スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の練習(220球)

アイアンで2かご110球を打って、そのあとはウッドをやったりいろいろやりました。

アイアンではシャフトが地面と並行なトップをやったり、腕が地面と並行でやったり(コックは入れないことを意識)、フルショットをしたりとといろいろやってみました。

そしてそのあとはドライバーで力いっぱい振るとどこまで飛距離が伸びるのかをやってみました。弾道一直線を振ったあとの素振りでは、何とか43まで出ましたが、庭での素振りの45は無理でした。球を打つとさらにヘッドスピードは落ち、最大41くらいでした。41でも本番でこのくらい振れればすごくいいのですが、コントロールしてやろうと思うとすぐ38前後に下がります。

しかしながら、力いっぱい振ってもとんでもない所には当たっていませんでした。球筋としてはプッシュスライスから引っ掛けフックまでいろいろ出ましたが、チョロはゼロでした。ショットマーカーを見ると、まんべんなくトウ側からヒール側まで印がついていますが、ヒールチョロ寸前というような打点はゼロでした。フェースの上部には一発も当たらず下部に集中、つまりトップ傾向ではありました。

しかしながら、これだけめちゃくちゃ振ってもこんなものでしたら、本番でも今までより安心感を持って振れるかもしれません。次回は鉛を2gほど貼ってみて試します。

UTはパワートルネードが若干不安定でした。マックテックNVGの20度はまずまずですが、やはり球が上がりすぎのような気がしてしまいます。本番ではいいのかもしれませんが。

そして倉庫で眠っていたマックテックNV-FのUTをもう一度引っ張り出して打ってみましたが、やはりヘッドスピードが出ません。慣性モーメントはアイアンとUTどちらかに合わせたはずなのですが、重くてシャフトが硬く感じました。シャフトは同じなのに・・・

このNV-F赤のヘッドはアイアンシャフト仕様で短い設定と、私の希望どおりですから、もう少しテストということで、3UにNS950UT、4UにNS950WF(1番手短く)を入れて、ヘッドに鉛を貼ってMOIをアイアンに合わせてみました。次回の練習で試してみます。

アイアンと同じシャフトを入れたUTで、5番アイアンと同じ振りごこちで番手なりの飛距離が出てくれれば簡単なのですが、こんな普通のことができないので困っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。