今日からCS1stStage

今日からクライマックスシリーズファーストステージです。ヤクルトの先発が小川、巨人が今村と発表されました。ということは明日第2戦が多分ブキャナンと菅野、第3戦はカラシティーとメルセデスになるでしょうか。

CSでは第3戦まで戦うと1日の休みをはさんで2ndStageに入ります。ヤクルトは残る先発が高橋、石川、星といます。巨人はこの2週間ほどで先発した投手はあと吉川しかいませんが、田口、内海が候補でしょうか。カープは比較的左腕を苦手としていますから、やはりこういう感じになりますね。

ヤクルトが上がってくるとしたら先発は高橋-石川-小川(中5日)-ブキャナン(中5日)-カラシティー(中5日)-高橋(中4日)、とかになるんでしょうか。巨人だと内海-吉川-今村(中5日)-菅野(中5日)-メルセデス(中5日)-田口とかですね。結構適当なので大はずれだと思います。

この場合最初の2試合で連敗してしまうと一気に旗色が悪くなります。大瀬良とジョンソンでしっかり獲りに行くのは必然です。野村、九里、あと1人は誰になるでしょうか、誰になってもこのあたりは5回投げて3-4点取られそうです。ここでちゃんと打線が相手の先発から点を取れないといけません。

リリーフ陣は中﨑、フランスア、一岡、ジャクソン、ヘルウェグ、岡田、と結構強力だと思います。今村が復調していればここにプラス、それからもう1-2人(ジョンソンを抹消するまではヘルウェグが登録できない)、で最低8人で回してほしいです。アドゥワともう1人。

なんと言ってもおととしのような今村ジャクソン6連投(連投-休み-三連投-休み-登板)は絶対にやってほしくありませんね。パフォーマンスは当然落ちますし故障にもつながります。日本シリーズだったらこのように休みが入りますが、CS2ndStageだと6連戦になりますから、結局のところ連投を上限としたプランを組まないとうまく回らないはずです。

となるとマックスで連投-休み-登板-休み-登板です。日本シリーズを意識すると連投-休み-登板-休み-登板-休み-連投、とマックス6試合。これでもきついでしょう。できれば6戦7戦のどちらかは休ませたいですね。

日本シリーズ7試合のうち毎試合4人リリーフが必要として28イニング、これを8人で分担すると1人あたり4イニング以下になります。幸い勝利の方程式に入る力のある投手が5-6人いますから、うまく分散させてほしいです。CSだともっとうまくやらないといけません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR