来年の投手陣と人的補償

当初の発表?通り人的補償選手の発表は昨日までにはありませんでした。今日明日あさってにはさすがにないでしょうね。おそらく超有望株の投手はいなかったということですから、最悪金銭でもいいです。

来年の投手陣はどうなるでしょうか。先発はジョンソン、大瀬良、そしておそらくリリーフはできないであろう野村は確定でしょうか。九里も今年の成績を見ると先発が有望ですが、調子のむらとあまり長い回が投げられていないところは気になります。

来年開幕までは一部のリリーフ固定の投手以外は先発として調整するようですし、床田とアドゥワがどのように伸びるか注目しています。もちろん中村祐太、高橋樹也、高橋昂也、このあたり含めて2人くらいものになれば万々歳です。そして新外国人のローレンス(リリーフ投手と枠を争う)。すっごく人材豊富です。

リリーフは中﨑、フランスア、一岡、今村、このあたりは盤石そうですが終盤に疲れ?故障?で調子を崩した今村はどうでしょうか。そして岡田(リリーフの方がいいと思います)、ヘルウェグ、レグナルト。こうしてみるとリリーフの方が人材難です。薮田がここに入るとありがたいです。そして塹江、藤井、長井、戸田、矢崎(加藤)、このあたりから1人勝ちパターンで投げられる投手が出てくればうれしいです。

去年も私は書きましたが、無理して優勝を狙うことはありません。若い投手を育成しつつリリーフの酷使を防ぎ、気がついたら優勝でいいのです。フランスアは大事にしましょう。他の投手も三連投はよほどの条件が揃った時以外禁止、原則2週で6登板まででお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

学校のテストみたいにやることやってたら何点は取れるみたいなものではなく6チームで争うものなので、
狙ってなかったけどラッキーで優勝は無理だと思います。
他は優勝するためにイロイロ無理して上を目指すわけですから。

まあ、最初からアクセル全開なのではなく、
かつての落合さんが言っていたように勝負は後半戦として前半は5割前後、他がもたついてチャンスありそうなら「後半戦から」無理をするってのが現実的なところと思いますが、

その場合、1年トータルで狙ってたときと後半まけスパートかけたときでどっちのほうが負担ましなのかは微妙ですが。

No title

「無理せず優勝狙い」ということなんですが、具体的にはリリーフ(特にフランスア)の酷使、
田中のフルイニング出場、菊池の2番、このあたりが無理してたなあと思った場面です。

このあたりはもしかすると譲れない所かもしれませんが、ドシロウトの私にはわからない所です。
そして実はこれは優勝への最短距離ではないような気がしています。

ベンチ入り人数が1人増えましたし、リリーフ投手はなるべくパフォーマンスを低下させないように、
そして故障につながりにくいように起用してほしいと思っています。

お疲れ様です。
優勝狙わないと低迷時代になるとおもいます。
人的補償は、投手欲しいですが、菊地メジャー・丸移籍で、野手指名ありと考えます。

No title

戦力は十分あるので優勝を狙わないということはないはずです。
ただ優勝するにはいろんな道筋があるでしょうから、安全な道を行っていただきたいです。

個人的にはは三連覇って結構チームに無理がかかっているでしょうから、一旦リセットに近い
方法をとってもいいんじゃないかと思います。もちろん戦力はあるので優勝は可能です。

故障者がどんどん出てしまったら(特にリリーフ)、Bクラスも十分あり得ます。
今年なんか投手力がいまひとつでも打線が補えてきましたが、来年そううまくいくかわかりません。
投打のバランスが崩れてしまうと、悪循環になりかねません。

まあこんなこと、チームとしては十分考えているんじゃないでしょうか。
その範囲内でどこまで無理を許容するか。それだけだと思います。
私は三連投とか2週で8登板とかはやめてほしいですが・・・
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR