スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフクラブ溝規制

おそらく2010年の溝規制については知らないゴルファーが大半でしょうし、内容をきちんと理解されている方はほとんどいないことでしょう。

たまたま調べてみたところ、まず対象はドライバーとパター以外の全てのクラブ、そしてこの規制に適合するのは2010年よりあとにデビューしたクラブと、スコットランドのR&Aという組織で審査され合格したクラブということになるようです。それ以外のクラブはおそらく2024年までは適合、それ以降は不適合となるようです。

R&Aのホームページで検索できますが、ここには25度以上のロフトがあるクラブ(FW、UTを含む)のみしか掲載されていないようです。それ以下のロフトのウッドは事実上規制対象外なのかなと思ってしまいます。

私のはどうかというと、マックテックNVGアイアンはリストに載っていないので2024年以降は不適合(審査さえ受けていない?)、ミズノJPX-UTはVersion2のみリストにあるので多分2009年のモデルでしょう、手持ちの25度はおそらくその前のモデルで不適合となるでしょう。

私は規則は守りたい方で、よほどとんでもないものですない限り、多少デメリットはあっても守りたいと考えますドライバーの高反発規制の時も同じでした。買い替えが頻繁にできる立場だからこそ、というのもありますが。

他人に対しての見方も同じです。お小遣いが少ない人が久々に買い換えたのが高反発ドライバーだったとしたら気の毒ですので当然何も言いませんし、恩恵を受けていなければ何も思いません。逆に毎年のように買い替えができる立場の人が、ルールを知りながらわざわざ高反発の中古を探して買うようなら軽蔑するでしょう。

今回の溝規制の主な対象は激スピンウエッジでしょう。一発打っただけで激しくボールがささくれるようなのは、2024年以前であっても、やはり中古で探してまで買うべきではないと思います。要はルールを知りながら自分に有利になるモデルを買うのは現状でもNGということです。

しかしながら、このルールでは工房に頼んで作ってもらうようなオーダーメイドアイアンは事実上不適合になります。私も今は使っていませんがオリジナルコンボアイアンを持っています。JGAに提出して適合かどうか判断していただけるようならやりたいと思いますが、スコットランドに送らないといけないのなら不可能です。

結局のところ、私の対応としては市販クラブで対応可能なものはルールを守り、オリジナルコンボアイアンのようなどうにもならないものや、たまにお遊びで使うクラブ(往年の名器をコレクションなど)は競争目的以外で使うということになりそうです。それくらいの権利がないと、往年の名器でも廃棄処分か展示のみというかわいそうな結末になるわけで、全く非現実的な対応となってしまいますから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。