スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NS950UTと現在のセッティング

最近はじめてこのNS950UTというシャフトを購入し、マックテックNV-Fの3Uに入れ、かなり感触がよかったので4Uも購入し入れてみました。こちらもいい感じで気持ちよく振れます。

NS950系のスチールシャフトも気が付けばものすごいバリエーションになりました。NS950GHにはじまり、NS950WF(ウエイトフロー、現在アイアンに付けている)、NS950HT(高弾道)、NS950UT、NS950ハイブリッド(これはアイアンとウッド共用でハードヒッター用ですので私には使えません)、とあります。

NS950WFはミドルアイアンからショートアイアンにかけてはほぼNS950GHと変わらないと思います。ロングアイアンやUT用の長いものはやや軽量となり、ウエッジ用はやや重くなりますので(それでもNS1050の方が重い)、メインはNS950GHにして、ウエッジだけNS950WFにするという手もあります。

長いものはヘッドとの相性もあるので何とも言えませんが、たまたまミズノJPXの4Uに入れたNS950WFがしっくりこなかったのでNS950UTを入れたところ、まあまあいいかなという感触でした。もう1本買っていた2番目に長い39.5インチのをマックテックNV-Fにたまたま入れたところ、かなりよかったという成り行きです。

NS950UTは重量がNS950GHと変わらないか、あまり手元カットしないで組むと逆に少し重くなる可能性もあるので、バランスを軽めに仕上げるのがいいと思います。しなりは多分NS950UTの方が大きいはずです。

ユーティリティはアイアンとウッドの中間であることを考えると、NS950UTというシャフトはいい感じだと思います。一般的にウッド用シャフトは柔らかく、アイアンシャフトは硬めに仕上がっていることを考えると(私はアイアンシャフトはもう少し柔らかくてもいいと思っています)、その中間は絶妙となる資質十分です。

もっとも、マックテックNV-FにNS950WFを入れて試すことはまだやっていないので、こちらも十分いいとなる可能性は高いです。

そんな具合で、今のところのセッティングは以下の通りです。全てRフレックスです。

1W: ヤマハインプレスX445D+NS850FW 43.5インチ 180-190y
3U: マックテックNV-F+NS950UT 39.5インチ 160-170y
4U: マックテックNV-F+NS950UT 39インチ 155-165y
5I-SW: マックテックNVG+NS950WF 5Iで38.5インチ、SWで36インチ 6Iで140-150y
PT: ヒロマツモト MZ-05 普通の長さ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。