番手ごとのヘッドスピード

うちにユピテルのヘッドスピードテスターがありまして、ほぼ毎回打ちながら測っていますが、アイアンに比べて長いもののヘッドスピードが出ない傾向にあります。

ドライバーだけに適合するのかもしれませんが、1インチ長くするとヘッドスピードが1上がる(飛距離は5yくらいアップ)という法則があるようです。すると少なくとも長くすればするほどヘッドスピードは上がりそうなものです。実際ドライバーに限っては、モデルは違うものの44インチと45インチで1くらい違う傾向はありました。

しかし、過去の記事にも書いたとおり私の場合UTのヘッドスピードが5番アイアン(下手すれば7番アイアン)より遅くなったりしています。バランスはほとんど同じ、UTの方がシャフト重量が軽いのに、です。

アイアンのヘッドスピードも決して速いわけでなく、全てのクラブのヘッドスピードを上げる努力をするのが先決ではありますが、それでも実は長いもののヘッドスピードは上がりにくいのでは、と思っています。

例を上げると、マックテックNVGの5番アイアン(NS950WF38.5インチR)のヘッドスピードは36-37くらいのようです。頑張って振ると37を超えます。すると39.5インチのUTは・・・35ってこともありました。ドライバーは6インチ長いから42-43くらい出るかなと思いきや、アイアンと同じ力感で振ると39前後です。

とにかくUTだけでもいいのでヘッドスピードが出るようにしたいです。無理なく普通にスイングして37-38くらい出れば、23度くらいで170-180yくらい飛んでくれるはずです。これだとかなりゴルフが楽になります。

おそらくシャフトを工夫すればいけると思います。この冬に試行錯誤してみようと思います。

<追記>飛距離の階段として、マグレガーのホームページに参考になるものが載っています。HS40ではドライバー220-240y、23度UTが180-190y、5番アイアンが170-180y、7番アイアンが150-160y、です。この最低値の方でも飛べばめちゃくちゃうれしいですね。

せめて、HS36相当の飛距離が欲しいです。各クラブの中間値をとり、0.9をかけるとドライバー207y、23度UT167y、5番アイアン158y、7番アイアン140yとなります。アイアンはヘッドスピードテスターではほぼ同じ距離、ドライバーは10-15y減、UTは10y減という感じです。実際に見ると特にドライバーとUTはもっと飛んでいない印象です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヘッドスピードですが、スチール、カーボンというシャフトの違いというより、振り方だと思います。
もちろん、長い方がヘッドスピードは出ますし、それよりも酔竜さんのスイングが原因かと。
5Iで36,7のヘッドスピードならドライバーですと45くらい出ても良いくらいですが、それが出ないとなると長いもの程、ミート率が落ちるので途中から無意識に緩める傾向にあるのかもしれません。
もうそういう癖が付いてる。私のブログで紹介した人でパターを打つ時、テークバックは勢いよく引きますが、打つ時に加減して距離を合わせる人がいます。普通1:1の振り幅なのに距離に応じて5:1だったり5:2だったり。。。
大体、この傾向の人は基本をマスターする前に実践デビューした人に多く見受けられるようです。
今は地道にアイアンのスイングを作るべきです。いつもですが、結果を早く求めすぎる。
無茶苦茶ゴルフに没頭してる人なら理解も出来ますが、さほど練習もしてないですよね。
今までもこれを長く続ければいいのに。。。って皆さん思ってるのに途中から理屈がついて変な方向に行き、元に戻るの繰り返しじゃないですか?
医療関係者ならおわかりでしょうが、リハビリと同じですよ。1.2.3~ってステップ踏んでいかないと。1から5にリハビリ飛ばしても良くはなりませんでしょ?
たぶん、昔から酔竜さんを知る方は、最近の貴方のコメント見てて「そろそろ飽きちゃったかなー?」って思ってると思います。(笑)

No title

早速コメントありがとうございます。非常に参考になります。

同じくらいの長さの3番アイアンよりUTの方がヘッドスピードが落ちますから、これはスイングの問題ではなくてクラブかなと疑っています。もっとも確信はなく、実はスイングの問題であるという結論になってしまうかもしれません。

もっともUTについてはNS950WFもNS950FWも(ややこしい)NS850GHもだめとなっているので、大胆にバランスを変更するとかしないといけないのかもしれません。ヘッドの形状に問題があるとも思えませんし。ただ庭で一生懸命に振っても(ボールに当てるという要素を捨てても)ヘッドスピードが思ったほど上がらないのもまた事実です。

ドライバーについてはアイアンと振り方が違っている可能性があるのでこれまた何とも言えません。またスイングの動画をアップしたいと思います。今度は覆面をつけて正面からも。

アイアンのスイングを作るべきなんでしょうけども、それと並行して、もしクラブに原因があるとするなら何とかできないかなと思っています。結果は早急には求めてはいけませんね。

弾道一直線はほぼ毎日を続けています。昨日は家にいなかったので振っていませんが、そういうのも含めて1週間に5回以上できています。練習場には週1-2回がやっとです。週2-3回くらい行かないといけませんね。

No title

私の今回の狙いは、弾道一直線を使って振る感覚を養ってもらいたいと思いました。
合わせにいく当てにいく振り方からクラブを一気に振りぬく!というイメージ作りです。
これは素振りを見てもわからないのです。
直接ボールを打つ際に当てに行ってるのかもしれないし、そうじゃないのかもしれない。
ヘッドスピードを上げるには二種類しかありません。背筋力を付けるか?クラブを軽量化させ、シャフトを長くする方法です。
前者の場合は、筋トレ勧めますし後者なら正しいスイング軌道を身につけさせます。
道具がどんなに飛距離優先になっていてもちゃんと当たらなければ、ヘッドスピードもクソもありませんからね。まだ短いスチールクラブの方がミスショットはありません。結果、短いスチールシャフトの方が飛ぶという事になります。
将来的に酔竜さんのラウンド報告からチョロって言う文字が消えない限り、ヘッドスピードとか考えなくていいのでは?と思います。今のヘッドスピードでも十分90は切れますよ。

No title

「振り切る」というのはおっしゃる通り私に足りないものです。弾道一直線でうまく矯正されたかどうかはわかりませんが、トータルに見てかなり変化はあったように思います。

ヘッドスピードについては今のままでも最低限のことはできますので、無理に今以上に上げなくてもいいと思っています。ただクラブが合っていなくて足を引っ張っている状態はあまりいいことではないので、簡単なことであれば直したいと思っています。

今日の練習で、パワートルネード44+NS950FW40インチでヘッドスピード38前後とほぼ適正値が出ました。うまく当たっていないようで飛距離は最大で170yくらいです。チョロとか変な球しか出なかったので鉛を5g貼ったらまともになりました。右に出てスライス傾向ではありますが。

こういうクラブがあると、同じシャフトで1インチ短いくらいでヘッドスピードが35前後になるUTというのが変に思えます。バランス値だけでいうとまともなんですけども。

No title

お久しぶりです!

いきなり失礼かもしれないけど。。。
力感って言葉使ってるけど手先で小細工してませんか?
短いものはそれでもHSは出るけど、長くなってくると体幹が使えてないとシッカリ振れないよ。
酔竜さんはそのあたりに問題があるのではないかと思っています。
前にも言ったことがあるけど竹ぼうきをしっかり振れるような体の使い方をしてください。
もちろん弾道一直線も振りつづけてね!

No title

crowさんお久しぶりです。お元気でしたか。

体幹を上手に使うというのはその通りだと思います。手先で小細工というのも、一応は手や腕を使わないイメージでスイングするようにしていますが、こればかりは自分ではわかりません。本番では特にやってしまいそうな気がします。

どちらも弾道一直線が効きそうです。手先で小細工すると体に当たるでしょうし、振っていると背筋に負荷がかかっているのがわかります。

本当のヘッドスピードアップはスイング改造とかトレーニングでやるしかないので、今の私としては弾道一直線を振りつつ、想定通りのヘッドスピードが出ないクラブを捨てることだけです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR