スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉢呂経済産業大臣の辞任

鉢呂経済産業大臣が失言の責任をとり辞任というニュースがありました。失言は2回目なので当然でしょうし、失言の責任を追求した経験のある党の人であればなおさらでしょう。

しかしながら、裏事情があるようです。記者が福島から帰ったばかりの鉢呂さんに、作業服を着替えていないんですか、放射能付いていませんか、と質問して、それに切れた鉢呂さんが「じゃあ放射能つけてやろうか」と言ったとのことです。

これが本当であれば質問した記者のモラルも問われるべきでしょう。でもまだ会社名も名前も出てきていないようです。

ただ民主党の方も、オフレコで辞任騒動になるのはごめんだとばかり、藤村官房長官から報道規制を敷くぞという発言がありました。これではどっちもどっちですね。

報道の自由をうたうのも、義務を果たしてからの話です。今のマスメディアの連中はその義務を果たしているでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここの所テレビの報道は「本当にそうなの?」と思うことが多く素直に受け止められないでいます。

裏があったり、本当ではないことかもしれないことが放送されているようならテレビはこのままじゃダメなんだろうなと思います。

あと、皆が皆疑いを持ってテレビを見ている訳ではないので、
それが危険だと思いますね。

No title

全くそうですよね。一応報道内容を見たり聞いたりして、それに対する自分の意見を
作ってみるものの、ネットとかの情報では全然違うことが書いてあったりと、どうにも
なりません。

多くの人はテレビを何の疑いもなく見ていると思います。私も数年前まではそうでした。
私も、私の周りのネット上の方々も、すっかり気づかれていると思います。
しかし、日本国民の大多数はそうでないかもしれないと思うと、本当にやばいです。

取り返しのつかない法案が成立してしまってからでは遅いのです。
しばらくの間政治や経済が停滞してもいいので、政権交代を望みます。
これこそが「痛みを伴う改革」だと思います。

自分が安全地帯にいるのにそう望むことが非常に心苦しくあるのですが、被災地を
だしに地位を安定させるようなまねはしてほしくありません。できるのであればとっくに
やっているはずです。

本当に日本をよくしてやるぞと思うのであれば、政治家はどうすべきでしょうか。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。