スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト2位菊池選手

昨日カープが2位指名の菊池涼介選手に指名のあいさつに行ったようです。背番号7が欲しい、と発言されたようです。実に頼もしいですね。

カープの背番号7というのは野村監督が現役時代に付けていた番号です。走攻守ともに三拍子揃った選手で、2000本安打を達成しただけでなく、中距離打者としては珍しいトリプル3(打率3割、ホームラン30本、30盗塁)を達成しています。もっとも30本塁打を打ったのはその年だけで、あとは10本前後のようでしたが。

そしてその7番は普通の番号ではなくて、永久欠番に準ずる永久預かりという制度が適用されているものです。これは前に付けていた選手が推薦した選手にのみ与えられる番号という制度で、そういう選手が出てこなければ空き番となります。過去には北別府投手の20番が永川投手に与えられたというのがありました。

その7番が欲しいと発言されたのであれば、自分に自信があるということですね。その経緯を知らなくても重要な番号であることはおわかりでしょうし、知っていたとすればなおさらでしょう。期待したいですね。

ノムケン監督としては大学の後輩の梵がお気に入りだったのかと思っていましたが、いきなりレギュラーを奪われそうな感じです。去年3割打ちましたが、今年はけがもあり成績ダウンとなりました。今年で31歳、広島県出身の生え抜きなのでトレードには出されにくいと思います。さあどのように生き残れるか注目です。

内野手で言えば、東出も31歳です。今年は.278とやや低めの打率ながらセリーグでは10位です。しかし出塁率が低いです。来年は梵がセカンドに回ることもあるかもしれません。小窪もバーデンの控えではいけないでしょう。競争はかなり激化したので、ご本人には気の毒ですが、ファンとしては楽しみになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。