スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーフ50を切る作戦(4)アプローチとパット

私の今の飛距離では、短いホールしかパーオンが狙えません。PAR4では330y、PAR5では480yくらいが限界でしょう。大半のホールで20-50yのアプローチが残るはずです。

40y以上であれば、グリーンに乗れば良しとしないといけません。半分くらい3パットになるでしょう。ボギーオンして3パットであれば普通にダボです。できる限り40y以内になるようにショットを頑張らないといけません。

アプローチは私の場合はおそらくコースに出ないと上達が難しいですので、なるべくミスの少ない打ち方をしないといけません。今日立ち読みで読んだ本では、100y以内は全部9番アイアンでいけると書いてありました。ピッチショットも9番です。心強い。

さすがに9番でピッチショットをすることはないでしょうけども、転がせるところは40yでも50yでも9番で転がしたいです。少なくともグリーンには乗るでしょう。ちなみにボールに近く立ってヒールを少し浮かして構えてパターと全く同じ打ち方をしています。

バンカー越えとかでしぶしぶSWを使う時は、パター打ちで20yくらいのキャリーを出すか、シャンク覚悟で通常のSWアプローチをするか、です。今日の練習ではフェースを開いた方がシャンクが出にくいと感じました。バックスイングはかなりゆっくりして、ダウンで少し加速するようにしないと手先で操作してやはりシャンクの原因になります。

本当はAWとかPWの方が簡単でしょうけども、グリーン回り3点セットと称して9番アイアン、SW、パターの3本を持っていくため、できればこの中で済ませたいのです(汗)。

20-30yの9番転がしの場合は、楽に2パットで行けるところに乗せたいものです。最近距離感が無茶苦茶なので困っています。

100を切るためにはこういうアプローチの半分以上を乗せて2パットでボギーをとらないといけません。練習場でやれるところはやらないといけません。

パットは昔からホームページに書いていますが、上り7-8y、下り2y以内は確実に2パットで収め、それ以外は3パットでいいやと思ってやっています。そうすると3パットした時のショックがほとんどありません。最近使っているネオマレットは打ちすぎオーバーが多いので、次回はPING型に戻します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

>アプローチは私の場合はおそらくコースに出ないと上達が難しいですので
なんで?
寄せワンを狙っていくようなレベルならわかるけど、
2パット圏内で良しとするレベルなら(僕も同じ)、
ティーアップした球をクリーンに捕らえて、
フル、ハーフ、クウォターが打ち分けられればそこそこ行くと思いますけど。
全てのショットに通ずる練習にも成りますし、めんどくさいかもしれませんが、
ある程度徹底的にやるのも良いと思いますよ。

もう一つ。。。
ダウンからインパクトで緩むのは最悪だけど、
加速のイメージも手打ちにつながったりインパクトが強く成りやすいですよ。
アプローチはできる限り等速でフォローまでしっかり振る意識の方が良い気がします。

素人さんのゼロポジションからのドリルは本当に酔竜さんには大切だよ。
そういえばアイアンはティーアップして打ってますか?
はっきり行って地面から打つのはほんの数球、最後の確認ぐらいでやって欲しいなぁ。
あっ!クラブの性能チェックなんて言い訳はなしですよ。
クラブのフィッティングと練習は完全に切り分けて下さいね。

No title

ティアップの件ですが、以前にアドバイスいただいた時にやってみましたが、どうもうまくいかないというか、
ティに当てないように打つにはハーフトップで打つしかないという事態となり、断念してしまいました。

効果についても(どれがクリーンに打てたかそうでないか)私には判定ができなかったので、一時期
連続してやっていましたがやめてしまいました。腰の負担とか面倒だという面もありますし・・・
クラブと足を使ってボールを乗せるというのは精神的な抵抗が大きくてできません。

それと、うちの練習場はアプローチ専用練習場が混んでいて、私が行ける雰囲気でもないようですし、
ショットの練習場でキャリーだけ確認するしかできません。特に転がしについては困難と思っています。

アプローチの際の加速については納得できます。私もそういうイメージを持ってやっていて、実際には
等速かもしれませんので、手を使わないように心がけます。

ゼロポジションについてはやってみる価値はあると思いますし、実際昨日はうまくいきましたが、
ショートスイングと同じでコーチなしに練習するのはちょっと危険?な感じもします。
(間違った悪い動きを取り入れてしまう可能性があるということです)。フルショットと合わせて練習
すれば問題ないのかもしれませんね。また次回やってみます。

そんなわけで、最適に程遠い練習となっています。
アプローチ練習自体は私のような飛距離の出ない人間が100を切るためにはどうしても必要なこと
ですし、増やしていきたいなと思っています。

No title

はじめまして!2011よりツインエアー乗りとなったくまちんくと申します!
ばいくも大好き!ゴルフも大好きと趣味が合いますね!
ゴルフの腕前は110の王ライオン位…
グリーン上の魔術師?となるべく、自宅でパター練習ばかり
行ってます!

辛口コメントが多くみられますが、紳士な対応に頭が下がります。
今後も更新を楽しみにてますよ!

いらっしゃいませ

くまちんくさん、初めまして。酔竜です。

500乗りでゴルフをする方って珍しいかもしれませんね。ドライバーもFWも入りませんし(汗)。
腕前は同じくらいでしかもツインエア、よくぞこのブログに来てくださいました。

ここに書き込んでくださる皆様方は、だいたいの方とは一度お会いしてお酒を飲んだこともあり、
文章だけ読むと相当辛口ですが、いい方ばかりです。

いろんな場面でいいアドバイスをいただいてばかりで、そろそろクラブで遊んでばかりでなく結果を
出さないと、見捨てられてしまうのではと危機感を持っています(汗)。

私はパター練習はラウンド当日でも3-4回転がした程度で飽きてしまうという、とんでもない奴です。
とりあえず今年はバランスのいいクラブセッティングだけはできそうなので、100切りに期待、です。
まずは練習しないと・・・

今後ともよろしくお願いいたします。

腰への負担

こんばんは。

ティーアップの件は腰への負担と言われてしまうと、何にもいえませんが(^^;
まぁ、結果は音と出球で確認するしかないでしょうね。
カツーンと乾いた音がしてハーフトップ気味に感じても、
球の高さがしっかり出ていればそれが本来のインパクトだと思っていただいて良いです。
良く雑誌でも見かけますが、アイアンの刃がボールの赤道より下に入ればOKですから。
多分、殆どの方がハーフトップ気味に感じると思いますよ。

>どうもうまくいかないというか、
だから練習するのですヨン(^^)
これって基本だけどしっかりできてる人って意外に少ないのです。

アプローチの練習も今のレベルならキャリーと高さがそろえば良いのです。
それぞれの振り幅で安定したキャリーと高さで打てるようになれば、
後はコース等で実際のランを含めた距離を確認すれば良いのですから。

僕も同じですがラウンド回数が少ない人間は
その距離を打つ練習の前に、まずは同じ距離を打てる事。
まずはそんなところからはじめれば、アイアンも含めて短い所は、
ある程度自信をもってラウンドできるようになりますからね。
基準となる振り幅、力加減で打った時の距離がしっかりそろえば、
後はコースに合わせてアジャストすれば良いだけの事です。
ランの距離なんてコースコンディションで全く変わってきますしね(^^)

まぁ、どれも地道な練習となってしまうかもしれませんが、
モチベーションと上手く折り合いをつけてやってみて下さい。

パットも同じですが、何ヤードを打つ練習と言うよりも、
安定した距離が打てていれば、後は酔竜さんお得意のクラブの調整で、
距離をあわせることはそんなに難しくないのではと思います。

No title

音と感触についてはそんな感じで評価してみます。ありがとうございます。

転がさないアプローチについては昨日は全然だめでした。当分修行が必要ですし、練習で確実性がなければ本番では使い物になりませんし(練習場で最悪の球が出る法則)、例によって転がしオンリーで逃げるはめになるかもしれません。

まあ気長に練習していきたいと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。