スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VWポロ1.2TSI試乗

現在妻が一つ前のポロに乗っていて、私のがアレですから、家族で遠出するときには必ず妻のポロで出かけます。しかしこのポロ、ドイツ車っぽい雰囲気はある程度残しているのですが、乗り心地がイマイチで(以前はもっとよかったかな)、さらに運転しても楽しくありません。

しかもオーディオがMP3なしのCDのみで私がiPodの操作をさせられます。しかもFMトランスミッター方式なので音が最悪、ナビがありませんから私が必ず道案内、と、長距離の疲労が少なめである以外はいまいち好きになれません(車本体以外の要素が多いか)。

新車から5年半経過しましたし、当初予定の9年には全然及びませんが、早く買い換えて欲しいです。そしてこの1200ccターボエンジンとツインクラッチ搭載の現行ポロの評判がかなりいいので、昨日試乗してみました。

発進はスムーズで、アクセル操作に対して過敏ではなくいい感じでした。加速は踏んだ分だけ加速するという感じで、いつもの通り運転したら、これはそんなに速いのだろうかと思ったくらいで、踏むといい感じの加速をしてくれます。

このポロのトランスミッションはDSGというツインクラッチシステムで、クリープがあって(弱めですが)、変速ショックは気にしていないと全く感じられないという素晴らしさでした。フィアット500のデュアロジック(シングルクラッチ)とは比較するのが間違いです。しかも7速!

音は、というと静かさが際立ちますが、一度マニュアルモードにして2速で4000回転くらいまで回したのですが、ドイツ車の重厚さというより無国籍という感じの、下手をするとフィアットの4気筒にも通じるような感覚でした。私は嫌いではありませんし、旧型ポロよりはいいです。

乗り心地は洗練されていると思いました。高級車とまではいきませんがそんな感じです。

そんな具合で、ぜひうちのポロをこいつに替えたいと思いましたが、妻は絶対だめと言うんでしょうね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。