スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のゴルフ

皆様、新年明けましておめでとうございます。

私にとって去年の最大の収穫は、シャンクをある程度克服できたことです。ボールとの間合いを変えましたが、意外にすんなりできました。3年前にも試みましたがその時はできませんでしたので大きな進歩です。

今でもアドレスやスイングが崩れるとヒール寄りに当たる傾向はありますので、たまには出ると思いますが、ラウンド中にシャンクの恐怖でゴルフにならないということはおそらくないのでは、という感触です。これはでかいです。

もうひとつの収穫は、クラブ慣性モーメントマッチング(MOIマッチング)です。なぜかアイアンよりヘッドスピードが出ないUTの存在があり、どうやって解決しようかと考えていたところ、MOIマッチングのことを思い出し、それがきっかけとなりジオテックで機械をレンタルしてほんの少し試しました。

少なくともアイアンでは振りやすさ、振りにくさのばらつきはなくなりそうです。あとはドライバー、FW、UTとの間でどのくらい補正するかです。

現状ではアイアンは全て同一のMOI値、ウッドは少し上乗せというやり方が主流ですが、せっかく機械を注文したので、もしこれを短いものほどMOI値を小さくするというやり方をしたらどうなるのか、これも試してみたいです。その機械は30日に台湾を旅立ちましたが、なぜか今フィリピンにいるようです(泣)。

スコアとしては過去最低の平均113.9となってしまいました。原因は全てにわたっているのですが、特に飛距離が足りずパーオンがほとんど狙えないこと、これが周りのゴルファーとの一番の差となっています。

せめてドライバーは当たらない時で180yくらい飛んでほしいです。190y飛べば、2打目UTで160y前後打てるでしょうから、やっと340y程度でパーオン可能となります。パーオンしないとしても、3打目で転がして2パット圏内にオンしないとボギーは絶望的となってしまいますから、そういう所まで最低限運ばないといけません。せっかくMOI測定器を購入したので、一度はあきらめたカーボンシャフトのドライバーもテストします。


2009年がドライバーを使ってまあまあのスコアが出たという私のピークの時期ですが、いろんな面で今の方が進歩していると感じます。ラウンド回数を増やすのがスコアアップに一番寄与するはずですが、今年もあまり期待できそうもありません。

大きなことは言えませんが、この2年切れなかった100をぜひ切りたいです。無理をしないスタイルですし、ドライバーからアイアンまで同じ感覚でスイングできさえすれば、問題なく100切りできそうな感触です。年に1度くらいは(汗)。

今年も何かとお騒がせいたしますが、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。