スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノムケン監督またまた迷采配

昨日の試合は斉藤の乱調で序盤に0-6となったところで勝負ありかなと思っていましたが(斉藤の替え時を間違ったという指摘はありますが)、6回に天谷のホームランで1点、7回に2アウトランナーなしから2点入ってなお満塁という、先日の借りを返す場面がやってきました。

ホークスの投手は新垣が急に7回につかまって、2アウト12塁としたところで岡島に交代、岡島は初球を岩本にタイムリーを打たれ、その次の石原に四球(1割打者の石原に四球とはよほど乱れていたのか)、そして3対6の2アウト満塁で次の打者は天谷という場面になりました。

野球は2アウトから、という言葉があるように、2アウトランナーなしから2点入ってなお満塁という場面、ここで1点でもとれていれば何が起こるかわからないはずです(先日身を持って体験しましたし)。さて最善の策は?

前打席ホームランを打っていたとはいえ、投手は交代して左の岡島です。天谷の左対左は5打席しかなく1本のヒットのみ(前の日のソフトバンク川原から、データとしての信頼度なし)、しかも得点圏打率は6打席しかありませんがゼロです。

まあ普通に考えれば代打です。左対左とはいえ打率も得点圏打率も4割を超えている前田がいます。右だったら小窪もいます。私だったらもし岡島のコントロールが不安定と判断したら、選球眼がよく右打ちのできる右打者を送りたいですが(いい時の中日荒木井端だったら最高)、小窪と前田を天秤にかけたらやはり前田でしょうか。

ノムケン監督が天谷を大層気に入っているというのは周知の事実のようですが、それ以外には説明が付きません。もしくは単なる集中力の欠如か?それとも好意的に解釈すると、前田を出したら森福を出されると踏み天秤にかけたのか?それなら小窪でもよかったかも。

まあ好き嫌いを言い出すと、怪我のあと二軍でたいした成績を出さずに一軍昇格し即スタメンマスクという石原とか、やはり好きだから使うとしか説明の付かない迎とか、交流戦に入りずっと控えだったのにある日突然5番DHで起用し翌日二軍送りとなった会澤とか、説明の付かない選手起用はいろいろあります。

昨日の試合後監督とコーチで緊急ミーティングを開き、今日選手との話し合いをするそうです。いったい何を話すのか興味津々です。まさか選手が悪いということを言い出さないだろうと思いますが・・・

このままでは偉大な名球界打者が晩節を汚すことになってしまいます。今のうちに身を引いたほうがいいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

緊急ミーティングで「俺が2軍に行く!」って言えば、最高に盛り上がるのに(笑)。
名選手、名監督にあらず!って言うのは本当にそうですね。ということは、スポーツってやっぱり勘なんでしょうね。
勘は人には教えれないし、理解されない。センス勘、配球勘、勝負勘の3つは、教えれないです。
まあ、かつての野村克也監督のように監督が投手の配球を読んで、打者にこの球をここへ打ちなさい!って指導出来る人は少ないですね。ただこの手の選手になると野村監督の下でしか打てないので、大変ですけどね。かつてのヤクルトの広沢や楽天の山崎など。監督から配球や投手の癖を教わった教え子は、みんなそうです。

No title

ノムケン監督と内田順三二軍監督の入れ替え、大賛成です。
さすがに本人も自分の能力には疑問を持っているはずですが、誰かの力が・・・

カープファンの間では、戦犯は一にノムケン監督、二に松田オーナー、三に打撃コーチ2人と
いう感じで間違いなさそうです。四番目はキャッチャー石原でしょうか。

オーナーお気に入りのOBから選ぶという風習さえなくなれば、全く違うんでしょうけどもね。
個人的には衣笠監督がいいですが、「衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか?」という本が
出ているくらいですから無理なんでしょうね。残念。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。