もういちど人的補償の予想

FAについておおむね動向が決まりましたし、来シーズンの戦力が見えてきました。丸のFA移籍により外野のポジションが一つ空きましたが、外野手は人材豊富です。誠也、野間はほぼ確定で、レフトとファーストのポジションを西川、松山、バティスタが争い、下水流とかメヒアがそれに続くという構図です。もしかしたらそこに坂倉とか。

セカンドは菊池が不動・・・ではないと思います。菊池は来年FA権取得ですから、セカンドは菊池しかまともに守れないという状況にはしないと思います。途中交代で誰か入れるとか、菊池を定期的に休ませてその時は、という形でしょう。候補としては安部か曽根になるでしょうか。

ショートも田中が再来年FA権取得ですから、来年はいいとしてもその後のことを考えないといけません。田中をサードへのコンバートはないと思いますが、ショートでフルイニング出場も来年か再来年には打ち止めになるはずです。この2年フルイニング出場させてFA移籍、なんてことになると首脳陣は責められるでしょう。

小園がモノになるのは2-3年かかりそうですから、来年は前半は体作りで後半に二軍の試合出場、再来年はちょこちょこ一軍に上げてみる程度でしょうか。そういう状況なのでここでも曽根の存在が大きくなります。

サードは今のところ安部かメヒアか、でしょうか。ここが一番のウイークポイントです。安部が去年の.310のように打てたら言うことはありませんが、今年は怪我の影響を引きずったのでしょうか。守備はまずまず安心できるようになりましたがその分打撃が物足りません。

ということでこれから選手を獲得するのであれば、サードかピッチャーが欲しいですよね。ちなみに巨人の人的補償選手候補として以前野手の方で名前を挙げた和田恋はプロ入り前は三塁手で去年までは一塁や二塁も経験し今年から外野手登録、松原聖弥はプロに入ってからは外野手のようです。和田はドラフト2位で今年のイースタンリーグのホームランと打点トップ、松原は育成出身で今年はイースタンで打率と安打数トップ。間違いなく和田はプロテクトされますね。

ところでプロテクトの28人にはFAやトレードで獲得した選手(丸、炭谷)も含まれるのでしょうか。そして自由契約での獲得(中島)は含まれない?そうなるとかなり漏れる選手は増えそうです。それを踏まえてプロテクトを予想し直してみます。FA移籍をして契約年数が完了していないと思われる野上はプロテクトとします。森福は2年契約であればぎりぎりプロテクト外です。

あとは1年目の北村(三塁手、イースタンで.270と打率8位、1試合だけ一軍出場、亜細亜大学からドラフト4位)がプロテクトされるでしょう。北村が漏れたら獲られると思いますよね。三塁手で亜細亜大学枠。

投手は中川(東海大からドラフト7位)か池田(専大-ヤマハからドラフト4位)のどちらかかなと思いつつ、1年半若くて体の大きい中川を残し池田が外れると予想しました。そしたら北村の件を思いつきましたので、中川か宮国かどちらが外れるかと考え・・・中川を外しました。

(プロテクトされる投手)沢村、菅野、吉川、野上、内海、畠、鍬原、宮国、山口、今村、高田、大江、田口
(プロテクトされる野手)吉川尚輝、陽、坂本、長野、丸、亀井、阿部、小林、岡本、炭谷、重信、大城、北村、田中俊、和田
(漏れる有名どころ)投手では森福、大竹、桜井、田原、谷岡、中川、高木、戸根、池田。野手では石川、宇佐見、吉川大幾、山本、立岡、松原、辻。

この中で言うと中川か松原か、大穴で宮国になると思います。悩みますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。
高木や戸根・池田・桜井など一軍経験ある二十代後半環境変えれば上手く行きそうな気がします。

No title

コーチを変えるとうまくいく選手っていそうですよね。
カープの中にも?(汗)
福井は頑張ってほしいです。

お疲れ様です。
福井・菊池投手両方成功して欲しい。菊池選手新人選手と入団会見一緒にするんですかね?

No title

去年は12/13に新人選手入団発表をしたようですが、今年もそのあたりでしょうか。
まだ菊池投手は背番号も発表されていませんが、たまたま?空いている楽天時代と同じ59番でしょう。

福井はいいチャンスだと思いますので、期待します。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR