スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファMiTo試乗

今日の1ヶ月点検の待ち時間の間に、ひそかに狙っていた?アルファMiToを試乗させていただきました。グレードは確認しなかったのですが、1400ccの17インチタイヤのモデルということで、Competizioneだと思います。1400ccターボというエンジンがどうなのか、TCTというデュアルクラッチがどれだけスムーズなのか、興味津々でした。渋滞もあって、それを除くと正味10分も味わえなかったのが残念です。

内装はブラック基調、ダッシュボードにカーボンを織った模様がついていて斬新です。さすがアルファというような精悍なかっこよさで、うちの500ツインエアとは正反対の味わいです。エアコンは左右独立調整式、メーターはかなり豪華装備です。

車体はそれほど車幅(500より10cmほど大きい1720mm)の広さを感じさせなく、あまり違和感なく運転できました。ゆっくり走るとスムーズです。トランスミッションは非常にスムーズで、タコメーターの針の落ちを見なければ変速したことがわからないほどです。速く走るとさすがに変速ショックは大きくなるでしょう。

アルファ147の時も思いましたが、3000回転を超えないとエンジンは薄味です。とはいえそれでも普通のエンジンとは違う、ちょっとだけエキサイティングな音がします。アイドリング状態でも小さい鼓動感のある音がしました。4000回転ほどしか回しませんでしたが、その領域ではツインエアは完敗です。

以上のインプレはノーマルモードで、これでは正直あまり速いとは感じませんでした。2号線に入り少し速度が出せる状況になり、加速しながらスイッチをダイナミックモードに変えました。すると急にパワーが出てきて、これはすごいと思いました。ここではエンジンはあまり回さなかったので、本気になればどれだけすごいのかは不明です。

私としては、このエンジンとトランスミッションで乗り心地のいいワゴンが欲しいです。アルファ156ワゴンくらいのボディサイズ(4440×1755mm)だといいです。タイヤは205/55-16かできれば195/65-15。

私のようにゆっくり走るタイプは500ツインエアの方がいいですが、速く走りたい人にはお勧めになるでしょう。エンジンもおそらく147のツインスパークの方が濃い味でしょうけども、こちらも悪くないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。