9回裏5点リードで菅野登板

昨日の阪神-巨人戦、巨人が勝てばCS進出決定という試合でした。先発のメッセンジャーとメルセデスが試合を作り、5回終了時で4-2と巨人リード。メッセンジャーは5イニング106球で代打を出され交代、メルセデスは6回に2ベースを2本打たれ畠に交代、その後エラーが絡み4-4の同点。7回8回に巨人が岡本の2本のホームランなどで5点とり9-4でリード、巨人は7回山口、8回も山口、そして9回裏に菅野の登板。

こういう采配は絶対勝つぞ、CS突破するぞというメッセージを与えるためには効果的なのかもしれませんが、選手のモチベーションと結果との関連ってそんなもんなんでしょうか。選手の方々はプロなんだからそんなことしなくても結果は変わらないはずで、そうでなければメンタルトレーニングが足りていないんじゃないか、と私は思います。

ちなみに全然別の話ですが中﨑のコメントとして、優勝が決まって気持ちが入りきらないところがあった、というのがありました。これ本当だったら上記のことが当てはまります。多分半分くらい嘘か、インタビューの切り取り方が悪いか(本当のところはそこにはない)、どちらかだと思います。フィジカルが悪いので・・・とは絶対言わないでしょうし、結局結果を見て判断するしかありませんね。

というわけで多分この執念の采配はファンに向けたメッセージです。10/4に投げて中4日の菅野は150キロ台前半のストレートを連発していましたが、まあ許容範囲の登板です。13日からクライマックス1stStageが始まりますし、中4日くらいで第2戦に登板するんでしょうか。中3日で第1戦に登板しても2ndStageでは2試合は投げられないでしょうし、そうなると予想します。

ということでメルセデスが第1戦、菅野が第2戦に登板、ヤクルトはブキャナンと小川でしょうか。菅野を打ち崩すのは相当困難でしょうし、この様子だと投手力のある巨人が突破しそうな気がします。願わくば第3戦までやって少し消耗してほしい(汗)。第3戦は巨人は最近調子を上げてきた今村がいますし、ヤクルトはカラシティーでしょうか。高橋・石川の左腕二人はカープ戦にとっておきそうな気がします。

カープは前回書いた通り打線を立て直さないとどうにもなりません。大いに心配ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。
一イニングなら、菅野初戦きそうな、負けたら終わりのトーナメント無理矢理でも、来そうですねぇ

No title

菅野の登板が手段として正しいかはともかく、

プロなんだからモチベーションは常に最高ってことはないのでは?

現役時と言うか、リアルタイムで弱み見せる選手はいませんけど、引退後やシーズンオフに来るしかった、精神的につらい時期があったなんて言う選手はいくらでもいますし、

連敗中や低迷期のチームのベンチとかテレビでも分かるくらい空気重かったり荒んでます。

それに野球に限らず、他競技のトップアスリートも専属のメンタルコーチ雇ってトレーニングしてたりモチベーション維持のために努力し続けてるわけですし、
「プロ野球選手」という生き物がいるわけではなく、
どこまでいっても人間は人間なんですから常に1人でモチベーション保つのは不可能でしょう。

菅野の効果がどれくらいあるのかは分かりませんが、
首脳陣としてはこれからわずかな望みにかけてCSに挑むわけですし、
ファン以上に選手へのメッセージを伝える必要はあったんでしょう。

No title

>ひろさん
 初戦は取るに越したことはないですが、2戦目に圧倒的な存在感のある菅野が控えていたら
相当ヤクルトとしてはしんどいかな、なんて思ってしまいます。
 なので1日開くことも考え合わせると私は第2戦予想です。普通の予想は第1戦だと思いますが。

>関西紅ショウガ
 おっしゃるとおりモチベーションは常に最高ってことはないでしょうね。ただ例えばリリーフ
投手の場合、一旦マウンドに立てば気合いは普通に入ると思います。最終戦の中﨑については
その前の登板で大瀬良の勝ちを消していることもあって、ここで気持ちが入らないなんてことが
あるようでは・・・と思います。

 長期的に見て精神的に辛いとかモチベーションが維持できないってことは普通にあると思い
ますので、そういう部分はメンタルトレーナーなどが関与すべきと思います。

 新井が引退表明した瞬間に連敗が続いたことを考えると(汗)、メンタルに訴えかけるような
作戦もよしあしかなあと考えてしまいます。まあこれはたまたまなんでしょうけど。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR