スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOI測定器が届きました

今日クラブ慣性モーメント(MOI)測定器が届きました。台湾を出発したのが12/30の夜、1/1朝にフィリピンで元旦を迎え、午前中に韓国に到着。少し韓国でお休みして1/3に中国に向かいすぐに韓国にとんぼ帰り、やっとのことでその夜関西空港に到着しました。長旅お疲れさまでした。

練習から帰り、キャリブレーションをしてから測定しました。いじっていない6番の値が調整前と練習時で異なりますが、これが誤差になります。8番だけは練習時に1.5gの鉛をはがしています。

マックテックNVGアイアン + NS950WF-R
調整前5I 2643 6I 2679 7I 2655 8I 2664 9I 2625 PW 2652 AW 2629 SW 2660
練習時5I 2682 6I 2686 7I 2684 8I 2667 9I 2680 PW 2681 AW 2678 SW 2679
調整後5I 2664 6I 2686 7I 2664 8I 2667 9I 2661 PW 2662 AW 2664 SW 2666

2660-2667に合わせるように5Iに1g、7Iに2.5g、9Iに3.5g、AWに3gの鉛を貼付しました。結局8番、PW、SWは鉛を貼らずにこの値になりました。0.5g単位で鉛を調整すればもっときれいな値になりますが、今回は仮調整のつもりである程度適当にやりました。

その他のクラブについては、いい感じで打てたので調整はしないでおきます。測定結果はヤマハインプレスi.F.Fの4Wが2678、パワートルネード44が2689、マックテックNVG-UT26度が2685でした。また家にあったインプレスi.F.Fの7Wが2655だったので、鉛を2.5g貼って2687にしました。

海外の調整法を探してみたところ、アイアンは振りやすい番手に合わせる、ウッドは振りやすいウッドに合わせる、という、かなりアバウトな方法論が載っていました。私の場合今のところ2680前後、つまりアイアンよりだいたい20増しくらいがよさそうです。

ドライバーはインプレスX445Dが2743と、今回アイアンの調整値の2665と比較すると+80になります。もう少し小さくしてもいいのかもしれませんし、大きくした方がいいのかもしれません。とりあえず鉛を3g貼って、次回どうなるか試します。ちなみに例のインプレスX4.6D+AldilaNVS65は2852となり、前回より無理目の値になりました。0.5インチほどカットするといいかもしれません。

不思議なのはうまく打てたマックテックNVG-UTの26度と同じ長さで、鉛をたくさん貼った20度が、シャフトが同じでMOI値がほとんど同じなのに気持ち悪くてうまく打てなかったことです。ヘッドに鉛を貼り過ぎる場合は何らかの補正が必要なのでしょうか。

まだまだMOIマッチングには謎が多いです。それらしく組んで、あとは鉛で振りやすいように調整するしかないのでしょうか。意外にアバウトです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰です

おひさしぶりです。
ついに入手しましたか。。。多いに試してみてくださいね。

クラブMOI値は20kg-cm2 変われば判ると思います。
ドライバーヘッドに鉛1g、長さで3mm位でしょうか?

アイアンのMOIマッチングではクラブ重量フローを余り崩さない
方が良いかなと思っています。重りと長さを組み合わせが妙
です。

アイアン以上のクラブはクラブ重量とシャフト特性との兼ね合い
がありますね。大きめからバットカット は変わりませんね。

MOIマッチング最高です

KUROさん、おはようございます。こちらこそご無沙汰しております。

以前リシャフト掲示板でお勧めいただいてから2年経ってしまいましたが、とうとう買って
しまいました。

今のところわかったことは、

アイアンは同一MOIで特に違和感は感じない。
あえて言うと長いアイアンの方がシャフトがしなる感じがして気持ちよく打てる気がする。

UTでアイアンと同じシャフト(NS950ウエイトフロー)を使ってアイアンと同じMOIにしても、
振りにくく感じヘッドスピードが5番アイアンより出ない。少し鉛を貼っても同じ。
試したのはマックテックNV-F赤とミズノJPXで、両方ともだめ。

UTにNS950FWを入れ、MOIをアイアン+20程度にするとまずまずよい。
しかし同じ条件で組んでも、マックテックNV-F青はだめ、パワートルネード初代と
今のエースであるマックテックNVG-UTはOK。

FWについては腕の問題もあり、今のところ保留。

1Wはヘッド重量199gのヤマハインプレスX445D+NS950DRの43.25インチで、MOIは
アイアン+40、あまり気持ちよく振れるという感じではないが結果はまずまず。
アイアンと同じように振っているせいかも。

詳しいスペックは1/21の「最新のセッティングとスペック表」に書いてあります。

しかしMOIにして20の違いですか・・・私にもわかるでしょうか。
今までドライバーに何も考えずに5gの鉛を貼って打つことが多かったので、これは
ものすごい違いなんだなと実感はできました。MOIにして70くらいでしょうか。

今までネット検索でKUROさんの記事と実例を検索していろいろ勉強させていただきました。
あれだけの有益な情報をいただけて、感謝感激です。
私はクラブを評価する能力が疑わしいので、本当にMOI測定は助かります。

この道にお誘いいただき、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

クラブMOIマッチング

>酔竜さん

もう2年ですか(^-^)

最近はあちこちから依頼されてマッチングしています。
昨年は260本いじりました。
中でもプロは的確に判断出来るので色々と検証になります。

今年はツアーでどうなるか? 楽しみです(^o^)


昔は打ちながクラブを完成させていたから時間がかかりました。
それがMOIスケールのお陰で体感より短時間で安定した追い込みが出来るようになりました。
クラブに一定基準があるので、スイング(ゲーム)に集中できますしね。


頑張ってください。

経験的に、、、

>酔竜さん

ご無沙汰のお詫びに4年近く500本造って経験的に判ったきた事を書きますね。


◎シャフト重量はドライバーからウェッジにかけて徐々に重くなったほうが良い。
アイアンもWFは良い。ロングを軽く、ウェッジを重くでも可。


◎振動数も徐々に大きくなると良い。


◎バットカット1mm≒-6kg *c㎡ が目安。


◎現状のヘッド重量ピッチでは0.5inchピッチを放棄するとスイングウェイトは約0.4づつフローする。

0.5inch近くキープならヘッドを6or7番から前後1,2,3,4gフローさせると良い。


こんな感じですかね(^-^)


キャリブレーションスティックでの確認は作業前後で必ずしましょう。


やっと仲間が出来た気分です。(香川のメーカーにも買って貰いましたが)

よろしくお願いします。

No title

KUROさん、またまた貴重な情報をありがとうございます。

260本とはすごすぎます。しかもツアープロまで。楽しみですよね。
どこかのブログで作業風景の写真を拝見し、もうこれはプロ以上の仕事では、と脱帽です。

私のセッティングでいうと、やはりドライバーのNS950DRが重過ぎますよね。
シャフト重量のフローのことを考えると、NS850FWの方がいいのですが、一時期使っていて
ちょっと硬いと感じていたので考え物です。でももう一度試すかもしれません。

本当は素直にカーボンがいいのですよね。私の場合本番で怖がって振れなくなるので、
飛距離を犠牲にしてでもスチールがいいのかなと思っていますが、これは今年のラウンドの
結果でまた考えたいと思います。

キャリブレーションスティックでの確認というのは、一度やりましたが、まあまあの誤差で
動いていることを確認する目的と考えていいのでしょうか。ついつい面倒くさくなって、
エースアイアンのうちの1本を測って、このブログに書いてある表のMOI値とのずれを
差し引きするようになってしまいました。

キャリブレーションを行えばゼロ点調整ができるものだと思っていましたが、手持ちの
説明書ではそんな感じではありませんでした。もしかして読み間違いでしょうか。
ゼロ点調整ができるのであれば、ぜひ毎回キャリブレーションしたいです。

校正棒

>酔竜さん


どうもです! 長さの二乗項を調整するのが一番変化が少ないとの判断でバット調整しています。
お陰様で色々なテクニックを編み出しましたよ(^-^)


キャリブレーションスティックに3578kg-c㎡とかラベルに書いてあるはずです。
後はマニュアルに沿って行けば校正出来ます。

作業前後はスティックを乗せててその数値なっていればOKです。
ズレている場合は足のネジで微妙に傾ければ調整出来ます。

同一作業内ではそうズレませんが、季節をまたぐと無視出来ない位になり焦りましたので(;_;)

ご参考まで

No title

あ、なるほど、足のネジですね。
次回やってみます。ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。