズからローレンス投手を獲得です。31歳で去年メジャーデビュー、今年はマリナーズでリリーフとして11試合で防御率7.33と微妙(汗)、3Aでは16試合に先発し防御率3.31。カープではやはり先発として期待されているんでしょうね。

昨日お父さんが喜びのあまりSNSでばらしちゃったというニュースもありました。日本出張を喜んでくれているようで、うれしいですね。

ところで来年のカープの外国人投手がジョンソン、フランスア、ヘルウェグ、レグナルト(左腕のリリーフ)、ローレンスと5人になってしまいました。ジョンソンとフランスアは確定、残り1枠を3人で争うような感じです。というかローレンスが先発であれば、もう確定っぽいような気もします。

例えば開幕時はジョンソン、ローレンス、フランスアの3人で、ローレンスは最初は2週に1回の先発としてその間はヘルウェグかレグナルトを上げてリリーフ2人にするとか。フランスアも登板が多くなったら途中で休ませることもできるかもしれませんね。もしくはジョンソンがシーズン通して活躍できるか不透明という予測もあるんでしょうか。

そんなことを考えていたらふとジャクソンのことが頭に浮かびました。他球団との契約の話が全然出ていないですね。もしかしてメジャー??喜ばしいことです。

もういちど人的補償の予想

FAについておおむね動向が決まりましたし、来シーズンの戦力が見えてきました。丸のFA移籍により外野のポジションが一つ空きましたが、外野手は人材豊富です。誠也、野間はほぼ確定で、レフトとファーストのポジションを西川、松山、バティスタが争い、下水流とかメヒアがそれに続くという構図です。もしかしたらそこに坂倉とか。

セカンドは菊池が不動・・・ではないと思います。菊池は来年FA権取得ですから、セカンドは菊池しかまともに守れないという状況にはしないと思います。途中交代で誰か入れるとか、菊池を定期的に休ませてその時は、という形でしょう。候補としては安部か曽根になるでしょうか。

ショートも田中が再来年FA権取得ですから、来年はいいとしてもその後のことを考えないといけません。田中をサードへのコンバートはないと思いますが、ショートでフルイニング出場も来年か再来年には打ち止めになるはずです。この2年フルイニング出場させてFA移籍、なんてことになると首脳陣は責められるでしょう。

小園がモノになるのは2-3年かかりそうですから、来年は前半は体作りで後半に二軍の試合出場、再来年はちょこちょこ一軍に上げてみる程度でしょうか。そういう状況なのでここでも曽根の存在が大きくなります。

サードは今のところ安部かメヒアか、でしょうか。ここが一番のウイークポイントです。安部が去年の.310のように打てたら言うことはありませんが、今年は怪我の影響を引きずったのでしょうか。守備はまずまず安心できるようになりましたがその分打撃が物足りません。

ということでこれから選手を獲得するのであれば、サードかピッチャーが欲しいですよね。ちなみに巨人の人的補償選手候補として以前野手の方で名前を挙げた和田恋はプロ入り前は三塁手で去年までは一塁や二塁も経験し今年から外野手登録、松原聖弥はプロに入ってからは外野手のようです。和田はドラフト2位で今年のイースタンリーグのホームランと打点トップ、松原は育成出身で今年はイースタンで打率と安打数トップ。間違いなく和田はプロテクトされますね。

ところでプロテクトの28人にはFAやトレードで獲得した選手(丸、炭谷)も含まれるのでしょうか。そして自由契約での獲得(中島)は含まれない?そうなるとかなり漏れる選手は増えそうです。それを踏まえてプロテクトを予想し直してみます。FA移籍をして契約年数が完了していないと思われる野上はプロテクトとします。森福は2年契約であればぎりぎりプロテクト外です。

あとは1年目の北村(三塁手、イースタンで.270と打率8位、1試合だけ一軍出場、亜細亜大学からドラフト4位)がプロテクトされるでしょう。北村が漏れたら獲られると思いますよね。三塁手で亜細亜大学枠。

投手は中川(東海大からドラフト7位)か池田(専大-ヤマハからドラフト4位)のどちらかかなと思いつつ、1年半若くて体の大きい中川を残し池田が外れると予想しました。そしたら北村の件を思いつきましたので、中川か宮国かどちらが外れるかと考え・・・中川を外しました。

(プロテクトされる投手)沢村、菅野、吉川、野上、内海、畠、鍬原、宮国、山口、今村、高田、大江、田口
(プロテクトされる野手)吉川尚輝、陽、坂本、長野、丸、亀井、阿部、小林、岡本、炭谷、重信、大城、北村、田中俊、和田
(漏れる有名どころ)投手では森福、大竹、桜井、田原、谷岡、中川、高木、戸根、池田。野手では石川、宇佐見、吉川大幾、山本、立岡、松原、辻。

この中で言うと中川か松原か、大穴で宮国になると思います。悩みますね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR