スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドを高く上げる

ついさっき鉄棒ドライバーを素振りしていた時、ヘッドが何気なく高く上がったなと思ったら少しスイングの音が鋭いのに気付きました。

早速スピードスティック赤に持ち替え実験。普通のスイングでは最大102マイル(45.3m/s)、ヘッドを高く上げることを意識したら最大107マイル(47.6m/s)になりました。

このスピードスティックのヘッドスピードはそのまま当てはめることはできませんが、5%のヘッドスピードアップがあった、つまり10y程度飛距離が延びる可能性があるということです。

もっとも、位置エネルギーの増大と考えるとごくごく自然な現象ではあるのですが、果たしてこれが本番の飛距離アップに結びついてくれるものでしょうか。

ちなみにクラブの方は例の40インチドライバーに鉛を貼ったところ期待した結果が出ず、実験終了です。最初すごい感覚だと思っていたのが鉛3枚でヘッド重量はおそらく210g、そのあと1枚貼って打つと普通の感覚に近くなり、2枚貼ると全く普通と感じました。ちなみに合計5枚でのスイングウエイトはC8でした。

飛距離はほぼどれも同じくらいで、鉛を貼った方が最大で5yほど延びるくらいで、200yは出ませんでした。

そんなわけで、前回のマックテックNV320の9度+NS950FWを1インチ手元カットし、42インチ弱C6として明日以降実験してみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コック?

HS43、すごいじゃないですか。めざせ250ヤードですね。

「高く上げる」ですが、ピント外れかもしれませんが、前から気になっていたことがあるので書いて見ます。
それはコック。
「ショートスイング」をやってもらおうとしたとき、最初の一振りで止めてもらったのを気がついたでしょうか?
そのスイングが、ものすごくコックが入っていて、「ショートスイングなのに、クラブの位置がフルショット」という状態だったので、ここであれこれ言ってもしょうがないと思ったからです。

「高く上げる」ですが、シャフトが立った状態ということで、結果的にコックが少なくなっているのではないでしょうか?

見たわけではないので推測です。酔竜さんなら、ノーコックの意識でもいいと思いますよ。
弾道1直線でも2回目のスイングはコックが多すぎて破綻してます。










No title

今日も練習に行ってきましたが、43.5インチ鉄棒だと家での素振りはHS43とか出ても、球を打つと39-40がほとんどです。頑張って振ると41前後ですが、行き先は・・・・

ヘッドを高く上げるというのもやりましたが、スライスしか出なかったのでやめました。ヘッドスピードは1も上がっていなかったでしょうか。ただこれが本来のスイングなのかもしれませんので、頭にはとどめておきます。

コックについては意識していないもので、やはりノーコックにすることを意識すべきなのでしょうね。今度やってみます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。