スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2打目以降の攻め方

今までのコース攻略のやり方は実にシンプルでした(悪く言えばワンパターン)。ドライバーでティショットを打ち、2打目はラフでも使える160yくらい飛ぶユーティリティ(以前は7番ウッド)、3打目以降はその時考えるというところです。

2打目のユーティリティの失敗が多いのは、アイアンと同じ感覚で振れないからとか、だから違うユーティリティにしてアイアンと同じ感覚になるものを見つけるとか、そういう流れでクラブいじりをしてきました。

とっくに気が付いていないとおかしいのですが、アホなのでsyoballさんからアドバイスをいただいてやっと気づきました。私には2打目でユーティリティを使う実力がないってことだろうかと。そりゃ110も120も叩いてりゃそうですよね。

syoballさんのアドバイスでは、380yPAR4でドライバーが180yくらい飛んで残りが200yになった時、100y打って残りを100yにして、もう一度100yのクラブで打つのがいいということです。今UTでミスが多くて、チョロをして120y残ってしまったり、うまくいっても残りが50yとかでグリーンオンがやっとという具合ですから、おそらく100yを2回の方がスコアはよくなりそうです。

もしくは7番アイアン130y+SW70y、8番アイアン120y+SW80y、9番アイアン110y+AW90yとか、いろいろできます。アイアンをより多く使えば他のショットにもいい影響が出てきそうです。

UTになんて凝るよりこっちの方がよさそうです。私の性格上、上手になるまでUTを捨てるというのはできないと思いますが、本番で前半アイアンのみ、後半UTというふうにやって比較してみればまた考え方が変わるのではと思います。

syoballさん、考える機会をくださりありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>残りが200yになった時、100y打って残りを100yにして、もう一度100yのクラブで打つのがいいということです。

そうかなあ?FWか、UTで打てば、ミスしても3打目で乗る可能性が高いと思いますけどね。
100y打つって言うのは100yなら簡単なのでと言うニュアンスが感じられるけど、ちゃんと打てる人ほとんどいないですよ。
そんなことやってたら3オンどころか4オンになっちゃうわけです。机上の理論だと思います。
まあ、アイアンがちゃんと打てるレベルの人ならFWでもまずまず打てると思いますね。

得意なFWかUTを作る方が上達の近道だと思います。
何度も言ってますが私は2年目でドライバーもアイアンも打てませんでしたが、88が出ました。
FWでポンポンと2回打って寄せてパットの繰り返しです。

はじめまして

はじめまして。
いつも面白く読ませて頂いております。
老婆心ですが思う所がありますので投稿させていただきます。
開き直ってクラブの本数を絞って練習&ラウンドしてみたら如何でしょう?
貴殿が芝の上で気持ちよく振って160~190位飛ぶクラブが1本くらい
あるのではないでしょうか(例えば5wとか4Uとか何でもいいです)
ティーショットも芝の上から打ち、そのまま2ndショットにも使う。
(2回振ると不思議と当たる事が多くないですか?)
アイアンは6~PW&SWのみ。好みでチッパーを入れる
(ドライバーとAW、5鉄以上はミスを誘発しやすいクラブなので最初から入れない)
このときクラブの重量バランス&硬さ(振動数)はなるべく合わせておく。
アイアンはキッチリ当たったらグリーン奥までいくクラブで気楽に振っていく。
実際はそうそうオーバーしないと思いますよ(チッパーで叩けば大抵戻ります)
3パットは仕方ないです。
お気に障りましたらごめんなさい。
(あまり上手になられてもブログが面白くなくなってしまいますが・・)

No title

2つもコメントいただけてうれしいですね。

ryuさん、ずっとそのように考えてきたのですが、あまりにも確率が悪いです。もちろん打ち方の問題が大半
であるのですが、アイアンとUTの打率の差が結構大きいです。

何とかアイアンと同じ感覚で振れ、比較できるくらい打率のいいUT、これが見つかれば一番早いのは
間違いありませんので、それを探しながら、見つからない場合は残り200yをどうやって攻めるか
いろいろパターンを試してみようと思います。

先日購入したドライバーと同じブランドの5Wはドライバーと同じ感覚では振れそうなので、これも
試します。

No title

えむグッチさん初めまして。いつも読んでいただきありがとうございます。

クラブの本数を絞るのも一つの方法ですね。グリーン付近に置くことを想定して、その距離を半分にして
打つクラブを決めるのですね。5Wですとティショット170y+地面から160yで330yまで行けそうです。
ryuさんもお勧めの方法ですので、これもやってみようと思います。

実はティショットで一番安心できるのがドライバーだったりします。これが一番難しくしています。
慣れで解決できるかもしれませんが、本番では5Wよりドライバーの方が結果が出るかもしれないと思います。

ただ前回のラウンドでは結構ドライバーが曲がりました。180yくらいしか飛ばないのに。
これなら5Wで軽く160y打った方がはるかにましですね。

あと一つの考え方として、同じシャフトで揃えたセットのみでラウンドするというのも考えています。
具体的にはNS950WF(ウエイトフロー)を挿したUTをティショットに使うということです。
しかし未だにアイアンと同じ感覚で振れるUTがないような気がしてなりません。
シャフトの挿入長さが違ったりするのが原因と考えていますが、気のせいかもしれません。

考えてみると、一度ドライバーを捨ててみて、それで考えるというのが共通項かもしれませんね。
ドライバーに頼りすぎて、それほど働いていないにも関わらず働いているという思いこみがあるような気がします。

たびたびすみません

真摯なお返事ありがとうございます。
若干言葉足らずな所がありましたので補足させていただきます。
距離(数字)的にはあまり進言する所はございません。

クラブの種類を大雑把に分けると
D、FW、UT、I、AWの5種になろうかと思います。
私もそうですが練習場でも(現場でも)これ全てが好調という日はありません。
2、3回素振りすれば次のクラブにスイングの感覚をアジャスト出来る、のであれば
まあ、80台は誰にでも・・ではないでしょうか?
なので、それを2種に減らしましょう、という提案です。
例えDが良くてもそんなホールに限ってIやUTが「あ~れ~~!」
なんてパターンはありませんか?
出来るならば4w、6I、8I、PW、SW、パターくらいの構成で
一度ラウンドしてみる事をおすすめします。
昔某GCでは5クラブマッチという企画が定例で行われていまして
皆さん思ったより良いスコアでまわれる事に自分で驚いていたとの事。
これはやはり経験してみないと「実感」が涌かないような気がします。

1度ならず2度までも差し出がましいコメント
大変失礼いたしました。

No title

えむグッチさん、またまたありがとうございます。

ここには書いていませんが、私のドライバーのスイングと他のクラブのスイングは大きく違います。
ドライバーはそーっと振っています。ただ他のクラブもフィニッシュがクオーターショット程度です。

明らかにドライバーが他のクラブと異質になっているので、これを外してみるのはかなり違いが
出ると思います。5Wもドライバーと同じシャフトのものを購入したので、これも外すのがいいでしょう。

ドライバーがまずまずでUTチョロというのはしょっちゅうですので、試す価値は十分にあります。

同じ感じで振れるクラブセッティングというのは永遠のテーマのようになりつつあります。長いものを
何にするかがポイントでしょうけども、やはりアイアンと同じシャフトを使えるUTがいいでしょうか。

それさえできれば、UT、8I、PW、SW、PTくらいで十分かもしれません。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。