丸がFAで巨人に移籍

まあ想定通りの結果です。若いうちに取得したFA権を行使してカープに残るというのはかなりの特殊事例でしょう。メジャーはあきらめないといけませんし、自分の実力に限界が見えていたわけでもないでしょう。次のFA権が取得できるまでの4年間で何か起こる可能性がありますから、よほどの素晴らしい契約でない限り普通はFA権は持っておきたいはずです。

去年ちゃんとした複数年契約を結んでおけば、とフロントを批判する声もあります。去年は複数年契約を提示されなかったとか、単年契約と複数年契約の両方の提示があったが満足のいく内容ではなかったとか、いろんな報道がありますが、そこまでして引き留めたくはなかったと考えた方がいいような気がします。

丸にしてみれば今年キャリアハイの成績をたたき出したので、去年複数年を選ばなかったのは正解でした。今年の提示が4年総額17億円(出来高含む?)ですからカープとしてはかなり頑張りました。

ここで丸に特にカープから出る理由がなければ、この4年総額17億円でサインすれば特に問題ないはずです。これで30歳になる来シーズンから33歳になる2022年までチームにはいられますし、その後も自身が望めば引退までいられるでしょう。もちろん実力が落ちればスタメンから外されたり一軍から外されたりはありますが。

カープという球団の思惑として、関東出身の選手を多く獲得していつでもFAしていいよ、ということが言われています。実際丸以外にも来年FA権取得予定の會澤と菊池、再来年取得予定の田中、このあたりが関東出身です。ピッチャーでいうと来年取得予定の今村は長崎出身、再来年取得予定の野村は岡山出身。なんか妙に傾向がわかれていますよね。

投手はむしろ足りない状況なので、実力の片鱗さえ見せてくれればいつでも一軍で使ってもらえます。しかし野手はキャッチャーを除くと枠が7つしかありません。若くしてレギュラーに定着した選手が例えば外野に3人いたら、10年くらいは安泰になってしまいます。その間に他の選手の一軍スタメンがほとんどなくなってしまえば成長は阻害されるでしょう。

ということでカープ球団の思惑として、ドラフト指名と育成が順調なのを前提にですが、定期的に選手は出ていってくれても構わない、むしろそうしてほしいと思っているかも、と考えるのが妥当でしょう。もしかしたらカープのフロント陣は「もうちょっとだけ弱いカープ」を期待している可能性だってあります。

とりあえず丸の移籍で西川の可能性が広がりますし、バティスタの出番も増えるでしょう。レフトとファースト、そしてサードもですが、これまで以上に面白い競争になりそうです。チームの得点力は当然落ちるでしょうけど、決して悲観するほどではないと思います。

いずれにしても丸は三連覇、そしてカープの人気を上げることに多大な貢献をしてくれました。こんなカープを見られるなんて本当に夢のようです。ありがとうございます。しかしこれからは敵です。ブーイングはしませんが応援もしません。いい戦いをしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。
まあ、仕方ないですねぇ。人的補償などきにりますが、丸選手の決断尊重したい。
流石巨人凄い金額ですねぇ。カープ・ロッテ習得に、頑張っだと思います

お疲れ様です。
西武の人的補償のけんで、気になったのですが、楽天人材何で・ソフトバンクに入って欲しかった見たいな西武球団の記事見ましたが、そこまで違いますかね?

No title

人的保証、楽しみですよね。
狙うのはピッチャーだと思いますが、めぼしい投手は漏れないような気がしています。
田原が漏れるかどうか、ですが五分五分でしょうか。
野手も望み薄と考えます。

浅村の補償ですが、やはりソフトバンクは育成からもどんどん戦力になってくるイメージで、
楽天よりいい選手が揃っているんじゃないでしょうか。詳しいことはわかりませんが。

No title

巨人ファンのプロテクト予想いくつかみましたけど、
どうしても谷岡、田原、中川、池田なんかは全員守るの無理で2~3人漏れてしまうそうです。

また人によっては和田や辻なんかも守れない予想らしく(上記の投手を守ろうとすると野手が漏れる)一岡ほど即通用するかはわかりませんけどそこそこ有望そうな選手は取れると思いますよ。

そもそも最近の巨人って若手育ってないイメージで語られますけど、
1軍漏れたベテラン・中堅とかでなく若手主体のチームでファーム4連覇とかしてるんで、
補強ばかりで蓋をされててなかなか上に上がれない1.5軍層がかなり充実してきてるんです。

こういう選手はまさに環境を変える(移籍することで上で使いやすくなる)とブレイクする可能性も高いので結構期待していいと思います。

ちなみに楽天は投手はともかく野手が助っ人野手3人制を暫くやってたせいでかなり育成に悪影響出てまして特に中堅層が控えしか出来ない止まりの選手ばかりでスカスカです。

強いホークスが更に強くなっちゃう問題はありますけど、プロテクト外れるような支配下選手でも育成数十人のライバルに勝って支配下されてるソフトバンクとはそりょ選手層が桁違いですよ。
(育成含めて100人近いんでソフトバンクの選手層は文字通り桁が違います。)

No title

私も11/11の記事で予想をしてみましたが、その時は希望薄かなとしていました。
森福をプロテクトするかどうかにもよりますね。
あと和田恋とか松原をプロテクトするかどうか。

上記3人をプロテクトするとなると、確かに谷岡、田原、中川、池田あたり2-3人が漏れそうです。
私は森福はプロテクトして(そういう契約?)、和田恋と松原のどちらかはしないと読みます。
松原はイースタンの首位打者.316、和田恋は2位.296で本塁打王(18本)とどちらも有望株ですね。

ちょっと楽しみになりました。

お疲れ様です。
酔竜さん・クロスケさん返答ありがとうございます。楽天も、イースタンや社会人・フェニックスリーグなど、出ているので人材不足のイメージなかったのですが、そうなんですねぇ。返答ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR