スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクリル接着剤を注文

今使っている接着剤は確かアメリカのお店から買ったエポキシ接着剤ですが、どうもこれがいまいちのような気がします。接着剤自体が悪いというよりは、接着力が落ちる要素が重なった場合にかなりまずい状態になるようです。

例えばヘッドとシャフトの間の隙間が大きい場合(特にパラレル対応ヘッドにテーパーシャフトを入れる時)、シャフトの先端の処理が十分でない場合、冬場の作業、このあたりが重なるといけないのでしょう。

慣れ親しんだNS1050RからNS950WFにシャフトをチェンジしている最中ですが、今まで特に問題なく打っていたマックテックNVGのPWがほんのわずかに加熱しただけであっさり抜けてしまいました。その反面テーパーシャフト用ヘッドであるナイキサスクワッチSUMO2ユーティリティの場合はなかなか抜けませんでした。

寒い時期にリシャフトしたせいかなと思ってつい最近リシャフトしたAWを抜いてみましたが、PWほどではありませんでしたが割と簡単に抜けました。このくらいで抜けた市販クラブは過去にありましたが、ちょっと問題のある強度です。

そういうわけで、このたびアクリル接着剤を注文しました。数時間で十分打てる強度になるタイプで、少しくらい2液の混合比率を間違っても大丈夫、そして何より接着強度が強いというのが魅力です。

今までアクリル接着剤というとセメダインのY-610が代表格でしたが、600gもあって10年くらい使えそうな分量であることと、片方の液が1-2年で固まってしまって使えなくなること、そしてお値段も5000円くらいするということで、なかなか使いにくかったです。私の場合PET製容器に移し替えても結局固まってしまいましたし。冷蔵庫は妻の許可がおそらく降りません。

最近セメダインミラクルエースという、合計100gという使いやすいサイズのものが出ました。お値段は2800円ほどとY-610の半分強ですから、コストパフォーマンスは悪いのですが、どうせ1-2年しか使えませんのでこちらの方がいいです。これを注文しました。

今後はマックテックNVGアイアンを6I-SW、UTはSQsumo2で3U-5U、以上シャフトがNS950WF-R、その他はドライバーもしくは2Wとか3Wのティショット専用クラブ、こういうセッティングで行く予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。