日本シリーズ第6戦、力の差を見せつけられ敗退

カープの先発はジョンソン。6回2失点(スクイズとグラシアルのホームラン)という内容は十分でした。7回は一岡がなんとか無失点に(ストレートの球速が140キロ前後だったのはコンディションの問題なんでしょうか)。

8回からフランスア、しかも6番安部のところに入ったので2イニング確定です。2点ビハインドでおととい3回またいだのに、です。おとといは6回1アウト+7回+8回+9回1アウトと結構なことをやっていましたが、球数は41と少なかったのだけが救いです。

しかしもし昨日逆転勝ちしたら今日も明日も・・・ですよね。今村ジャクソン6連投(登板-登板-休み-三連投-休み-登板)とあまり変わりないような気がしてなりません。最終戦までもつれこんでもそこで余力が残っていなかったら何にもなりません。

打線は4安打(全てシングルヒット)2四球。1イニングで一番塁に出られたのは誠也のヒット1と松山の四球でノーアウト1塁2塁となった2回ですが、ここで点が入らなければきついです。安部が一塁方向への進塁打、で2塁の方がアウトになり1アウト1塁3塁、その後野間が三振、8番石原のところで安部が盗塁失敗。

まあ石原ジョンソンではまず点がとれないので盗塁企画自体はありなのかもしれませんが、失敗してはいけません。カープがスクイズをやられたように、野間のところでスクイズはできなかったのでしょうか(その場面は見ていませんでした)。ちなみに他のところで、あの盗塁は実はダブルスチールで誠也がサインを見落としたという説が複数ありました。

このシリーズはカープの盗塁が注目されていましたが、結局甲斐に6つ刺されて合計8つの盗塁死となりました。盗塁が勝負の分かれ目になるということで、それほど重要ではない場面で走らせて「えさをまく」という作戦だったと思いますが、あれ全部走ってなかったら1点2点くらいの違いが出たかもしれません。

もちろん結果論であることは十分承知していますし、首脳陣を責める意図はありません。そういう部分は全く問題にならないくらいに叩きのめされた印象です。そうでもしないと勝てなかった、それがダメなら問題外、というような予測だったとしたら仕方ありません。

ソフトバンクのリリーフを打てなかったのはちょっとショックです。第1戦は武田2回-石川2回-森-加治屋2回-高橋-モイネロ、第2戦は大竹2回-嘉弥真、第3戦は高橋-モイネロ-武田-加治屋-嘉弥真-森、第4戦はモイネロ-武田-嘉弥真-森、第5戦はモイネロ-武田1回2/3-嘉弥真-高橋-森1回1/3-加治屋、第6戦は武田1回2/3-嘉弥真-森です。

リリーフのイニングは8回、3回、4回、4回、5回1/3、3回、とありましたが、点が取れたのは第3試合の5点(加治屋のみ)、第5試合の2点(モイネロ、武田から1点ずつ)、あとは点が取れていません。

武田が2回-休み-休み-1回-1回2/3-休み-1回2/3と一番過酷でした。嘉弥真は1イニング-休み-2/3回(5球)-1回-1/3回(2球)-休み-1/3回(4球)と、三連投がありましたが球数が少なく許容範囲と言えるかもしれません。モイネロも登板-休み-休み-三連投がありましたが、2/3回(5球)-1回-1/3回(11球)と球数は少ないです。全体的にはそこまで問題のある起用とまでは言えない、非常に考えられた登板という印象です。もっと酷使されていた印象でした。

個人的には思いが強すぎたせいか、きつかったです。昨日の試合終了時点で、ああこのストレスから解放されるんだ、と思ったくらいです。勝手にストレスを感じていただけですが、以前はシーズン中でもこうでした。今後はもうこんなに入れ込まないようにします。

選手の皆さん、首脳陣の皆さん、お疲れさまでした。ゆっくりお休みください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。
本当に、シーズンお疲れ様です。

丸・松山選手のどうこや、戦力外選手・新人・来季の年俸・コーチ人事楽しみと不安ありますが、来年しっかり応援しましょう😃

No title

我々ファンもお疲れさまですね。
しばらく試合のない日が続いて淋しくて仕方ないでしょうけど、来年のことでも考えましょう。

FAについてはいろんな事情もあるでしょうし、もう運命くらいのつもりでいます。
外国人はジョンソン、フランスア、バティスタ、メヒアは残留、他の選手は未定のようですね。
打者にもう1人誠也並のやつを(汗)、リリーフ投手にフランスア並のやつを希望します。

お疲れ様です。
第二次戦力外通告発表・青木陸・オスカル選手が発表されました。
青木選手は、栗原の後釜として期待されましたが、中々難しいですね。
オスカル選手左として、頑張っていた時期もありますが、残念です。

No title

オスカルはルーキーイヤーは期待したのですが、そこからがうまくいきませんでしたね。
青木はまだ3年しか経っていないのですが、見込みなしということなんでしょうか。

この2人は少し前にニュースとしてはありましたが、公式発表はなかったようですね。
もう1人か2人くらい追加になってから発表なのかな、と思っていました。

日本人選手がこれで終わりだとしたら、外国人選手の残留が少なくなりそうです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR