スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄棒ドライバー

私の場合、周期的に鉄棒(スチールシャフト)ドライバーに戻ってきます。

2007年2月から2007年4月までDG-SL+小型ヘッド
2007年11月から2008年6月までNS950FW/DR
2009年1月から7月までDGR200
2011年2月から3月までNS950FW/DR、そんな具合です。

ほぼ1年の半分ずつをカーボンと鉄棒で交互に楽しんでいるようです。気分転換程度にしかなっていないかもしれませんが・・・DGR200+インプレスX445Dの時が一番よかったかもしれません。

まだまだ実験を続けますが、本番でカーボンシャフトを振りきれずに180yしか飛ばず、宝のもちぐされをしているのはもったいないです。振れないなら振れないで、そのスイングに適したクラブがあるかもしれません。おそらく本番でしっかり振れるようになるのはかなり難しいです。

ティショットでFWを使うのは最近は皆無です。最近はドライバーの方が安心感も結果もいいですから。そもそもFWすらバッグの中に入れなくなってしまいました。

40インチC2で170-180y飛んだので、41-42インチにしたら190y飛ぶかもしれません。今後の実験が楽しみです。とりあえず今日NS950FWの42インチを2本、41インチを1本注文しました。うまく当たるUTも含めていろいろ試します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんとなんと、私の今のマイブームとシンクロしてます!

アイアンシャフトと同じシャフトを入れたらいいんでないか?と思いつき、
今は、ハイボアXLSヘッドに、DG200Sを44インチで入れています。

重くて振れないでないか?と思いましたが、ぜんぜんそんな心配はなく、
ストレッチが効いてきもちいいですね。鉄ドラ。

高さは落ちるけど、ランが増えるので、10~20yくらいしかカーボンより飛距離が落ちるていどです。方向性はめちゃくちゃいいので、おつりが来ます。


DGSL300Sシャフトは、軽めでいいのですが、硬く感じ、DG200Sのほうがやわらかく、振って気持ちいいです。








No title

鉄棒ドライバー、機能的にもいいものがありますが、誰も使っていませんから変態気分満載で幸せになります(私だけ?)。

44インチくらいなら普通に振れますね。ヘッドに鉛を貼らないでちょうどいいバランスになるでしょうか。軽量スチールはなぜか同じメーカー同じフレックス表示でも硬く感じるものが多いので私もちょっと苦手です。

私の場合は確実性第一、そしてそこそこの飛距離ということになりますから、42インチとかで190y飛んでくれたら最高です。38インチくらいの20度UTもテストしてみます。

No title

203gのヘッドに、DG200S、50gグリップで、44インチ、D2バランス、重さ375gくらいになります。普通に振りやすいです。

>機能的にもいいものがありますが、誰も使っていませんから変態気分満載で幸せ

まったく同じ気持ち(笑)。

むしろ、なんでこれが流行らないのか不思議。

No title

やはり少しでも飛ぶ方がいいという固定観念?が大きいのでしょうね。
今まで鉄棒ドライバーを使っている人には何と一人もお目にかかったことがありません。

また一般の方々には変態気分というのは理解できないものなのでしょうか。

No title

変態気分・・・大事な要素です!

え~、こんな重たいクラブ使っての~。飛ばないでしょう。

いったい何歳なのさ?(55歳です)

今に、体壊しますよ。

・・・とかって言われると、うれしいのなんの。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。