民主党代表選挙

昨日民主党代表選挙があり、野田財務大臣が代表(次期首相)になることが決まりました。

この選挙は小沢さんの支持をどうとりつけるかが最大の焦点になっていたようです。世論調査で一番首相にふさわしいとなっていた前原さんは得票が伸びませんでした。まあ今回はサポーター投票もなかったようですし、国会議員だけで決めるとこうなりますね。

結局1回目の投票で小沢さんの支持を取り付けた海江田さんが過半数をとれず、2回目の投票で反小沢で結束した人々が野田さんに投票して、野田さんに決まりました。

小沢さんも自らの推した候補が3連敗とのことで、このまま権力を失っていくのか、党を割って飛びだしていくのか、動向が気になります。

日本にとってみれば、野田さんが首相になってよかったのではと思います。市場の動きを注視する財務大臣と揶揄されていますが、外国人参政権反対派でもあり(!)、あまり悪いことはしそうにありません。中国・韓国・北朝鮮とも(他の民主党の人に比べて?)距離を置いているようで、早くも海外メディアから警戒されているようでよかったです。

そのどさくさにまぎれ、管首相は朝鮮学校の無償化を進めるよう指示したようです。最後までこんなですから・・・

ともかく、人権擁護法案(人権救済法案)とか外国人参政権とか、そのあたりのやばい法案を通さないまま、あと2年が過ぎ去ってくれることを願います。とにかく日本の国力を落とさないこと(何もしなくていいから)、これを最重要課題としてやっていただきたいです。

震災復興を進めることももちろん必要ですが、邪魔をしなければ普通に進むはずです。

野田さんと言えば増税路線がクローズアップされますが、ぜひとも無駄遣いを整理した上で増税していただきたいと思います。支出が増えても有効に使っていただけるなら文句は言いません。それがマニュフェストを守ることにもつながります。何もしないで増税するなら解散ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR