スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP推進にかじを切られたか

最近TPPについての記事やニュースが賑わっています。野田総理もかなり乗り気のようです。

前回1/20にここでも記事を書きましたが、相変わらずいいのか悪いのかわかりません。県知事の賛成反対が新聞に載っていたことがありましたが、大半が反対でした。その中で湯崎広島県知事は賛成の立場であったのが目立ちました。この方は会社経営者であったので、他の知事とは少し目線が違うのでしょう。

もちろんメリットとデメリット、両方を考えながら決めないといけないことですが、一番いけないのは主導権を握られたまま参加することです。そもそも言いだしっぺが一番利益を得ることは間違いないはずですので、その大前提に立って、時にはアメリカとけんかするような勢いでもって、強い指導力で国の仕組みを大胆に改革するくらいの気持ちでやらないといけません。

では今の政府にそれができるでしょうか。どう考えても無理ですね。

それでも賛成する人はどう考えているのか聞いてみたいです。まさか今の日本は沈没に向かっているので、それを救うには副作用が激しくても劇薬を使うしかないと考えているのでしょうか。それならそれで賛成できるかもしれませんが怖いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。