スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混合診療と特定看護師

混合診療の全面解禁がTTPで取り上げられる可能性を政府が初めて認めたようです。

さて、混合診療と言われても一般の方にはなじみがないと思いますが、医師の間でも賛否両論があり難しい問題なのです。何と何を混合するのかというと、保険診療と自費診療です。

現状では原則として保険が効く範囲内で治療するようにしていますが、必要に迫られて保険が効かない治療(海外では効果が認められているが国内にない治療法や薬など)を併用しようとしてもこれは認められず、もし行った場合は保険診療の部分までも削られてしまいます。

例えばがんの手術をして、健康保険で認められている抗がん剤Aを使ったが効果がなく、海外で実績のある抗がん剤Bを1度でも使ったとしたら、抗がん剤BだけでなくAも、そして手術代、入院費用まで健康保険からは出さないというのです。

どう考えても理不尽ですよね。保険が効かない部分は自己負担でというのはごくごく普通の考え方と思うのですが。これさえ認めれば問題はほぼ解決するはずです。今でも一部の抗がん剤とかは特定療養費という名目で実質混合診療並みの扱いをしていますし、それを少し拡大すれば済むことです。

ただ混合診療賛成派の人々の多くはこの部分に言及せず、混合診療にすればお望みの医療が受けられますよとだけ言います。

混合診療の推進派の顔ぶれを見てみると思惑がよくわかります。保険会社だったり、医療福祉分野に進出している企業だったりします。保険適用外の治療を増やして、民間保険に加入してほしいのでしょう。国としては医療費は少しでも削りたいでしょうから、混合診療解禁には大賛成のはずです。

もちろん保険適用外の治療は増えます。薬局で売っている薬は保険適用から外したいという思惑は今でもあります。漢方薬も外されかかりました。風邪薬、湿布、解熱剤、漢方薬は完全にアウトでしょう。

医療費の自己負担は増え、民間保険の支出額も増え、高い代償を払った見返りは果たしてどんなものでしょうか。アメリカの医療を見れば何となく想像はできますが、ここは日本ですのでそこまではいかないでしょうか。

TTPの縮図がここにあります。

そういえば特定看護師の話題も最近ありました。今でも従来医師がしていた業務を看護師さんや検査技師さんにやってもらうことはありますし、大きい変革ではないのですが、これを法制化すると大問題になりかねません。

事務仕事は大いに事務の方にひき受けていただきたいのですが、たいていの医師は医療行為は自分でやりたいと思っていることでしょう。責任問題にもなりますし、忙しさに負けて仕方なく業務委譲しているはずです。

特定看護師は医師の仕事のどの部分までやるのでしょうか。かなりのことが委譲できてしまいます。産科医や麻酔科医の不足の特効薬として大いに期待されているのでしょうけども、やり方によっては医師のモチベーションが下がります。

まあTTPといい混合診療といい特定看護師といい、ちゃんとした指導者のもとでしっかりとした方針のもとに動かないと大変なことになります。アメリカの劣化コピーになるでしょうから、今のうちに光と影の両面から検証しておいた方がいいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。