内海が西武へ、そして會澤1億円に届かず

一足早く西武の人的補償が発表されました。何と巨人の内海。若手を一人でも多くプロテクトしたい思惑なのでしょうけども、大胆なことをするものです。獲った方の西武としては若手のいいお手本になってくれるだけでも意義あるでしょうし、来年FAで巨人に帰るようならまた補償がいただける、年俸もだいぶ下がって一億円、と損はしてません。

ここで思うのが、巨人は今年オフはベテランに聖域をあまり作らないということ、そしてもう1つ、カープでは内海はプロテクトされていたから発表できた?(重複したらカープに移籍なので)、ということです。

内海を必要とするのはどちらかというと西武じゃないかと思うのですが、西武にはプロテクトせずカープにはプロテクトしたとすると、じゃあ他に結構な選手がプロテクト外になっているんじゃないかと想像してしまいます。亀井とか長野とか小林とか。内海は自由獲得枠で、ドラフト1位相当ですからもう1位指名は聖域ではないんでしょう。

このあたりの選手が漏れていたとしたら、カープには全く必要ない戦力とは言えないと思います。まさか・・・

そして會澤の契約更改のニュースも出ました。4200万円アップの9200万円とのこと。私は1億円に乗ると思っていたので意外でした。来年FA権取得ですからおそらくですが複数年契約の話もあったと思います。

単年で1億円以下の提示って、球団としては「絶対に残ってくれないと困る」という位置付けではないということでしょう。そして単年を選んだということは、来年は移籍の可能性は十分あるんだろうなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。
西武も、内海選手とはびっくりしかも巨人帰りたいと行ってるみたい。カープは、数年いる若手出ないと2~3年やって出られたらたまりせん。そういう意味では、西武で良かったと思います。

No title

内海投手も近い将来巨人が強くなるためには、と自分に言い聞かせているのでしょう。
カープとしても次世代の投手が育つまでの1-2年、というやり方はありだと思います。

私はあんまりそうしてまでは・・・という考えです。
しかしたまにはこういうことがないと、有望な選手はプロテクトされてしまいますよね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR