スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田内閣2ヶ月経過

今朝の新聞で世論調査が載っていました。

内閣支持率は低下し47%、不支持37%、支持政党は民主25%自民21%
TTPに関しては賛成39%反対36%、説明不足という声が多い
消費税の引き上げは賛成50%反対48%
解散総選挙は2013年夏の衆参ダブル選挙を希望が45%、来年前半までが25%

野田さんは民主党の中ではまともな人のようですが、財務大臣時代の仕事ぶりを考えると今の事態は簡単に想像できますから、「何もしないのがいい」と考える人にとっては支持できる内閣なのかもしれません。

しかし本当に何もしていないのかというと、通貨スワップという名目で韓国に5兆円の援助をしたり(タイヤトルコへはいくら援助したか)、円高を容認したり(これは何もしないとは言えないし、介入1回だけでは何の役にも立たない)、TTP参加と消費税10%を強行しようとしたり、と結構いろんなことをやっています。しかも全部日本の国力を落とす方向ばかり・・・

通貨スワップというのは初めて聞いた言葉です。数件ニュースを見ましたがうまく解説されたものがありませんでした。こいつわからずに書いてるかも、と思いました。掲示板の書き込みが一番参考になったという有様です。メディアが書かないということは、何か隠そうという気が満々ということです。

これだけ材料があっても、野田内閣を支持しますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。