スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の練習

シャンクの件で恐る恐る始めましたが、意識して手元を体から離すとうまく行きました。シャンクはゼロ、全体的にスライス傾向だったのはやはりフェースが開いて当たっているからでしょう。

手元が理想的なポジションから5cm体に近づくとシャンクするということだと思います。

非常に困ったのは、3Uと4Uと5U、どれも飛距離がほとんど同じということです。それぞれ3度、0.5インチ差がついているので、10y刻みになればだいせいこうで、せめて7-8yの差はついて欲しいところです。打ち方が悪いのか、長くなった分ヘッドスピードが上がっていないのか・・・

NS1050が使える体力でないという結論でしたら結構寂しいです。ヘッドスピードを上げるコツをつかんでいないという面はあるかと思います。一応手元にはNS950WF(ウエイトフロー)というシロモノはあるのですが、チェンジする踏ん切りがつかずにいます。ドライバーももう少し軽くした方がいいのでしょうし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライ角

スライスするのはもしかして、ライ角がフラットすぎるって言うことがあるかもしれませんよ。

本人の適正なライ角よりフラットなクラブは、「クラブにあわせて構えると」、どうしても体に引き付けがちに構え、アップライトなクラブはグリップが前の上に来るようになるので体から離して構えるようになるんです。

だから酔竜さんがもっとアップライトなクラブを最初から使っていれば、アドレスの手の位置も、体から離してもっと前に構えるようになっていたかもしれませんね。

逆に「クラブのライ角を無視して」グリップを適正な位置で構えると、適正なライ角よりフラットなアイアンでは、インパクトできちんと返ってくればくるほど、スライスになりますね。

No title

ryuさん、いつもありがとうございます。

今のアイアンは5Iでライ角62度、アイアンはほんの少しスライスです。
サスクワッチSUMO2UTのライ角も同じくらいのようです。これはだいたい右に出てスライスです。

一度かなりアップライトなアイアンで、例えばPINGの単品売りあたりを買ってきて試すと
よさそうですね。

スイングをいじることでのスライス撲滅は私には無理そうです。
今月のラウンドはとりあえずスライスするものと思ってやるしかありませんね。

No title

少し言葉が足りませんでした。

アイアンのスライスは6番とか7番とか長い番手のみで、その他はまずまず大丈夫そうです。
5番(24度)は難しそうで持つ気にもなれません(汗)。

ライ角

私は37.5インチのクラブで61度です。
ミズノによると服部真夕が6番(37.5インチ)で62度ですね。
http://www.golfersland.net/raikaku/pro/

5番の長さがわからないけど62度はまずまずですね。どうもクラブの問題ではなさそうかな?

ただ前にもこの話題があって、その結果どういうクラブが良いと言う結果になったのでしょう?
新しくクラブを買わなくても、ソールにマジック塗ってという話題もあったはず。
ライ角のせいかどうかはこれで一発でわかる。
(そのスイングで良いかどうかは別にして)

同じ事柄で、ぐるぐる廻ってる気もしますが。

No title

当時は確かにアップライトのアイアンでソールの真ん中付近に擦れた跡がついていまして、アップライトがいいという結論になりました。

でも根本的な原因はシャフトがかなり立った状態でクラブを下ろしてくることで、こういうアイアンだとスイング矯正の妨げになる、という結論に至ったのではと思います。記憶があやふやですが・・・

今回のスライスもおそらくスイングの問題でしょうね。ともかくシャンクの問題が解決されないとスライス矯正どころではないので、とにかくシャンク矯正を第一に考えています。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。