スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の練習、下半身を使わない

飛距離がもう少し欲しいです。ドライバー200y、5番UTで170ヤード、このくらいあればかなり有利になります。今はドライバー170-180y、5番UT155yくらいですから、パーオンできるのは330yまでになってしまいます。

原因はおそらくヘッドが走っていないこと(手元とヘッドが両方とも平行移動してしまう)、振り幅が小さいこと(フォローがショートスイング程度になってしまっています)、このあたりが大きいと思っています。

最近は雑巾王子こと武市プロのレッスン記事が気になっています。下半身を止めて(ツイスト運動と言って逆回転させるイメージ)ヘッドを走らせるという感じのものです。週刊ゴルフダイジェストに連載されているようですが、最近ほとんど買わないので(パーゴルフ派になってしまいました)読めていません。

膝立ちの姿勢でスイングするというレッスンがあったのですが、さすがにズボンが破れてはいけませんから、超ワイドスタンスが代わりになるかなと思ってやってみました。下半身を全く動かさないイメージで、手元をなるべく動かさずヘッドを動かすという具合です。

結構違和感がありましたが、なかなかうまく打て、飛距離は同じか5yくらい伸びていたようです。今まではせいぜいシャフトが地面と垂直程度のフィニッシュでしたが、それを時計の12時とすると10時くらいまでクラブが倒れるようになりました。HSが39-40くらいになり、インパクトの感触が明らかに強くなりました。

最後の方で振り幅を大きくしてやれとばかりに、横峯さくらのイメージでやってみました。すると最終的にヘッドスピード41まで出ました。最初普通に打っていた時は38くらいでしたので大きな進歩です。下半身を動かさないのでマン振りはできませんし。

本当は振り幅はコンパクトにしたいです。それでHS40くらい出たら最高です。今後試してみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。