2019年のキャッチフレーズは「水金地火木ドッテンカープ」

昨日ファン感謝デーがあり、2019年のキャッチフレーズが発表されました。「水金地火木ドッテンカープ」、と今回もやっぱり微妙(汗)。

2018年が「℃℃℃(ドドドォー!!!)」で2017年が「カ舞吼!−Kabuku−」、2016年が「真赤激!」、2015年が「常昇魂 RED RISING」、2014年が「赤道直火」というところを見ると、2014年から2016年までは燃えるような赤がテーマのようでした。2017年から2019年まではなんか奇抜さがテーマになってますね。

2017年、2018年と奇抜シリーズで2年続けていい結果だったので引くに引けなくなり、2019年も同じ路線で行くしかなかったのか、それとも3年を区切りにテーマを変えているのか。どうなんでしょうか。

しかしこのキャッチフレーズとカープというチームとの距離感はどんなもんでしょうか。なんか昔のアイドルのキャッチフレーズのような微妙な距離感みたいに思えます。もしくはスベることを前提としたトーク。ちなみに決してディスっているわけではありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まあ、最初ですから。段々慣れてくるとおもいます。

No title

℃℃℃は結局慣れませんでした(汗)。

お疲れ様です。
天谷選手RCCの解説社になりましたね。嬉しい限りです。

No title

選手に近い目線で解説してくださるようで、裏話とかたくさん聞けそうですね。楽しみです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR