スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また0-1負け・・・

昨日のカープ対ライオンズは8回まで0-0、9回表に東出が3塁打を打ち、梵がスリーバントスクイズを決めて1点を取りました。ここまでは非常にカープらしい戦い方で、流れとしては最高です。

では次の9回裏、サファテが出るかまえけん続投か、となりますが、サファテが出てきてラジオの解説者は「西武のクリーンナップはストレートに強いですからね」とコメントしていました。

結果は中島にいきなりホームラン(泣)。今Yahooで確認したらストレートを4球続けていたようです。しかも高く外した3球目以外は全部真中から高めで球速も同じ、と、それは打たれても全く不思議はないと思いました。

次の中村もストレート5球で低めは1球もなしでしたが三振、その次のフェルナンデスでやっと初球カーブ(ボール)、そのあとストレートを5球続け、最後はフォークで空振り三振、坂田は2球目のスライダー(ボール)以外は全部ストレートで外野フライ、と、かなり読みやすい配球でした。

まえけんは8回で109球でしたが、球威が落ちてきて投げられなかったのであれば仕方ない結末です。しかし投手交代ミスのような類であるならば、ノムケン監督はミスが多すぎます。それとも石原のリードがまずいということなのでしょうか。

監督やコーチにしてみれば、今シーズンのまえけんはまだ本調子でないから確実にサファテで、と思ったのでしょうけども、ストレートに滅法強い打者が続く場面にストレート勝負、という判断材料が抜けていたとしか思えません。思考停止のような印象があります。

まえけんにしてみれば、自分で打たれて負けたのであれば納得いくでしょうし、今の自分の力に自信が十分でなければ今回の継投策も納得がいくでしょう。しかし「まだいける」という感触があったとすれば非常にかわいそうなことをしてしまったということになります。モチベーションも落ちるでしょう。そういう投手心理は大野コーチはわかっているはずですが・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。