スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープの戦力

ドラフト直後は「来年はいい戦いができそうだ」といつも思います(爆)。

投手部門は先発がまえけん、バリントン、福井、この3人に加えて去年はなかった戦力が必要になります。筆頭はドラフト1位の野村、そして最後の1-2枠を大竹、篠田で争い、できれば斉藤、岩見、中村、中田あたりも加わっていただきたいところです。そして黒田・・・

中継ぎは一番改善が必要なところですが、今村、岸本、梅津、青木、上野という去年までのメンバーに、ミコライオという新外国人が加わります。今村がもう少しよくなれば(防御率2点台希望)期待はできないほどではありません。抑えはサファテが去年くらいの活躍をしてくれれば申し分ありません。

内野手は梵の故障がどうやら深刻で、ショートは開幕時は白紙となります。去年梵の穴を埋めた木村を筆頭に、石井、堂林と安部で争うでしょうか。ドラフト2位の菊池がひょっとして・・・サードはバーデンが残留とのことでほぼ決定、ファーストはもちろん栗原、セカンドはそろそろポスト東出がほしいところです。

外野手は激戦区です。廣瀬はライトで確定、センターとレフトを赤松、丸、新外国人、岩本、松山、天谷、・・・で争うわけです。新外国人がレフトに固定されたらセンターしか空きません。

赤松は今年のように右投手が打てなければ左投手要員、下手をしたら代走要員になってしまいます。丸は今年頑張りましたが、打率2割5分とか今年並みの成績では来年は控えになるかもしれません。岩本は手術後ですから無理をしないで後半戦から。松山は今年ブレイクしかけたので頑張っていただきたいです。天谷は相当頑張らないと。

カープの場合はずば抜けた実力の選手が少なく、同じくらいの実力の選手がたくさんいるという感じです。その中から調子のいい選手を選んで使うことになるでしょう。ですので一年通して使ってもらうには、相当の期待を持たれる何かを持っていないといけないでしょう。

個人的には来年は育成の年でもいいのですが、栗原が出ていかないように優勝狙いをするぞという意気込みがほんの少し感じられます。優勝争いをして観客動員数が増えて黒字が増えるようなら、今のケチケチ路線を考え直してくれるかもしれません。そういう意味でも勝負の年です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。