スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブMOIマッチング

とうとう手を出してしまいます。クラブMOI(慣性モーメント)マッチングです。リシャフト同好会の掲示板でKUROさんに教えていただき、いつの間にかもう2年が経ってしまいましたが、クラブ調整の迷いをなくすためにやることにしました。

自分で機械を買うとジオテックで9万円弱はかなり高いです。アメリカから通販をすれば500ドル+送料で、おそらく5万円以内。しかし故障した場合のことを考えると踏み切れずにいました。しかしジオテックでレンタルをしていることを知り、発注。今日の夜に届く予定です。

いろんなサイトを読むと、一番振りやすいと感じる番手のMOIを計って、アイアンとウエッジは全番手その数字に統一、ウッドはやや大きめ(それでも+100くらいか)という感じです。これはカーボンシャフトだからと思いますので、私のようにオール鉄棒の場合は同じか少しだけプラスするかがいいと思います。

普通のアイアンセットでは番手により30くらい数字が違うことは珍しくないようですが、MOIマッチングの場合は基準となるアイアンからせいぜいプラスマイナス5くらい(KUROさんの場合はもっともっと少ない!)のばらつきにするようです。2000余りの慣性モーメントの数字について20違ってもわずか1%の違いですから、プラスマイナス0.2%くらいに調整しないといけないことになります。

以前私がryuさんに教わった計算式で算出したデータでは、当時持っていたアイアンでは8番アイアンに対して1%以上の誤差があったクラブが数本ありました。これは明らかに振り心地に違いがあるレベルのようです。今持っているマックテックNVG+NS950WFについてはこの計算をしていないのでわかりませんでしたが、測定してみます。

昨日の練習では9番がかなり打ちにくいと感じ、7番と5番はかなり気持ちよく打てました。これが数字で表れればいいのですが。アルディラNVS65Rのドライバーも測定しますので、本番での振り心地(と結果)があまりよくなかった原因がわかるかもしれません。

レンタルなので週末には返却しないといけません。機械がなくても微調整できるように、各々のクラブで鉛を貼ったらどのくらいMOIが変化するのかデータをとってみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。