昨日の負けから考える

まさかの連敗、とは言いませんが、またもやDeNAのマシンガン継投を崩すことができませんでした。これでDeNAがCSを勝ち上がってくると去年の再来になる可能性は高そうです。フランスアを回またぎさせましたが、球速は出ていたもののコントロールがばらついていて厳しかったですね。2ランを打たれたのは打たれるべくして、かどうかは私にはわかりませんが。

DeNAの継投策を見ると、8人いるリリーフ投手の中、笠井を除いた残り7人をまんべんなく登板させています。おそらく僅差であればリードでもビハインドでも7回まではあまりメンバーを固定せずに臨機応変に登板させているのでしょう。

一方のカープは一岡、フランスア、中﨑に比重がかかりすぎて他の投手を有効に使えていない印象です。点が取れないと同点とかビハインドとかでもこの3人をつぎこむことになり、短期決戦では息切れするでしょう。

カープが今年本気で日本一を狙うのであれば、今より打線がはるかに調子を上げるか、短期決戦用の継投策を採用するか、どちらかが必須だと思います。DeNA戦と今日からのヤクルト戦を短期決戦だと考えてシミュレーションしてもよかったです。

今日からのヤクルト戦、だいぶリリーフ陣が苦しくなってきましたが、どうなるでしょうか。無理しないでほしいです。

フランスアが今日投げると三連投、一岡と中﨑も連投になる、と3イニング無失点は期待できない状況です。今日は勝てればもうけもんという位置づけにして、リード/ビハインドに関わらずヘルウェグ、戸田、藤井を有効活用してみてはどうでしょうか。それでも勝てる時は勝てます。今日は無理に勝ちにいって失敗するとヤクルト戦三連敗もありえます。

本当は昨日をそういう「勝てればもうけもん」の試合にしてほしかったです。中村祐太が予想外?に5回2失点と試合を作ってくれたのでプランを修正したのでしょうか。今日はおそらく打線が奮起しないと勝てません。それを期待します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。
勝ちがしら投げさせないことに、賛成ですが、中崎だけは、ここまで頑張った分だけ、胴上げ投手させて上げたい。

No title

九里が8回無失点で中﨑が締め、打線は10点取ったという、申し分のない試合でした。
ゆっくり感慨にひたりましょう。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR