菅野のノーヒットノーランで巨人が勝ち抜け

菅野のピッチングは特に9月10月にすごいことになっていましたが、そのままなんと昨日はノーヒットノーランなんてやってしまいました。7回途中までパーフェクトだったようで出したランナーは1つの四球だけ。球数も113球とかなり少ないです。

まあいくらすごいことをやったとしても1勝は1勝。あさって始まる2ndStageには中5日で第4戦に先発するのがやっとでしょう。中4日で第3戦、中2日で最終戦にリリーフというのはいくらなんでも・・・です。

私がもし巨人の監督だったら、1stStage突破の確率が下がったとしても菅野を2ndの第1戦に持ってくるプランを立てます。1stStageには投げさせません。もちろんこの作戦は関係者やファンからの避難がごうごうになるので実際にはできないでしょう。しかし2ndで負けるのも1stで負けるのも同じです。

巨人はメルセデスを温存でき、リリーフ投手も酷使されずにすみました。メルセデスがおそらく第1戦と第6戦の登板になるのでしょう。今村は中5日で第3戦、菅野が第4戦、になると第2戦と第5戦は吉川、田口、内海のうち誰かになりそうです。

なので巨人の先発予想はメルセデス-吉川-今村-菅野-内海-メルセデスとします。結局ほとんど左投手との対戦になりますね。最初の3試合のうち2勝しとかないと暗雲が漂います。カープの先発は大瀬良-ジョンソン-九里-野村-戸田-大瀬良と予想します。第6戦までもつれこんだら大瀬良を中4日で出しそうですね。

まあ昨日も書きましたが、これだけハンディがあるのに余裕を持って勝ち抜けできないようならパリーグとは勝負できません。さあどうなるでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初戦負けたら3戦目に菅野持ってくるのではないでしょうか?

菅野は中4日の経験ありますし球数も110程度なら十分いけるでしょうから、

初戦落として菅野が投げられずにストレート負けの可能性は潰してくると思います。

間隔あけて万全でやれるにこしたことはないですが、
最強の切り札が使えないという勝負以前の問題は絶対許されないんじゃないかと思います。

No title

個人的な作戦ですと少しでも疲労が回復する中5日で登板し、その後の救援登板なしとしたいの
ですが、おそらく実際は中4日にしてくるんじゃないかとは思います。
意外と第4戦に投げられると嫌だと思いますが、どうでしょうか。

こういう場合はストライク先行省エネピッチングで来るでしょうから、ファウルで球数を投げさせるか
甘い球を早いカウントから打つか、どちらかで対抗ですね。そういう意味でも序盤はバットに当てる
能力の高い選手を起用していただきたいです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR